【イギリス】森林破壊を食い止める鍵は、持続可能なパーム油に対する価格プレミアム

Facebook Twitter Google+

 英国イースト・アングリア大学(UEA)の研究チームらは6月10日、持続可能なパーム油を使用した製品への価格プレミアムが、熱帯雨林と生物多様性の破壊を食い止める解決策となるとする研究調査結果を発表した。持続可能なパーム油生産のための森林や土地の保護活動は、企業にとってコストではなく利益となりうることを研究により示した。  現在パーム油はバターの安価な代替品として食品業界で幅広く使用されているが、パーム油の栽培に伴う森林伐採は、東南アジ [...]

» 続きを読む

【ヨーロッパ】欧州投資銀行、エネルギー効率化、生物多様性保護に向けた新たな融資スキームを公表

Facebook Twitter Google+

 EUの政策金融機関である欧州投資銀行(以下、EIB)は2月16日、エネルギー使用量の削減および生物多様性保護という2大テーマに対する民間セクターからの投資促進に向け、新たな融資プランを発表した。今後、EIBと欧州委員会は力を合わせ、PF4EE(Private Finance for Energy Efficiency およびNCFF(Natural Capital Financing Facility)という2つのイニシアチブを通じ [...]

» 続きを読む

【フランス】ダノンとマース、小規模農家を支援する投資基金を設立

Facebook Twitter Google+

世界を代表する食品会社2社が、持続可能な農業の実現に向けて手を組んだ。フランス食品大手のDanone(ダノン)と米国食品大手のMars, Incorporated(マース)は2月4日、小規模農家のサステナビリティを支援するための投資基金、Livelihoods 3F(Livelihoods Fund for Family Farming)を設立すると発表した。この投資基金は開発途上国の農業従事者の生活水準・生産性・収入の向上と環境保護 [...]

» 続きを読む

【スペイン】ウルダイバイ生物保護区、「欧州持続可能な観光憲章」採択を目指す

Facebook Twitter Google+

バスク自治州の地方当局は、2月5日と6日の二日間に渡り、ウルダイバイにあるバスク生物多様センターで、「ウルダイバイの持続可能な観光会議」の第一回会合を開催、「欧州持続可能な観光憲章(CETS)」への採択を目指す決議を行った。会合には、バスク観光庁、バスク環境局、ビスカヤ県評議会等、バスク自治州の環境・観光関連の当事者が集い、ウルダイバイ地区の自然保護と環境業のあり方について検討が行われた。 「欧州持続可能な観光憲章」は、欧州地域をカバ [...]

» 続きを読む

【国際】世界の野生生物が半減 WWFが新レポート発表

Facebook Twitter Google+

World Wildlife Fund(世界自然保護基金、以下WWF)が9月29日に発表したレポート”2014 Living Planet Report”によると、1970年から2010年にかけての40年間で、世界中に存在する哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類の数が52%も減少したという。また同レポートは、この生物多様性の喪失は低所得国に偏っており、それは高所得国による資源消費の増大に関連していると指摘している。 同レポートでは、生物 [...]

» 続きを読む

【国際】飲料メーカー業界団体のBIER、生態系保護に向けた指導原則を公表

Facebook Twitter Google+

飲料業界のサステナビリティを推進する業界団体Beverage Industry Environmental Roundtable(BIER)は9月2日、飲料メーカーらーが生態系への影響を意思決定の際に考慮するためのガイドライン、Ecosystem Services Guiding Principles(生態系サービスに関する指導原則)を公表した。 BIERは、グローバルに事業を展開する大手飲料メーカーらによる国際的な業界団体で、飲料業 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る