private 【インド】WBCSDと企業25社、インド政府にEVシフト要請。車両タイプ毎に定量目標設定

Facebook Twitter Google+

 持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)とインド25社は10月14日、インド政府に対し、インドでの新車販売での電気自動車(EV)シフトを促進する共同声明を発表した。第26回気候変動枠組条約グラスゴー締約国会議(COP26)に向け、モビリティの脱炭素化を促進する。  WBCSDは今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【スウェーデン】ボルボ・カーズ、皮革素材の使用禁止。動物福祉と気候変動対策

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン自動車大手ボルボ・カーズは9月23日、新型EV車種「C40 Recharge」から、皮革素材の使用を禁止すると発表した。動物福祉と畜産による気候変動が理由。ボルボ・カーズは、2010年に中国の浙江吉利控股集団(Geely)が買収し、Geelyの傘下となっている。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】世界銀行、自動車の速度低減は環境と社会のコストを大きく削減。設計の重要性

Facebook Twitter Google+

 世界銀行の世界交通安全ファシリティ(GRSF)は9月8日、自動車の速度低減は、交通安全と人命救助に資するだけでなく、持続可能なモビリティを促進し、効率やインクルージョンの向上ももたらすとした分析結果を発表した。  同レポートによると、まず、速度が1%が上昇すると死亡者数は3.5%から4%増加する。それだけでなく、速度を上げると、移動時間の短縮というメリットはあるが、衝突事故、排ガス、燃費、車両のメンテナンス、インクルージョン、歩行可 [...]

» 続きを読む

private 【韓国】現代自動車、2028年までに商用車車種でEV・FCV投入。2045年カーボンニュートラルも

Facebook Twitter Google+

 韓国自動車大手の現代自動車は9月15日、ドイツ・ミュンヘンで開催された「IAAモビリティ2021」で、事業運営と製品のの双方で2045年までにカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を実現すると発表した。  実現に向けた戦略としては、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ニューヨーク州、2035年までにゼロエミッション車限定の州法が成立。ハイブリッド車も禁止

Facebook Twitter Google+

 米ニューヨーク州のキャシー・ホーチュル知事は9月5日、改正環境保護州法案に署名。同法が成立した。2035年までに乗用車と小型トラックの販売、リース、車両登録等をゼロエミッション車に限定することを法定目標として設定した。ハイブリッド車も禁止の対象となる。  同州法では、他に、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】トヨタ、車両と電池を全方位で開発。電池開発には2030年前に1.5兆円投資

Facebook Twitter Google+

 トヨタ自動車は9月7日、電池・カーボンニュートラルに関する説明会を開催。ハイブリッド車(HV)、プラグイン・ハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)を含め、全方位的に車種を開発する方針を発表した。その上で、EV電池の供給体制の整備と研究開発の投資額は、2030年までに約1.5兆円になる見込みと話した。  同社は今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ドイツ】BMW、「i Vision Circular」発表。サーキュラーエコノミー原則徹底のコンセプト車

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手独BMWは9月6日、サーキュラーエコノミー原則を徹底し、バリューチェーンでの二酸化炭素排出量を大幅に抑えるコンセプト車「i Vision Circular」を発表した。個人向けの高級車種を目指す。今年の「IAA Mobility 2021」で発表する5種類のコンセプト車の一つとして掲げる。  i Vision Circularでは、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】FCVトラック製造二コラ、ボッシュと燃料電池製造で協働。2021年内に路上テスト予定

Facebook Twitter Google+

 米燃料電池自動車(FCV)ニコラと総合電機世界大手独ボッシュは9月2日、米国での燃料電池自動車(FCV)の燃料電池製造で合意した。ボッシュは、燃料電池パワーモジュールと主要部品を供給。二コラは、アリゾナ州クーリッジの同社工場で、組み立てを行う。燃料電池パワーモジュールの供給開始は、2023年を予定している。  二コラは、ボッシュのパワーモジュールを活用し、燃料電池「クラス7」と「クラス8」を製造。同社開発の燃料電池トラック「Niko [...]

» 続きを読む

private 【サウジアラビア】SABIC、マテリアルリサイクル再生プラ含む自動車部品素材開発。販売開始

Facebook Twitter Google+

 石油化学世界大手サウジ基礎産業公社(SABIC)は9月2日、廃プラスチックをマテリアルリサイクルして生産した再生プラスチック素材を一部含む初の自動車部品用グレードのプラスチックを発表した。同社のサーキュラーエコノミー型素材「TRUCIRCLE」に新たなラインナップが加わった。  今回開発したのは、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る