【国際】E-Waste(電子廃棄物)マネジメントの市場規模、2020年までに494億ドルへ

Facebook Twitter Google+

ITやモバイル電子機器の急速な普及に伴い、グローバルにおけるE-Waste(電子廃棄物)マネジメントの市場規模が大きく拡大している。 米国の市場調査会社、Allied Market Research社が1月30日に発行した”Global E-Waste Management Market-Size Industry Analysis, Trends, Opportunities, Growth and Forecast, 2013-2 [...]

» 続きを読む

【国際】Project MainStream、循環型経済の実現に向けて3つのプログラムを開始

Facebook Twitter Google+

2014年の世界経済フォーラムで発足した循環型経済を推進するグローバルイニシアチブ、Project MainStreamが、新たに3つのプログラムを開始すると発表した。 同イニシアチブは各業界のリーダーらが参加する業界横断型のプロジェクトで、ナレッジ・パートナーとしてEllen MacArthur FoundationおよびMcKinsey&Companyが協力して活動している。イニシアチブの目的は、マテリアル・マネジメント、IT、ビ [...]

» 続きを読む

【国際】産業界、サステナビリティ課題に関わる機会の創出に自信

Facebook Twitter Google+

世界の産業界は水不足や化石燃料依存といったサステナビリティ課題を新たなビジネス機会に変える強い自信を持っており、特にその傾向は新興国市場の製造業、金融業界で強い。 これは、DNV GL、国連グローバルコンパクト、北欧最大のイノベーションシンクタンクMonday Morning Global Instituteが共同で1月20日に公表したレポート、”Global Opportunity Report”の中で明らかにされた傾向の一つだ。 [...]

» 続きを読む

【中国】フォックスコン問題を機に中国で労働組合強化の機運高まる

Facebook Twitter Google+

中国全土の労働組合組織を束ねる全国総工会(全国労働組合連合会に相当)は、昨年野労使関係に関する違法案件と労働事件を10件公表した。その中の1社が、製造業世界大手のフォックスコン社。長時間残業を従業員に押し付ける違法企業として指摘された。 中国での相次ぐ労働問題を機に、労働組合の役割を問う議論が始まっている。中国には、「労働組合法」と「労働契約法」という法律で、「労働組合は労働者の法律権利を代表、保障する」ものだと定めている。労働者は一 [...]

» 続きを読む

【中国】ボルボ、最新型エンジンを上海交通大学での研究開発用に贈呈

Facebook Twitter Google+

2015年2月、ボルボは、中国での名門大学の一つ上海交通大学の自動車工学研究所での研究推進用に、同社が開発した最新型エンジン「Drive-E」を贈呈した。ボルボは中国の自動車産業をリードしている上海交通大学への支援を通じて、中国の持続可能な発展に貢献していくという。 ボルボの中国での社会的プログラムは実は以前から行われている。「安全性」を企業理念に掲げる同社は、児童の安全、環境保護、社会協和、文芸交流などの領域でCSRの活動を継続的に [...]

» 続きを読む

【国際】アルミニウムに関する新たなサステナビリティ基準が誕生

Facebook Twitter Google+

アルミニウムのバリューチェーン全体におけるサステナビリティ向上を目的とする国際イニシアチブのAluminium Stewardship Initiative(以下、ASI)は先月、温室効果ガスの削減も含むアルミニウム関連産業全体のESGパフォーマンス改善を目的として新たな基準”Aluminium Stewardship Initiative Performance Standard(以下、ASI Standard)”を公表した。 同基 [...]

» 続きを読む

【マレーシア】EICC、マレーシアにおける強制労働の撲滅に向けて次なる取り組みを公表

Facebook Twitter Google+

電子業界のグローバルサプライチェーンにおけるサステナビリティ向上に取り組む業界団体のEICC(Electronic Industry Citizenship Coalition)は1月7日、マレーシアにおける強制労働の撲滅に向けて監査を更に強化し、マレーシアの産業界および政府への関与を高めていくと発表した。 EICCは100社以上の大手電子機器・IT企業らにより構成される電子業界のCSR推進団体で、過去10年以上に渡って同業界のグロー [...]

» 続きを読む

【台湾】2014年コーポレート・サステナビリティ賞で71社が表彰

Facebook Twitter Google+

昨年11月、台湾でコーポレート・サステナビリティの分野で優れている企業「Taiwan Corporate Sustainability Awards(台湾企業永続賞)」の授賞式が行われた。授賞式を開催したのは、再生可能エネルギーの普及に向けて2007年に台湾で設立された民間団体、台湾永続能源研究基金会(TAISE)。同表彰は、基金会が設立された2007年から毎年開催されており、今回は8回目。サステナブル企業トップ10大賞の他、気候リー [...]

» 続きを読む

【中国】BBC、Appleのサプライヤーにおける過酷な労働環境の実態をスクープ

Facebook Twitter Google+

英国BBCのドキュメンタリー番組、BBC Panoramaが公開した、Appleのサプライヤーにおける労働環境の実態をスクープした映像が話題になっている。 BBC Panoramaは12月18日、Appleのサプライヤー、Pegatron社の上海郊外にある工場内部を覆面取材したスクープ映像を公開した。映像の中では、12時間シフトで疲れきった従業員が作業中に居眠りしてしまう様子や「1日の休暇も許可してもらえずに、18日連続で働かなければ [...]

» 続きを読む

【スイス】投資会社やNGOら、グローバル500社を対象とする人権インデックスの開発へ

Facebook Twitter Google+

企業のサステナビリティ格付・ランキングが人権の分野まで広がっている。グローバル企業は自社および自社サプライチェーンが抱える人権リスクへの対応状況をより問われることになりそうだ。 ESGリサーチ大手のEIRISは12月3日、グローバル大手の投資・資産運用会社、NGO、シンクタンクらと共同で、新たに企業の人権に関するパフォーマンスを格付・ランキング化するプロジェクトを開始すると発表した。農業、ICT、アパレル、鉱物など様々な業界の合計50 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る