private 【中国】現代自動車、中国・広東省での燃料電池製造工場建設で省政府と合意。2022年完成

Facebook Twitter Google+

 韓国自動車大手の現代自動車は1月15日、中国・広東省政府と、同省広州市での水素燃料電池製造工場を建設することに合意した。同工場は、現代自動車として初の韓国以外での燃料電池製造拠点となる。生産能力は年間6,500個でスタートし、その後は需要の趨勢を見て拡大する。工場の建設は2月より着工。2022年第2四半期に完成予定。  現代自動車は2018年12月、長期ロードマップ「燃料電池ビジョン2030」を策定。年間70万個の燃料電池を生産する [...]

» 続きを読む

【韓国・台湾】SK、LG化学、現代自動車、鴻海、EVとFCVで大規模投資。急変する世界市場に焦点

Facebook Twitter Google+

 韓国と台湾の製造業大手は2020年末から2021年初旬にかけ、EVとFCVの分野に急速に舵を切る新アクションの発表を実施。EVとFCVへの完全転換に尻込みする日本の自動車産業とは対照的な展開となっている。  韓国大手財閥SKグループと米燃料電池(FC)開発大手プラグ・パワーは1月6日、戦略的提携を発表した。SKグループがプラグ・パワーに15億米ドル(約1,520億円)出資して株式を9.9%獲得し、最大株主となった。両社は韓国にアジア [...]

» 続きを読む

private 【ドイツ】フォルクスワーゲン、ドイツでEV充電スタンド設置を拡大。2021年2000基稼働予定

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手独フォルクスワーゲンは12月29日、ドイツで、設備容量350kWのハイパワー型を含む電気自動車(EV)充電スタンド750基を2021年に新たに設置すると発表した。現在同社は、ドイツ10ヵ所でEV充電スタンド1,200基を稼働。その多くは一般に開放され、同社従業員でなくとも利用可能。2021年末までには、合計2,000基が稼働予定。  同国最大の大規模EV充電ステーション「充電パーク」は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、サステナブル・スマート・モビリティ戦略発表。ゼロエミッション重視。ハイブリッド車は対象外

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は12月9日、欧州グリーンディール政策に基づき、自動車及び交通・輸送産業戦略として「サステナブル・スマート・モビリティ戦略」を発表した。グリーンとデジタルを大幅に強化する。ハイブリッド車は戦略対象に盛り込まなかった。  欧州委員会は今回、 (さらに…)

» 続きを読む

【EU】FCAとグループPSA、臨時株主総会で合併承認。自動車世界第4位ステランティス誕生

Facebook Twitter Google+

 オランダに本社を置く自動車世界9位フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と、フランスに本社を置く同10位のグループPSAは1月4日、各々の臨時株主総会で両社の合併が承認されたと発表した。新社名はステランティス(Stellantis)。1月16日に、フォルクスワーゲン、トヨタ自動車、日産自動車・仏ルノー・三菱自動車連合に次ぐ世界4位の自動車グループが誕生する。  両社は、2019年10月に50対50の対等合併を発表し、2 [...]

» 続きを読む

private 【国際】リンデ、水素インフラ事業を大幅強化。世界中で提携を加速。ダイムラーとはFCトラック共同開発

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手英リンデは12月、次世代燃料電池(FC)重量車両を共同開発で独ダイムラー傘下のダイムラー・トラックと、欧州での水素生産プロジェクト及び関連インフラ開発でイタリアガス大手スナムとの提携を発表。急速に盛り上げる水素市場でのパートナーシップを拡大した。  産業ガスとして早くから水素事業を開始してきたリンデは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】メルセデスベンツ、サプライヤーに2039年カーボンニュートラル要求。契約で義務化

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手独ダイムラーは12月7日、メルセデスベンツの上流サプライチェーン全体で、2039年までに二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を達成する目標を発表した。サプライヤーに対し、契約で生産及び調達部品・資源でのカーボンニュートラルをコミットさせる。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラムのCCI、自動車車体のサーキュラーエコノミー化に向け第1弾報告書発表

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)の「サーキュラー・カー・イニシアチブ(CCI)」は12月17日、自動車車体のサーキュラーエコノミー化に向けた調査・展望内容をまとめたレポートを発表した。自動車業界は、自動車のEV・FCV化だけでなく、車体生産でのスコープ3の排出量削減でも動く。  CCIは、2020年1月のダボス会議で発足。参加企業は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】大手21社、全社用車のEV化推進で9つの優先課題発表。アマゾン、DHL、Uber等加盟のCEVA

Facebook Twitter Google+

 米大手21社の社用車EV化イニシアチブ「Corporate Electric Vehicle Alliance(CEVA)」は12月15日、米国で乗用車から大型トラックまでの全て車両をEV化するために必要な優先課題を発表。自動車メーカーだけでなく、電力会社や政府も対象に提言を行った。  CEVAは2020年1月に発足。現在の加盟企業は、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】自工会の豊田会長、政府にエネルギー政策の転換を要請。ハイブリッド車の排除も危惧

Facebook Twitter Google+

 日本自動車工業会(自工会)会長を務める豊田章男・トヨタ自動車社長は12月17日、報道各社とのオンライン懇談会を開催。昨今のカーボンニュートラル等の情勢を踏まえ、報道機関からの質問に応える場を設けた。  菅義偉・首相が表明した「2050年カーボンニュートラル目標」については、自工会として「大変ありがたい」と表明。自工会としても同日理事会を開催し、全力でチャレンジすることを決定したことを伝えた。但し、サプライチェーン全体で大幅なイノベー [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る