private 【国際】ABインベブ、包装・容器でのプラ削減計画進捗発表。再生素材活用・再充填が大きく進展

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手ベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は3月31日、2025年までに同社の全商品において、再充填可能もしくはリサイクル可能な容器を用いる目標の進捗状況を発表した。同社はすでに半数の商品で再充填可能な容器を実現。サーキュラーエコノミー推進企業として世界最大。  リサイクルでは、同社の環境スタートアップ発掘プロジェクト「100+ Accelerator」で見出されたスタートアップ企業Green Minin [...]

» 続きを読む

private 【国際】キリスト教系団体Tearfund、プラスチック汚染で食品大手6社非難。コカ・コーラ等

Facebook Twitter Google+

 英国キリスト教系慈善団体Tearfundは3月31日、発展途上国6カ国において、焼却や埋め立てに伴うプラスチック汚染の温床になっているとして、グローバル消費財メーカーを批判したレポートを公表した。  調査対象となった国は、 (さらに…)

» 続きを読む

【ドイツ】ヘルムホルツ環境研究センター、プラ分解バクテリア特定。大規模利用には10年以上

Facebook Twitter Google+

 独研究所は3月27日、ポリウレタンのオリゴマーとモノマーを捕食する土壌バクテリアの抽出に成功したと発表した。同バクテリアは、汚れたプラスチックを捕食し、分解することが可能。ポリウレタンを分解するバクテリアの発見は初となる。  今回の発表は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】ローソン、自社カップ飲料3品でプラスチック製カップフィルム廃止。プラ削減

Facebook Twitter Google+

 ローソンは3月16日、全国のローソン店舗で、「カフェオレ」「カフェオレグランデ」「カフェオレエスプレッソ」の自社カップ飲料3品で、プラスチック製のカップフィルムを廃止すると発表した。  ローソンでは従来、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、新型コロナ対策で小売企業の緊急規制緩和発表。電気・ガスは支払延期策

Facebook Twitter Google+

 英政府は3月19日、新型コロナウイルス・パンデミックへの対処として重要なライフラインとなる小売企業に対し、一時的な規制緩和を発表した。また、小売電力会社及び小売ガス会社に対し、料金支払が難しい家庭への支払猶予措置を要請した。  今回政府が規制緩和する内容は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】花王、店頭販売時の製品貼付販促シールを2021年末までに全廃。プラ削減

Facebook Twitter Google+

 花王は3月17日、2020年春に発売するボディソープ「ビオレu」、ボディケア製品、入浴剤において、商品(パッケージ)に添付している販促シール「プラスチック製アイキャッチシール」を順次廃止すると発表した。花王は9月、同様のアクションを実施することを2019年9月に宣言していた。 【参考】【日本】花王、プラスチック削減アクション発表。製品貼付販促シール全廃、詰替え用品の本体化等(2019年9月30日)  「プラスチック製アイキャッチシー [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】マクドナルド、子供向けハッピーセットでプラスチック玩具の提供禁止。プラ削減

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード世界大手米マクドナルドは3月17日、英国とアイルランドで、子供向けメニュー「ハッピーセット(英国ではハッピーミール)」に付属の玩具でのプラスチックの使用を廃止すると発表した。プラスチック玩具は今後、柔らかいおもちゃ、持続可能な紙製ギフト、本等に置き換える予定。  同社はすでに、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】シンクタンク、英政府のプラスチック対策を不十分と批判。包括的アプローチ必要

Facebook Twitter Google+

 英シンクタンクは3月10日、英政府のプラスチック対策について、プラスチック以外の資源による環境負荷を考慮していないと批判するレポートを発表。あらゆる資源の「安全性」「持続可能性」「効率」に配慮した包括的なアプローチが必要だと提言した。  今回の提言レポートをまとめたのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、サーキュラーエコノミー・アクションプラン発表。2021年までに各分野の法制化検討

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は3月11日、欧州議会、EU理事会、EU経済社会評議会、EU地域委員会の4者に対し、新たな「サーキュラーエコノミー・アクションプラン」を発表した。気候変動、生物多様性喪失、水ストレスを抑えるために省資源を徹底することが目的。今後、発表した各分野についての法整備を進めるため、立法府である欧州議会及びEU理事会との協議を開始する。  今回の発表したサーキュラーエコノミー・アクションプランは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】グッドイヤー、自己再生可能タイヤ「reCharge」コンセプト。生分解性素材原料

Facebook Twitter Google+

 タイヤ製造世界大手米グッドイヤータイヤは3月3日、自己再生可能という新たなコンセプトタイヤ「reCharge」を発表した。同タイヤは人工知能(AI)を活用し、運転手の運転スタイルに合わせ液体コンパウンドを生成。タイヤ自ら化学複合物を利用し、天候や路面状態、運転スタイルに適応できるとした。  今回発表のコンセプトタイヤは、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る