private 【国際】金融大手、マネーロンダリングが大量発生。国際調査報道ジャーナリスト連合のフィンセン文書調査

Facebook Twitter Google+

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は9月19日、米財務省の金融犯罪取締ネットワーク部局(FinCEN)に金融機関が提出した不審行為報告書(SAR)を独自ルートで入手し分析した結果を公表。金融大手が1997年から2017年までにマネーロンダリング行為が多数発生していた疑いがあることがわかったと発表した。これにより、9月21日の株式市場では金融大手の株価が急落した。  今回の調査の基となった通称「フィンセン文書」は、金融機関がF [...]

» 続きを読む

【国際】FATF、仮想通貨の改正マネーロンダリング基準導入レビュー結果発表。概ね順調

Facebook Twitter Google+

 マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)は7月7日、仮想通貨(暗号資産)に関する基準改正についてレビュー結果を発表した。多くの国で改正基準の導入が順調に進められていることがわかった。  FATFは2019年6月、 (さらに…)

» 続きを読む

【EU】欧州委、オーストリア、ベルギー、オランダをECJに提訴。第4次AML指令未遵守

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は7月2日、2015年制定の第4次マネーロンダリング(AML)指令の遵守違反で、オーストリア、ベルギー、オランダの各政府を欧州司法裁判所(ECJ)に提訴したと発表した。同指令で義務化されていた国内法立法を怠った疑い。  同今回の発表では、オーストリアはギャンブルや賭け事に関する法制化の怠り、ベルギーは同指令が定める各国の「金融インテリジェンスユニット」間での情報共有メカニズムの整備の怠り、オランダは実質的受益者に関する情報 [...]

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、マネロン対策アクションプラン案発表。EU主導での規制・監督導入に移行

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は5月7日、マネーロンダリング及びテロ資金供与対策(AML/CTF)を強化する新たなアクションプラン案を採択した。同時に、マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)との協調を深めるため、高リスク国を特定するための手法の改定も採択した。  今回策定したアクションプラン案は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】FATF、新型コロナに関連する金融犯罪行為に注意喚起。現金給付でもリスクアプローチ実施を

Facebook Twitter Google+

 マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)は4月1日、新型コロナウイルス・パンデミックに関連する金融犯罪リスクに注意を促す議長声明を発表した。特に、政府による資金供給や銀行の融資拡大で数多くの資金決済が実施される中、FATF基準の継続的な実施を求めた。  FATFは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、加盟8ヵ国を第5次マネーロンダリング指令遵守違反と認定。対策要求

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は2月12日、2018年7月に施行された第5次マネーロンダリング指令(AMLD5)について、EU加盟8ヵ国が義務化されたアクションをとっていないと判断し、同指令遵守を求める公式書簡を各加盟国政府に送った。同指令は1月10日までに国内法化することを定めている。 【参考】【EU】第5次マネーロンダリング指令施行。実質株主・受益者開示ルール導入、仮想通貨事業者規制も(2018年7月21日)  今回違反と判断された国は、 (さらに [...]

» 続きを読む

【国際】ABインベブ、法的リスク監視プラットフォーム開発。機械学習活用、数千ドル規模削減

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手ベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は1月17日、マネーロンダリング及び反トラスト行為を検知するプラットフォーム「BrewRight」を開発したと発表した。機械学習を活用し、50カ国以上の事業活動データを元に、同社の法的リスクや違法行為防止に向けた監視を行う。歴史的に見て、企業の不正調査は事後対応になりがち。すでに賄賂問題が発覚したマイクロソフトやウォルマートでもABインベブ同様の動きがある。  今 [...]

» 続きを読む

private 【パナマ】マネロン対策強化法制定。法人登録代理人が実質的支配者情報提出義務。違法時には罰金

Facebook Twitter Google+

 パナマ国会は1月10日、同国に籍を置く法人に対し、実質的支配者の登録を求める法案を可決した。同国では2016年、租税回避問題として世間の注目を集めたパナマ文書事件が発生。さらにマネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)は2019年6月、同国における戦略的マネーロンダリングの欠陥を指摘し、パナマを「監視対象国」に再指定していた。今回の法案は、マネーロンダリング対策強化の一環。  同法が施行されると、 (さらに&hellip [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】金融当局、ウエストパック銀行をマネーロンダリングで違反行為と判定。民事制裁金命令申請

Facebook Twitter Google+

 オーストラリア金融当局のオーストラリア金融取引報告・分析センター(AUSTRAC)は11月20日、同国銀行大手ウエストパック銀行に対し、マネーロンダリング・テロ資金供与対策法(AML/CFT)違反の取引が2300万件あったと判定。豪ウエストパック銀行への民事制裁金支払命令を、同国連邦裁判所に申請した。  AUSTRACは、同行の銀行業務及び同社が活用したコルレス銀行での銀行業務に関し、マネーロンダリングやテロ資金供与に絡むリスクの特 [...]

» 続きを読む

【日本】金融庁、金融機関のマネロン・テロ資金供与課題をまとめた報告書公表。2019年はFATF審査年

Facebook Twitter Google+

 金融庁は10月21日、マネーロンダリング及びテロ資金供与対策(AML/CFT)に関する日本の金融機関の対応状況と課題をまとめた報告書を公表した。今回の報告書は、金融庁が金融機関監督を通じて得た知見を共有し、金融機関の実効的な体制整備を促すことにある。  2019年は、マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)の第4次対日相互審査が実施される年にあたり、政府当局の整備状況と、金融機関等と当局の双方におけるマネーロンダリング [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る