private 【イギリス】企業と大学7機関、全固体電池の製品・量産技術開発でコンソーシアム発足。共同研究施設

Facebook Twitter Google+

 英大手企業と大学7機関は8月19日、電気自動車(EV)向けの全固体電池開発コンソーシアムを発足した。従来のリウチムバッテリーを性能とコストの面で飛躍的に向上させる製品技術と量産技術を開発する。  同コンソーシアムに参画するのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】経産省、蓄電池・モーターの開発・実装計画発表。欧米中との格差が深刻な状況

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は8月3日、「次世代蓄電池・次世代モータの開発プロジェクトに関する研究開発・社会実装計画」を発表した。バッテリーやモーターは、今後急成長が見込まれている分野だが、日本企業のグローバル市場シェアが急落しており、同省としての危機感も示した。  今回の計画は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】BHP、テスラにEVバッテリー用ニッケル供給。サプライチェーンのサステナビリティ強化でも合意

Facebook Twitter Google+

 資源採掘世界大手英豪BHPは7月22日、電気自動車(EV)大手テスラにEVバッテリー用のニッケルを供給する契約を締結したと発表した。西オーストラリア州のニッケル・ウエスト鉱山からニッケルを供給する。  今回の供給契約では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ドイツ】ポルシェとカスタムセルズ、電池セルでBASFを独占提携先に選定。工場残渣リサイクルも

Facebook Twitter Google+

 ドイツ自動車大手ポルシェとドイツ・リチウムバッテリー大手カスタムセルズの合弁会社セルフォース・グループ(CFG)は7月21日、次世代EVリチウムバッテリーの独占セル開発パートナーにBASFを選定したと発表した。  ポルシェとカスタムセルズは6月21日、セルフォース・グループの設立を発表し、共同でバッテリーを量産していくことを発表。年間100MWh以上の生産能力を持つ工場を2024年に操業開始すると発表した。高級スポーツ車1000台分 [...]

» 続きを読む

private 【スウェーデン】ボルボ・カーズ、CASE戦略で将来ロードマップ披露。大手企業との連携加速

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン自動車大手ボルボ・カーズは6月30日、2030年までに電気自動車専業のプレミアム・カー・カンパニーへと転換し、世界的リーダーとなるためのテクノロジー・ロードマップを発表した。さらに7月12日、高級EV子会社ポールスターに追加出資し、株式の49.5%を保有する状態になったことも発表。ポールスターに関しては、希薄化対策も実行し、株式の50%を保有する状態に移行。同社の支配権と戦略的価値を高める策に出た。ボルボ・カーズは、20 [...]

» 続きを読む

private 【国際】CATL、EVバッテリーで独走続く。充電とバッテリーで技術革新も実現。業界ではリサイクル事業も続々

Facebook Twitter Google+

 韓国SNEリサーチは6月29日、2021年1月から5月のグローバルでの電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、ハイブリッド車(HV)の新車販売での搭載バッテリー使用量ランキングを発表。中国CATL(寧徳時代)が圧倒的な差で首位だった。  市場シェアは、CATLが31.2%、LGエナジー・ソリューションが23.1%、パナソニック14.7%、BYD(比亜迪)が6.9%、サムスンSDIが5.3%、SKイノベーションが5.1 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】日産、工場拡張しEV生産拡大。エンビジョンAESCとの連携も強化。総額1500億円投資計画

Facebook Twitter Google+

 日産自動車は7月1日、英国サンダーランド工場を基盤とし、電気自動車(EV)、再生可能エネルギー、EVバッテリー生産の3分野で新たな工場を建設する計画「EV36Zero」を発表した。中国バッテリー大手の遠景能源(エンビジョン)の子会社エンビジョンAESC、及びサンダーランド市議会と協働で10億ポンド(約1,500億円)を投資する。日産と連合を組むルノーは、先にエンビジョンAESCとの戦略的パートナーシップ締結と、ギガファクトリー建設を [...]

» 続きを読む

【国際】フォード、世界全体の新車販売の4割が2030年までにEVに。新事業戦略発表

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手米フォードは5月26日、新たな事業戦略「FORD+」を発表。2030年には世界全体での新車販売台数のうち40%が電気自動車(EV)となる見通しを示した。同社はこれまで欧州市場で2030年までに全てEVとする目標を示していたが、世界全体でも大幅にEV化を進める戦略を示した。 【参考】【国際】フォード、2035年CO2削減中間目標でSBTi承認取得。2030年までにEVのみ販売へ(2021年4月6日)  今回同社のジム・ハ [...]

» 続きを読む

【日本】ENEOS、NECと協働でガソリンスタンドにEV充電機設置へ。バッテリーリユース事業も

Facebook Twitter Google+

 ENEOSとNECは5月20日、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド(PHV)車の普及を想定し、EV充電ステーション事業で協業すると発表した。ENEOSが構築してきたサービスステーション(ガソリンスタンド)に、NECが持つ電動車両充電器運用にかかわるシステム全般のノウハウを活用する。  ENEOSは、同社は、2019年に発表した「2040年長期ビジョン」の中で、自社排出の2040年までのカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排 [...]

» 続きを読む

【日本】トヨタとパナソニック合弁、EVバッテリー生産ライン増強。推計5.4GWh分

Facebook Twitter Google+

 トヨタ自動車とパナソニックのEVバッテリー生産合弁会社プライムプラネットエナジー&ソリューションズ(PPES)は5月19日、兵庫県姫路市と中国・大連市の既存工場を拡張すると発表した。車載用角形リチウムイオン電池の生産能力を増強する。  同社は2020年4月に操業開始。出資構成は、トヨタ自動車51%、パナソニック49%。姫路工場では、電気自動車(EV)用角形リチウムイオン電池を年8万台分相当増産。同社子会社大連プライムプラネットエナジ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る