【アメリカ】Green America、スターバックスに対しGMOで育った牛のミルクの使用停止を求めデモを展開

Facebook Twitter Google+

スターバックスの消費者およびNPO活動家らは5月29日、ワシントン州シアトルで大手コーヒーチェーンのスターバックスに対してGMO(遺伝子組み換え作物)飼料により育てられた牛のミルクの使用停止を求めるデモを行った。 デモを主導したのは米国の消費者擁護団体Green America(グリーン・アメリカ)で、今回のデモは動物飼料として使用されるGMOに関する可視性と消費者意識の向上を目的とするGMO Insideキャンペーンの一環として、シ [...]

» 続きを読む

【フランス】世界大手Enablonが仕掛けるサステナビリティ管理用ITツールの進化

Facebook Twitter Google+

CSR担当者向けITツールが海外で進化してきている。サスティナビリティ管理ソフトウェア世界大手の仏Enablonは、GRIからGRIガイドライン第4版(G4)の認証を取得し、さらに、サステナビリティレポート作成支援オンラインツールを運営するWiznessとの提携を発表した。この提携によりデータ収集やモニタリングから、オンラインでの情報開示、ステークホルダーエンゲージメントまで、あらゆるサステナビリティ業務管理を可能にするソフトウェアサ [...]

» 続きを読む

【イギリス】ユニリーバ、茶栽培の持続可能性向上のための品種改良に着手

Facebook Twitter Google+

英ユニリーバは、同社の主要商品であるお茶商品の研究開発プログラムを立ち上げ、将来の気候変動や生産性向上に寄与する品種改良に乗り出すことを発表した。将来の干魃、疫病に耐性のある遺伝子品種を後世に残すため、品種の多様化を図る。同プログラム推進に当り、ニューヨークに本拠地を置く遺伝子分解析企業Nature Source Geneticsと提携する。ユニリーバは世界中で生産されるお茶の12%を調達する大規模茶製品企業。傘下にはLipton、P [...]

» 続きを読む

【アメリカ】サプリメント大手、コーズマーケティング施策を拡大

Facebook Twitter Google+

天然ビタミン剤ブランドで全米トップの商品「Rainbow Light(R)」を有するRainbow Light Nutritional Systems社は、同社の新たなCSRプログラム「The Circle of Care」を発表した。同社は世界保健機関(WHO)ともパートナー契約を結んでいる有名企業で、新たなプログラムに対して関心が集まっている。新しく展開される「The Circle of Care」の中身は、同社が以前から実施して [...]

» 続きを読む

【イギリス】銀行大手RBS、サステナビリティレポートに向けた活動を発表

Facebook Twitter Google+

英大手銀行のロイヤルバンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)は、同社のサステナビリティレポート「2013 Sustainability Review」を発表した。同レポートの中では昨年度を振り返り、社会的な責任を意識するサステナブルな銀行になるための取り組みのほか、再生可能エネルギー分野への融資で英国最大としての地位を保ち続けたことも発表した。主たる成果として同レポートに掲載されているものは、融資総額の3%は再生可能エネルギー [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米消費者、食品の健康性と地域産品に高い関心

Facebook Twitter Google+

米広告代理店のCone Communicationsの最近の調査によると、アメリカの消費者は食糧品の購入時に食品の健康性を大きく考慮していることがわかった。Cone Communicationsは広告代理店グループ世界大手のOmni Groupのグループ会社で消費財、CSRなどの分野のPRを専門にしている。調査では、18歳以上のアメリカ人男性500人、同女性503人が回答。信頼度は95%。調査ではアメリカ人の食糧品購買行動について幅広 [...]

» 続きを読む

【イギリス】英有名大学、社会的インパクトを強化するためニューヨークに開校

Facebook Twitter Google+

ブランドエージェンシー米大手のThe Halo Groupは、英スコットランドのGlasgow Caledonian University(GCU)がニューヨークにサテライト校を設立する上でのサポート企業に選出されたことを発表した。GCUは世界の中心地であるニューヨークにキャンパスを置き、ファッションビジネス、高級品ブランドマネジメント、ファイナンス&リスクマネジメントなど修士コースと学位なしのエグゼクティブコースを設ける。イギリスの [...]

» 続きを読む

【イギリス】オープンなサステナビリティ・コミュニケーション戦略の最大の利点は?

Facebook Twitter Google+

イギリスのサステナビリティ支援会社Ethical Corporation社は2014年4月1日、サステナビリティ分野のリーディングカンパニーとして有名なNestlé社、Interface社、Carillion社の各CSR責任者をパネラーとして招き、「いかに顧客や消費者と真に価値あるダイアログを実現するか」をテーマにオンラインセミナーを開催した。当日は350名以上のCSR担当者らが集まり、長時間に渡って議論が行われた。 セミナーでは参加 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】オーガニック食品市場が成長。欧州、アジアでも同様の動き

Facebook Twitter Google+

アメリカでオーガニック食品業界が急成長している。投資家向け雑誌であるアメリカのMotley Foolは、先日「オーガニック食品業界が"買い"の5つの理由」(5 Reasons to Buy Into the Organic Market)と題する記事を発表。世界のオーガニック食品業界の市場動向について、アメリカの家庭のうち81%が自身の健康を考えてオーガニックフードを購入、オーガニック食品志向はヨーロッパ、インド、東南アジアでも進み、 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】自動車バッテリーのリサイクル、消費者の知識と現実とのギャップが明らかに

Facebook Twitter Google+

自動車関連・ビル管理システム大手のJohnson Controls社が2014年3月に実施した調査によると、米国人の10人中7人は自動車バッテリーのリサイクル方法を知らず、消費者の知識と現実の間に大きなギャップがあることが分かった。 同社の調査によれば、米国人の3分の2が、ほとんどの使用済み自動車バッテリーは廃棄場に置き去りにされ有害物を生むと考えており、彼らの71%は特別なリサイクルセンターでなければ自動車バッテリーはリサイクルでき [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る