private 【イギリス】サントリー英国法人、主力飲料でrPETを採用。9億円投資、水平リサイクル促進

Facebook Twitter Google+

 サントリー食品インターナショナルの英国子会社SBF GB&Iは6月7日、600万ポンド(約9億円)を投じ、主力ソフトドリンク「Lucozade」で、再生PET(rPET)へ転換すると発表した。持続可能な容器・包装の実現に向けた同社の780万ポンド(約12億円)の投資の一環。今回のアクションで、年間でバージンプラスチック消費量を3,400t、二酸化炭素排出量を9,000t削減できる。  今回のアクションの対象は、「Lucozade S [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】イングランド銀行、気候変動ストレステストのシナリオ発表。まずはお試し実施

Facebook Twitter Google+

 英イングランド銀行は6月8日、銀行及び保険会社を対象に実施予定の気候変動ストレステストに関し、初回の分析で活用する気候変動シナリオを発表した。今後ストレステストを実施し、2022年5月に初回の分析結果を発表する。 【参考】【イギリス】英政府諮問機関、首相にグリーンリカバリー推進を勧告。英中銀も気候変動リスク監督強化続行(2020年5月9日)  英国での金融機関向け通常のストレステストは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】英政府、核融合型原発の規制方向性レポート発行。低リスクのため厳しい規制は不要

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省は5月31日、核融合型の原子力発電の技術開発を安全で迅速に進めるための政策レポートを公表した。英政府のイノベーションに関する独立専門家Regulatory Horizons Council(RHC)が作成した。  英政府の核融合型原子力発電の政策目標は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、ゼロ汚染アクションプラン策定。2030年までの汚染ゼロ中期目標設定

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は5月12日、環境汚染に対処するアクションプラン「大気、水、土壌の汚染ゼロに向けて」を採択した。環境汚染対策も、気候変動と並ぶ欧州グリーンディール施策の一環で、2050年までに汚染ゼロ世界を実現することを見据え、2030年までの中期目標を掲げた。EUの各政策を同アクションプランに整合させていくとともに、デジタル政策とも融合させる。  今回設定した作成は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【オランダ】ABNアムロ、社債発行体でもESG評価。サステイナリティクスのESGデータ活用

Facebook Twitter Google+

 オランダ金融大手ABNアムロは5月26日、社債の発行体の評価において、標準プロセスとしてESG評価を組み入れると発表した。ESGの評価では、ESG評価世界大手米サステイナリティクスのESGデータを活用する。債券発行体へのESG評価の投資家需要があると見立てた。  ABNアムロがサステイナリティクスのデータを活用して実施した調査によると、ESG評価と発行社債の利回りに明確な逆相関が見られたという。同社は、投資家がESGレーティングの高 [...]

» 続きを読む

private 【フランス】政府、化学・素材業界のCO2削減ロードマップ発表。2030年までに2015年比26%減

Facebook Twitter Google+

 仏バルバラ・ポンピリ・エコロジー転換相、アニエス・パニエ=リュナシェ経済財務副大臣、化学・素材業界戦略委員会は5月7日、フランス化学業界の脱炭素化ロードマップを提示した。フランス政府は、2030年までに二酸化炭素排出量を2015年比35%削減を目標として掲げており、化学業界の排出量を2030年までに2015年比で26%削減することを目指す。  仏政府は、セクター毎に官民協議会「戦略的セクター委員会(CSF)」を組成しており、 (さら [...]

» 続きを読む

private 【ヨーロッパ】リサイクル促進のデジタル・ウォーターマーク機関HolyGrail 2.0。BASFも加盟

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFは5月4日、欧州ブランド協会(AIM)が運営するリサイクル分類のデジタル透かし(デジタル・ウォーターマーク)イニシアチブ「HolyGrail 2.0」に加盟したと発表した。HolyGrail 2.0は、バリューチェーン全体でのサーキュラーエコノミー化を進めるため、共通の透かし表示を検討している。  AIMには、 (さらに…)

» 続きを読む

【ドイツ】BASF、ウジン・ウッツ・グループへのバイオプラ素材提供。CO2年間3000t削減

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFは5月26日、独フローリング材大手ウジン・ウッツ・グループに対し、マスバランス・アプローチでのバイオ原料供給を開始すると発表。石油由来の原料消費を減らすことで、二酸化炭素排出量を年間3,000t削減できる見込み。  ウジン・ウッツ・グループは、素材をBASFから購入しており、今回素材原料に占めるバイオマスの割合を高める。マスバランスでは、第三者保証も取得。まず、ポリ塩化ビニル(PVC)カバーやゴム、繊維、リノリ [...]

» 続きを読む

private 【アイルランド】45社CEO、職場のダイバーシティ改善にコミット。ジェンダー、民族、障害者等

Facebook Twitter Google+

 アイルランド大手企業45社は5月20日、障害者や民族のダイバーシティ&エクイティ、インクルージョン(DE&I)を向上するためのコミットメント「ELEVATE誓約」にCEOの名前で署名した。社会の人口構成比が職場の人口構成比となるよう社内改革を進める。同コミットメントは、アイルランドの企業サステナビリティ推進団体Business in the Community Ireland(BITCI)が企画した。  今回のコミットメントに先立ち [...]

» 続きを読む

private 【EU】小売大手、ゲノム編集技術に反対するイニシアチブ発足。GMOと同等の規制必要

Facebook Twitter Google+

 欧州非GMO産業連盟は5月26日、ゲノム編集技術に反対する小売企業イニシアチブ「小売企業の決意(Retailers' Resolution)」を発足。欧州小売大手が同イニシアチブに署名した。ゲノム編集技術は、従来型の遺伝子組換え技術(GMO)から区別する動きも出てきているが、早くも欧州の小売業界からはゲノム編集技術も、従来GMO技術と同様に忌避する動きが広がってきた。  同イニシアチブに署名した企業は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る