private 【国際】消費者は環境への関心あるも価格は依然重要な要素。INGのサーキュラーエコノミー消費者調査

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手蘭INGは2月4日、サーキュラーエコノミーに対する消費者意識調査レポートを発表した。同調査は、2019年第3四半期から第4四半期に、欧州・北米・アジア太平洋地域11カ国の消費者1.5万人を対象に実施。消費者の志向は転換点に達しており、企業はサーキュラーエコノミーへの移行取り組むことで、潜在的に大きなメリットが得ることができると分析した。  今回発表のレポートは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【スイス】投資運用RobecoSAM、サーキュラーエコノミー株式戦略。関連企業に積極投資

Facebook Twitter Google+

 スイス投資運用大手RobecoSAMは1月30日、「サーキュラーエコノミー株式戦略」を発表した。サーキューラーエコノミーの実現を支える製品やサービスを提供する上場企業に積極投資する。同社のトレンド・テーマ投資チームの上級ポートフォリオマネージャーが担当する。  同社は、サーキュラーエコノミーの推進は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界資源消費量は1人当たり平均13t以上。リサイクル率は8.6%。サークルエコノミー調査

Facebook Twitter Google+

 蘭シンクタンクのサークルエコノミーは1月21日、世界経済フォーラム(WEF)の年次総会「ダボス会議」で、資源循環に関するレポートを発表した。人類が消費した資源量は2016年、2017年共に1,000億tを超えた。その一方、リサイクルの割合は2015年の9.1%から直近のデータがある2017年には8.6%に下がり、持続不可能な状況が明らかになっている。  天然資源の消費量は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】テスコ、PB商品及び賛同企業のNB商品でマルチパック商品のプラスチック包装廃止

Facebook Twitter Google+

 英小売大手テスコは1月24日、英国でプラスチック包装マルチパック廃止を実施し、ばら売りを行うと発表した。同アクションではテスコが英国初。複数個購入時の値引きは継続することで、消費者のコスト負担は高めずに年間でプラスチック6,700万ピース(350t)を削減する。  これまで同社店舗では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ドイツ】アディダス、製品使用ポリエステルの半分が2020年にリサイクル素材に。2024年には全量

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手独アディダスは1月21日、製品に使用する化学繊維ポリエステルについて、2020年中には半分がリサイクルされた再生素材になると発表。2024年には、全てのポリエステルが再生素材にすると宣言した。事業のサーキュラーエコノミー化を加速させる。  同社は2019年、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ダウ、再生プラ樹脂生産Avangard Innovativeと排他的供給契約締結。プラ・フィルム再生

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手米ダウは1月15日、ヒューストンに本社を置く再生プラスチック製造Avangard Innovativeと排他的提携関係を締結したと発表した。顧客からのリサイクル素材需要の高まりを受け、リサイクル素材の調達体制を強化した。  Avangard Innovativeは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アジア】WEF、ベンチャーキャピタルを通じた廃プラ解決提案。年間投資額50億ドル必要

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は1月20日、アジアの急速な経済成長に伴う、プラスチック廃棄物問題の悪化に懸念を表明。ベンチャーキャピタルを通じた課題解決の方向性を示した。  世界の海洋プラスチックごみの内、82%はアジアが排出源。特に東南アジアでは、廃棄物の90%以上が依然投棄または焼却処分されており、多くが海洋流出している。一方、アジアにおける公共セクターの投資対象の90%はインフラ開発に向け。世界銀行によると、低所得国の多くの自治 [...]

» 続きを読む

【インドネシア】HP、海洋プラ削減イニシアチブに参画。プラ回収・リサイクル、現地雇用創出

Facebook Twitter Google+

 製造業世界大手米HPのインドネシア法人は1月14日、海洋プラスチックごみ削減イニシアチブ「STOP」への参画を発表した。同社はテクニカルパートナーとして、東ジャワ州における資源回収施設における回収、リサイクル、収益化機会の創出等の循環マネジメントシステムの構築を支援。STOPは地域社会に対し、適切な分別や廃棄といった廃棄マネジメント手法を教育する。   同イニシアチブは2017年に設立。東南アジアにおけるプラスチック海洋流出ゼロ達成 [...]

» 続きを読む

private 【スイス】ネスレ、食品向け品質の再生プラ開発に2300億円用意。一時的なコスト増より長期的な開発

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは1月16日、再生プラスチック素材で食品容器・包装品質のプラスチックを製造するために20億スイスフラン(約2,300億円)を用意したと発表した。  ネスレは2018年、2025年までに (さらに…)

» 続きを読む

private 【中国】政府、プラスチック製品禁止発表。2025年までにEU並の規制。日本は中国に先越される

Facebook Twitter Google+

 中国国家発展改革委員会は1月16日、2025年までに中国全土でプラスチック汚染を低減するための新たな計画を発表した。使い捨てビニール袋、使い捨てプラスチック食器等の使用も禁止し、EU並の禁止規制を導入する。  今回の計画では、2020年までに一部の都市部で先行導入し、2022年までにプラスチック使用料を大幅に削減するとともに、プラスチックごみをリサイクルした再生素材や代替素材の大幅に進めるというもの。プラスチックごみのリサイクルでは [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る