【日本】サントリー、水関連アクション加速。2030年目標引き上げ、同社3つ目のAWS認証も取得

Facebook Twitter Google+

 サントリーホールディングスは1月12日、同社2030年環境目標を改訂。「工場節水」「水源涵養」「原料生産」の目標を引き上げた。水アクションを加速する。  同社は、持続可能な水利用に関する「Alliance for Water Stewardship(AWS)」認証を日本で唯一取得。2021年には同団体にも加盟している。また自然資本分野全般での科学的根拠に基づく目標策定を掲げる国際イニシアチブ「Science Based Target [...]

» 続きを読む

private 【日本】サントリー、100%植物由来のペットボトル生産に成功。アネロテックとの共同開発が結実

Facebook Twitter Google+

 サントリーホールディングスは12月3日、米バイオ化学ベンチャーのアネロテックと2012年から共同開発を進めてきた植物由来原料100%使用ペットボトルの開発に成功し、試作品が完成したと発表した。同社は2019年、2030年までに全てのペットボトルを再生素材もしくは植物由来素材に転換することを目標として掲げている。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】サントリーHD、2022年までに日米欧の自社生産研究拠点で100%再エネ切り替え。内部炭素価格も年内導入

Facebook Twitter Google+

 サントリーホールディングスは7月1日、2022年までに日本、米州、欧州の飲料・食品・酒類事業の自社生産研究拠点全63ヵ所で、電力を100%再生可能エネルギーに切り替えると発表した。また、2021年内にインターナル・カーボンプライシング(内部炭素価格)制度を導入。加えて、2030年までに脱炭素化に向け1,000億円を投じる。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】サントリー英国法人、主力飲料でrPETを採用。9億円投資、水平リサイクル促進

Facebook Twitter Google+

 サントリー食品インターナショナルの英国子会社SBF GB&Iは6月7日、600万ポンド(約9億円)を投じ、主力ソフトドリンク「Lucozade」で、再生PET(rPET)へ転換すると発表した。持続可能な容器・包装の実現に向けた同社の780万ポンド(約12億円)の投資の一環。今回のアクションで、年間でバージンプラスチック消費量を3,400t、二酸化炭素排出量を9,000t削減できる。  今回のアクションの対象は、「Lucozade S [...]

» 続きを読む

【日本】サントリーと早稲田大学、ペットボトルのリサイクルで協定締結。研究やキャンパスでのボトル回収

Facebook Twitter Google+

 サントリーホールディングス食品子会社のサントリー食品インターナショナルと早稲田大学は5月24日、「資源循環型社会の実現に関する協定書」を締結した。ペットボトルのサーキュラーエコノミーに向け、幅広く連携する。  今回の協定では、まず、研究の分野で、「ボトルtoボトル」リサイクル工程での品質向上や効率的なリサイクルの実現の分野で共同研究を行う。また、早稲田大学や附属校向けに、サントリー食品インターナショナルが、ペットボトル水平リサイクル [...]

» 続きを読む

private 【日本】サントリー、ボトルtoボトルリサイクルで自治体との連携強化。独自技術

Facebook Twitter Google+

 サントリーMONOZUKURIエキスパートとサントリー食品インターナショナルは5月19日、東京都稲城市と「ボトルtoボトル」水平リサイクルに関する協定を締結した。サントリーホールディングスは2019年、使用済ペットボトルをリサイクルして再びペットボトルの材料「PETプリフォーム」を製造する工程を大幅に簡素化できる新たな技術「FtoPダイレクトリサイクル技術」を開発したと発表している。 【参考】【日本】サントリー、ペットボトルリサイク [...]

» 続きを読む

private 【日本】サントリーHD、2050年カーボンニュートラルで中間目標引上げ。2030年スコープ3で30%減

Facebook Twitter Google+

 サントリーホールディングスは4月20日、バリューチェーン全体での2050年二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)達成に向け、中間目標の引き上げを発表。2030年までにスコープ1、スコープ2の排出量を2019年比50%、スコープ3の排出量を同30%削減する。  さらに同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ビームサントリー、司法省に20億円支払いで和解。インドで腐敗行為でFCPA違反

Facebook Twitter Google+

 米司法省(DOJ)は10月27日、サントリーホールディングス完全子会社の米飲料大手ビームサントリーの「連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)」違反について、1,950万米ドル(約20億円)の罰金支払いで和解したと発表した。  同社は2018年7月、同案件について米国証券取引委員会(SEC)に対し、不正利得の返還および審理前利息として約600万米ドル(約6.3億円)、民事罰金として200万ドル米ドル(約2.1億円)を支払うことに合意。既に [...]

» 続きを読む

【日本】サントリー、Eコマースでラベルレス飲料商品販売開始。消費者の手間削減。プラ削減効果も

Facebook Twitter Google+

 サントリー食品インターナショナルは10月12日、同社飲料ブランド「天然水スパークリングレモン」と「伊右衛門」について、ラベル包装をなくした「ラベルレス商品」をAmazon、アスクル、カウネット、ヨドバシ.com、楽天等のEコマースサイトで11月3日から販売すると発表した。  同社は4月と8月にも、伊右衛門でラベルレスのペットボトル緑茶を全国のコンビニエンスストアにて、数量限定で展開。今回はそれをEコマースに拡大する形。新型コロナウイ [...]

» 続きを読む

private 【日本】サントリー、2050年までのバリューチェーンでのカーボンニュートラルを宣言

Facebook Twitter Google+

 サントリーホールディングスは6月29日、2050年までにバリューチェーン全体での二酸化炭素ネット排出量をゼロ(カーボンニュートラル)にすることを目指すため、2014年に策定した「サントリー環境ビジョン2050」を改定したと発表した。  今回設定の目標では、2050年までにバリューチェーン全体でカーボンニュートラルを実現する。そのため、省エネの推進、再生可能エネルギーの積極的な導入、次世代インフラの利活用およびバリューチェーンのステー [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る