private 【フランス】シュナイダーエレクトリック、スコープ3排出量削減に着手。サプライヤー上位1000社で50%減

Facebook Twitter Google+

 重電設備世界大手仏シュナイダーエレクトリックは2月24日、1月に発表した気候変動アクション全般に関するアドバイザリーサービスを自社グループ内にも展開し、スコープ3での二酸化炭素排出量削減を行うと発表した。対象となるのは、二酸化炭素排出量の大きい同社サプライヤー上位1,000社。2025年までに二酸化炭素排出量を50%削減する。 【国際】シュナイダーエレクトリック、在日米軍横田基地の省エネ契約受注。気候変動アドバイザリー事業も開始   [...]

» 続きを読む

private 【フランス】ペルノ・リカール、包装・容器のリサイクル性を向上。バイオ素材への転換も

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手仏ペルノ・リカールは2月15日、同社アルコールブランド「アブソルート・ウオッカ」「ビーフィーター」「ペリエ・ジュエ」の包装・容器で、サーキュラーエコノミー性能を高める複数のアクションを発表した。  今回のアクションは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フランス】政府、エネルギー転換法173条改正でパブコメ募集。企業と投資家の気候変動情報開示強化

Facebook Twitter Google+

 フランス経済・財務・復興省は、エネルギー転換法173条の改正についてのパブリックコメントを2月21日まで募集している。同法はパリ協定採択の前の2015年7月22日に制定。同条は、上場企業、銀行、機関投資家に対し、気候変動リスクに関する情報を「Comply or explain」原則に基づきアニュアルレポートの中で開示することを義務化している。  今回の改正は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フランス】中央銀行、化石燃料ダイベストメント強化決定。2024年からはガスも対象

Facebook Twitter Google+

 フランス銀行のフランソワ・ビルロワドガロー総裁は1月13日、22億ユーロ(約2,800億円)の自己資金と年金資産の運用において脱炭素に関するESG投資方針を発表した。気候変動緩和のための責任ある投資と位置づけた。協力な気候変動ESG投資方針を中央銀行が掲げるのは今回が世界初。  まず石炭については、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フランス】ルノーとPlug Power、燃料電池商用車の開発・生産で合弁設立。ルノーの構造転換の一つ

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手仏ルノーと米水素燃料電池製造Plug Powerは1月12日、2021年末までにフランスで合弁会社を設立する覚書(MOU)を締結した。出資比率は両社50%ずつ。燃料電池(FC)商用車を共同開発し、欧州での市場シェア30%を目指す。2021年前半に競争法当局とルノーの監査役会(取締役会の監督機関)での承認を目指す。  今回の合弁会社に対し、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フランス】エアバス、燃料電池駆動プロペラ6基搭載の新コンセプトモデル発表。研究進める

Facebook Twitter Google+

 航空機世界大手仏エアバスは12月15日、2035年までに商業実用化させることを目指すゼロエミッション民間航空機のコンセプトモデル「ZEROe」で、新たな機種モデルを発表した。今回発表のモデルは、燃料電池(FC)駆動のプロペラを6基搭載している。  同社は9月に「ZEROe」を発表し、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フランス】BPCE、トランジションボンド型の非優先シニア債130億円発行。アクサIMが全額購入

Facebook Twitter Google+

 仏金融大手BPCEは12月9日、トランジションボンド型の非優先シニア債を1億ユーロ(約130億円)発行し、全額アクサ・インベストメント・マネージャーズが購入したと発表した。年限10年。金利0.55%。パリ証券取引所に上場された。  非優先シニア債は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フランス】サノフィ、医薬品大手世界初のサステナビリティ・リンク・ローン。5050億円調達

Facebook Twitter Google+

 医薬品大手仏サノフィは12月9日、銀行団との間で、サステナビリティ・リンク・ローン型のコミットメントライン融資(リボルビング・クレジット・ファシリティ)契約を2本締結したと発表した。融資総額は各40億ユーロ(約5,050億円)、融資期間は各々5年と1年。医薬品大手のサステナビリティ・リンク・ローンは同社が世界初。  同融資はクラブ・ディール方式で、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フランス】Carbios、アパレル・ポリエステル廃棄物からPETを生成するケミカルリサイクル技術開発に成功

Facebook Twitter Google+

 仏再生プラスチック・ベンチャーCarbiosは11月19日、アパレル廃棄物のポリエステル繊維を、純度の高いテレフタル酸(rPTA)に分解し、再度合成してペットボトル素材のPETを生成することに成功したと発表した。同社が独自に開発した酵素を活用することで、高レベルのケミカルリサイクルが実現した。  これまでアパレルのポリエステル繊維は、マテリアルリサイクル技術を活用し、断熱材、詰め物、絨毯用の低質素材にリサイクルすることしかできなかっ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る