private 【国際】FAO、土壌有機炭素で各国の吸収ポテンシャル可視化。特別農作物の持続可能プログラムも

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は9月8日、気候変動緩和の一つの手段である「土壌有機炭素(SOC)」について、世界各国の土壌有機炭素ポテンシャルを可視化した初のツール「GSOCseq」をリリースした。2011年にFAOが発足した「食料安全保障と気候変動緩和・適応のためのグローバル・ソイル・パートナーシップ(GSP)」の2021年の総会が9月8日から10日まで開催され、その場で採択された。  炭素隔離とは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】国連機関、各国政府の農業支援に是正要請。気候変動を悪化。G20農相会合も開催

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)、国連開発計画(UNDP)、国連環境計画(UNEP)は9月14日、世界の食料システムを変革するための農業支援を各国政府に提言するレポートを発行した。世界の農業支援額は年間5,400億米ドル(約59兆円)だが、そのうち4,700億米ドル(約52兆円)は、市場価格を歪め、環境や社会に悪影響を与えていると指摘した。  同レポートによると、世界の農業支援額の年間5,400億米ドルは、農業生産額全体の15%を占めてお [...]

» 続きを読む

private 【国際】FAOと中韓政府、国際的な農業・栄養支援で協働強化。新興国への影響力拡大

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)と中国熱帯農業科学院(CATAS)は7月19日、熱帯諸国の食糧安全保障の向上に向け、熱帯農業科学技術分野で協力する覚書を締結した。CATASは、中国の熱帯農業科学技術の研究、トランスフォーメーションの実現、人材育成を所管する国立科学研究機関。CATAS自体は、中国国内の熱帯地域の農民の貧困削減と所得向上をミッションとしているが、今回は国際協力に乗り出す。  今回の覚書では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アフリカ】FAOとアフリカ連合、アフリカ全土の地理空間情報解析に成功。農地や樹木の状況を正確に把握

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)とアフリカ連合委員会(AUC)は7月13日、アフリカ大陸での土地把握イニシアチブ「アフリカ・オープンDEAL(環境・農業・土地に関するデータ)」の調査結果を発表。森林以外の場所に合計で70億本の木が生息していることを観測した。  アフリカ・オープンDEALは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】FAOの地中海一般漁業委員会、水産業のサステナビリティで「2030年目標」採択。23ヶ国・地域

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)の地中海一般漁業委員会(GFCM)は7月9日、「2030年戦略」を採択した。地中海及び国会での漁業と養殖業が新型コロナウイルス・パンデミックで大きな打撃を受ける中、水産業の長期的サステナビリティと回復力に焦点を当てることを決めた。  地中海総合漁業委員会には、現在、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】B20-G20-FAOダイアログ、食料システムの未来では「民間セクターが重要な役割担う」

Facebook Twitter Google+

 食糧問題に関するマルチステークホルダー型の対話機関「持続可能な食料システムに関するB20-G20-FAOダイアログ」が6月17日、2021年のG20議長国イタリアの大統領とB20イタリア、ローマに本部を置く国連食糧農業機関(FAO)の共催で開催された。持続可能な食料・栄養システムに向けては、民間セクターが非常に重要な役割を負っていることを確認し、企業に対し構造的な事業転換を求めた。  今回の会合では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】FAO、2025年までの「栄養戦略」採択。SDGs達成に向けた重要課題

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は5月7日、過去2年をかけて検討してきた2025年までの「FAO栄養戦略」がFAO理事会で採択されたと発表した。国連持続可能な開発目標(SDGs)で複数の分野に影響を与える「栄養」政策での方針が固まった。  栄養政策に関しては、国連の世界食料安全保障委員会(CFS)に設置された「食料安全保障と栄養に関するハイレベル専門家パネル」が2017年、農業・食料システムの変化が栄養に影響を与える経路を整理したマップを [...]

» 続きを読む

private 【国際】FAOとWFP、農業・食料システムの強化に向けパブコメ募集。FAOは欧州宇宙機関とも提携

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)と世界食糧計画(WFP)は4月30日、今後数年間で両者が協働すべき分野に関するパブリックコメントの募集を開始した。5月12日まで意見を募る。  FAOは現在、2022年から2031年までの10年間の戦略を定める「戦略フレームワーク」の策定を進め、2021年の年次総会に起案する段取りを進めている。特に、国連持続可能な開発目標(SDGs)を含む2030年アジェンダの達成を支援するための効率的でインクルーシブでレ [...]

» 続きを読む

private 【国際】FAO、国連諸機関とともに国会議員向けの栄養改善政策ハンドブック発行。ホリスティックな視点

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は4月19日、世界保健機関(WHO)、国連児童基金(UNICEF)、アフリカ連合開発庁のアフリカ開発のための新パートナーシップ(AUDA-NEPAD)、63カ国政府が集うマルチステークホルダー型の栄養改善機関Scaling-Up Nutrition(SUN)Movementとともに、各国国会議員向けの栄養改善政策ハンドブック「Food Systems and Nutrition」を発行した。  同ハンドブッ [...]

» 続きを読む

private 【国際】UNECE、加盟国の森林関連情報オンラインツールをリリース。FAOと協働

Facebook Twitter Google+

 国連欧州経済委員会(UNECE)は3月23日、国連食糧農業機関(FAO)と協働し、UNECE加盟国での森林関連情報を集約したオンラインツール「INForest」をリリースした。UNECEには、北米、西欧、東欧、中央アジアの国々が加盟している。  FAOの報告書によると、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る