【アメリカ】ウェルズ・ファーゴ、2030年までに約22兆円を環境分野に投融資

Facebook Twitter Google+

 米金融大手ウェルズ・ファーゴは4月19日、気候変動対応やサステナビリティ推進の分野に2030年までに合計2,000億米ドル(約22兆円)を投資すると発表した。そのうち50%以上は再生可能エネルギー、環境技術、省エネ交通機関、グリーンボンドへの投資。残りは、持続可能な農業、リサイクル、環境保護等に投資する。  同社はさらに、業界全体のサステナブルファイナンスを主導するため、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインに基 [...]

» 続きを読む

【国際】国連気候変動枠組条約、タラノア対話開始に向けたインプット資料を公表

Facebook Twitter Google+

 国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局は4月23日、ドイツ・ボンで5月2日から5月9日まで開催される「タラノア対話」に向けたインプット資料を公表した。同資料は、同条約の締約国やその他ステークホルダーに対する議論の前提を整える意味がある。タラノア対話は、各国に二酸化炭素排出量削減目標(NDC)の上積みを促す対話プロセス。  同インプット資料は、現状、将来ゴール、達成手法の3点に関するもの。UNFCCC事務局は1月26日にタラノア対 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】EPA長官、法規制策定の根拠データを非公開データに限定する新ルール構想を発表

Facebook Twitter Google+

 米環境保護庁(EPA)のスコット・プルーイット長官は4月24日、法規制策定の根拠となる科学データを、公開データのみに基づくとする新ルールを検討していることを明らかにした。招待制の記者会見で語った。EPAは過去数十年、大気、水、化学品に関する規制を、非公開データに基づく研究を参照して策定してきた。新ルールでは、匿名性のある医療データや産業データに基づく研究は参照できなくなる。プルーイット長官は透明性を高めるためと説明した。  同ルール [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ブルームバーグ慈善財団、国連気候変動枠組条約事務局に50億円寄付

Facebook Twitter Google+

 金融端末世界大手米ブルームバーグ創業者マイケル・ブルームバーグ氏の慈善財団ブルームバーグ・フィランソロピーズは4月22日、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局に4,500万米ドル(約50億円)寄付した。発展途上国のキャパシティ・ビルディングや、UNFCCC自身の事業インフラ構築等に使われる予定。  UNFCCCは、基本的に締約国からの拠出金で運営しており、他の機関からの寄付は珍しい。アントニオ・グテーレス国連事務総長は3月5日 [...]

» 続きを読む

【シンガポール】商品包装ゼロのスーパーマーケットUnPackt、5月に開業

Facebook Twitter Google+

 商品包装ゼロのスーパーマーケットUnPacktが、シンガポールのアン・モ・キオ地区のジャラン・クラス通りに5月第1週にオープンする。店舗では、商品を包む包装やパッケージを一切排除。買物客は自ら容器等を持参し、陳列棚から商品を移して購入する。オープン当初は乾物と洗剤等を取り扱う。  乾物はセルフサービス型の大きな容器に入れられ、顧客は自身で持ち込んだ容器に必要量を取る仕組み。容器代がかからないため、他店よりも安価に販売される。また、リ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ウォルマート、2018年度サステナビリティ報告書発表。重点4分野の進捗公表

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手米ウォルマートは4月23日、2018年のサステナビリティ報告書「Global Responsibility Report 2018」を発表した。同社は、サステナビリティへの重点分野として、労働慣行、環境インパクト、商品の安全性、サプライチェーンの透明化の4つを定めている。 労働慣行  雇用創出や所得向上では、2018年度に米国内で23万人を昇給、昇格。パートタイム従業員へのボーナス支給総額は6億2,500万米ドル(約68 [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、世界初のファシリティマネジメント規格ISO41001をリリース

Facebook Twitter Google+

 ISO(国際標準化機構)は4月24日、ファシリティマネジメント(FM)規格「ISO41001」をリリースした。ファシリティマネジメント分野の国際規格はISO41001が世界初。同規格は、健康・ウェルビーイング、空間活用、維持管理、セキュリティ、衛生、環境、オフィス費等、幅広い分野をカバーしている。  ISO41001は、世界各国のベストプラクティスを参考に策定され、自社の不動産管理を行う観点だけでなく、不動産管理先をアウトソースする [...]

» 続きを読む

【国際】RMI(旧CFSI)、紛争鉱物報告テンプレートを更新。CMRT5.11公開

Facebook Twitter Google+

 紛争鉱物フリー推進イニシアチブの「責任ある鉱物イニシアチブ(RMI、旧CFSI)」は4月27日、最新の紛争鉱物報告テンプレートとなるCMRT 5.11を公開した。同テンプレートは紛争鉱物フリーの原材料調達を可能にするためのサプライチェーン全体における情報管理ツール。  RMIは、2017年12月にCMRT5.10を発表。フォーマットが「.xlsx」に変わった。CMRT5.11は、CFSIがRMIに名称変更したことに伴い、ファイル内の [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ニューヨーク市、化石燃料ダイベストメント戦略策定の具体的プロセス開始

Facebook Twitter Google+

 米ニューヨーク市のスコット・ストリンガー財務長官は4月23日、化石燃料ダイベストメントのための具体的なプロセスを開始した。ニューヨーク市職員退職年金基金(NYCERS)、ニューヨーク市教職員退職年金基金(TRS)、ニューヨーク市教育委員会退職年金基金(BERS)を代表し、ダイベストメント実行戦略策定プロジェクトの情報収集のためのRFI(リクエスト・フォー・インフォメーション)を公表。公募を開始した。  ニューヨーク市は2017年12 [...]

» 続きを読む

【国際】気候債券イニシアチブCBI、世界3位フランスのグリーンボンド発行調査報告書発表

Facebook Twitter Google+

 グリーンボンド・ガイドライン策定の国際NGOの英CBI(気候債券イニシアチブ)は4月23日、国別発行額第3位のフランスでのグリーンボンド発行事情をまとめた報告書を発表した。  2017年の国別グリーンボンド発行額は、米国424億米ドル(約4.6兆円)、中国225億米ドル(約2.5兆米ドル)に次ぎ、フランスが221億米ドル(約2.4兆米ドル)で第3位。フランスの機関による初めてのグリーンボンド発行は2012年、過去累計では377億ユー [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る