private 【国際】ユニリーバ、世界初の紙製の液体洗剤容器発表。ブラジルで2022年初旬から採用。その後世界へ

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手英ユニリーバは6月10日、世界初の紙製の液体洗剤容器を発表した。同社の主力液体洗剤ブランド「Omo(別名Persil、Breeze、Skip)」で、2022年初旬からブラジルで採用を開始。その後、欧州やその他地域に順次展開する。  同社は2025年までの目標として、バージンプラスチック消費量の半減や、消費量以上のプラスチック回収、100%再利用・リサイクル・堆肥化可能な包装・容器の実現、包装・容器における使用済みプラス [...]

» 続きを読む

private 【ヨーロッパ】欧州プラ企業、ケミカルリサイクルに総額9,600億円の投資。産業構造転換へ

Facebook Twitter Google+

 欧州プラスチック業界団体PlasticsEuropeは5月26日、欧州のプラスチックメーカーによる2030年までのケミカルリサイクルへの投資額が72億ユーロ(約9,600億円)に達したと発表した。2025年までの26億ユーロから急増しており、中期的にケミカルリサイクルに大規模な投資が集まっていることがわかった。  同団体によると、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】サントリー英国法人、主力飲料でrPETを採用。9億円投資、水平リサイクル促進

Facebook Twitter Google+

 サントリー食品インターナショナルの英国子会社SBF GB&Iは6月7日、600万ポンド(約9億円)を投じ、主力ソフトドリンク「Lucozade」で、再生PET(rPET)へ転換すると発表した。持続可能な容器・包装の実現に向けた同社の780万ポンド(約12億円)の投資の一環。今回のアクションで、年間でバージンプラスチック消費量を3,400t、二酸化炭素排出量を9,000t削減できる。  今回のアクションの対象は、「Lucozade S [...]

» 続きを読む

private 【国際】WBCSD、廃水ゼロ・コミットメント・ガイダンス発行。CDP及びUN-Habitatとも連携

Facebook Twitter Google+

 持続可能な発展を目指すグローバル企業団体WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)、CDP、国連人間居住計画(UN-HABITAT)の3者は6月4日、廃水に関する新たなイニシアチブ「廃水ゼロ・チャンピオン」を発足した。企業へのエンゲージメントを通じて、水循環のサーキュラーエコノミー化により、廃水の環境破壊ゼロを目指す。  WBCSDは2020年9月、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】LVMH、水・土壌・大気保全で新戦略。サーキュラーエコノミー化にもコミット

Facebook Twitter Google+

 高級アパレル世界大手仏LVMHモエ ヘネシー・ルイヴィトンは6月3日、同社の新たな環境戦略「LIFE 360」を発表し、「水」「土壌」「大気」の3分野の保全を強化すると表明した。同コミットメントは、EUのゼロ汚染アクションプランに整合させた。バリューチェーン全体で環境アクションを進める。 【参考】【EU】欧州委、ゼロ汚染アクションプラン策定。2030年までの汚染ゼロ中期目標設定(2021年6月8日)  水分野では、 (さらに&hel [...]

» 続きを読む

private 【国際】バイヤスドルフ、100%再生アルミ製スプレー缶でヌスバウムと協働。CO2削減

Facebook Twitter Google+

 独化粧品大手バイヤスドルフは5月27日、スイスのアルミニウム缶製造ヌスバウム・マッツィンゲンと協働し、100%再生アルミニウム製のスプレー缶を導入すると発表した。2021年末から利用開始予定。同社のその他スキンケア製品についても、再生アルミニウムへの転換を進める。  ヌスバウム・マッツィンゲンは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】国環研、パリ協定達成に向け主要6金属資源の生産・利用解析。一人当たり7tに制約

Facebook Twitter Google+

 環境省所管の国立環境研究所の「物質フロー革新研究プログラム」研究チームは6月4日、鉄鋼、アルミニウム、銅、亜鉛、鉛、ニッケルの6種の主要金属を対象とし、世界規模でのシミュレーションモデルを構築。パリ協定達成での金属生産・利用の影響を解析した。研究結果は、環境学分野の国際学術誌「Global Environmental Change」に5月21日に掲載された。  今回開発したシミュレーションモデルは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ヨーロッパ】リサイクル促進のデジタル・ウォーターマーク機関HolyGrail 2.0。BASFも加盟

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFは5月4日、欧州ブランド協会(AIM)が運営するリサイクル分類のデジタル透かし(デジタル・ウォーターマーク)イニシアチブ「HolyGrail 2.0」に加盟したと発表した。HolyGrail 2.0は、バリューチェーン全体でのサーキュラーエコノミー化を進めるため、共通の透かし表示を検討している。  AIMには、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】スターバックス、欧州・中東・アフリカで再利用可能カップ導入開始。韓国では使い捨てカップ廃止

Facebook Twitter Google+

 スターバックスは6月3日、欧州、中東、アフリカに展開する全3,840店舗で、2025年までに再利用可能なカップでの商品提供プログラム「Cup-Share」を導入すると発表した。まず英国、フランス、ドイツの店舗で先行導入し、順次他の地域に拡大していく。これにより使い捨て廃棄物を削減する。  Cup-Shareプログラムは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】ホンダ、パワートレインユニット製造部での生産を2025年終了。アクリル樹脂リサイクルにも着手

Facebook Twitter Google+

 本田技研工業は6月4日、栃木県真岡市のパワートレインユニット製造部で担当してきた四輪車のエンジンやミッションの部品の生産を2025年中に終了すると発表した。海外生産の拡大にあわせ日本の供給量を縮小や、駆動系の構造変化に伴う生産品目の減少を理由とした。  パワートレインユニット製造部は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る