private 【イギリス】政府、先進研究・発明庁ARIA発足。科学者自身で支援先決定。予算1200億円

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省(BEIS)は2月19日、ハイリスク・ハイリターンの難易度の高い科学研究に資金提供するための新たな独立研究支援機関「先進研究・発明庁(ARIA)」を設立すると発表した。世界的に著名な科学者が主導し、革新的な科学技術の開発を助成する権限が与えられる。予算は8億ポンド(約1,200億円)。 同省は今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【スウェーデン】H&M、リンク・ボンド650億円発行。バイオ素材工場の実証工場建設も開始

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手スウェーデンH&Mは2月18日、サステナビリティ・リンク・ボンドを5億ユーロ(約650億円)発行したと発表した。年限8.5年。クーポン0.25%。注文は発行額の7.6倍も集まり、非常に盛況だった。  サステナビリティ・リンク・ボンドは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、デジタル・グリーンで官民連携の重点10分野提示。合計2.6兆円の資金支援

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は2月23日、「グリーン・気候ニュートラル・デジタル欧州」への転換を図るため、EU、加盟国、産業界での10の重点パートナーシップ分野を提示した。欧州産業界の競争力とレジリエンスを高める。総額100億ユーロ(約1.3兆円)の資金拠出をEUとして行うとともに、拠出の際にはパートナー機関からも同額の資金拠出を行い、レバレッジをきかせる。  EUは、「欧州パートナーシップ」という官民連携プログラムを運用しており、今回の発表は、新た [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】最高裁、Uberドライバーを従業員とみなす最終判決。オランダでもDeliverooが敗訴

Facebook Twitter Google+

 英最高裁判所は2月19日、タクシー配車アプリ世界大手の米Uberが、タクシードライバーを従業員ではなく、独立事業者と扱って来たことが係争されていた案件で、Uberの契約ドライバーを従業員として処遇する最終判決を下した。Uber側の敗訴が確定した。  今回の事案では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ドイツ】メルク、自社サステナビリティ・フレームワークを充実改訂。2030年までにバリューチェーン全体へ

Facebook Twitter Google+

 医薬品大手独メルクは2月15日、医薬品や医療システム・サービスへサステナビリティを統合するための同社フレームワーク「デザイン・フォー・サステナビリティ(DfS)」をアップデートしたと発表した。2030年までにバリューチェーン全体でサステナビリティの統合を図る。  同フレームワークは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ドイツ】BP販売子会社Aral、超急速充電スタンド500台導入。100%再エネ活用、10分強で充電可能

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手英BPの独販売子会社Aralは2月16日、2021年にドイツで電気自動車(EV)充電ステーションを120ヵ所に新設し、設備容量350kWの超急速充電スタンドを500台導入すると発表した。新たなステーションのブランド名は「Aral pulse」。  まず、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ベルギー】飲料大手ABインベブ、サステナビリティ・リンク・ローンで1.1兆円確保。史上最大

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手ベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は2月18日、サステナビリティ・リンク・ローン型のコミットメントラインを101億米ドル(約1.1兆円)設定した。サステナビリティ・リンク・ローンとしては史上最大の調達額。設定期間は5年で、2年間の延長が可能。  今回の設定は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】ShareAction、テスコに対し健康的な食品売上割合増の株主提案。FTSE100企業で初

Facebook Twitter Google+

 英ESG投資推進NGOのShareActionは2月10日、英小売最大手テスコに対し、売上に占める健康的な食品の割合を高める目標設定を行う株主提案を、機関投資家7団体と個人投資家101人と共同提出した。英国を代表する株式指数FTSE100の採用企業で同様の株主提案が提出されたのは今回が初。  今回の株主提案は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【デンマーク】マースク、2023年にカーボンニュートラル初運航を計画。次世代燃料を活用

Facebook Twitter Google+

 海運世界大手デンマークのAPモラー・マースクは2月17日、二酸化炭素排出量ネットゼロ(カーボンニュートラル)の初運航を2023年に実現させると発表した。当初の計画では2030年までに実現する予定だったが、7年も予定を前倒しした。  大量の重油を燃料とする船舶に対し、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る