【アメリカ】ステート・ストリート、ESGエクスポージャー診断ツール「ESGX」提供開始

Facebook Twitter Google+

 米金融大手ステート・ストリートは11月15日、アセットオーナーや運用会社向けに、ポートフォリオのESGエクスポージャー診断ツール「State Street Global Exchange(ESGX)」サービスの提供を開始すると発表した。また同社は、アラベスク・アセット・マネジメント等複数のESGデータ提供会社と契約し、同社顧客にESGデータを提供することも発表した。  State Street Global Exchange(ESG [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ステート・ストリート、日本とカナダで取締役会ダイバーシティ向上アクション開始

Facebook Twitter Google+

 資産運用世界大手米ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)は11月15日、投資先上場企業を対象とする「取締役会ダイバーシティ指針」を日本とカナダに拡大すると発表した。同社の2017年9月30日時点の運用資産残高は2.67兆ドル(約300兆円)。  ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは2017年3月から上場企業取締役会の性別ダイバーシティ向上に向けたアクションを起こしている。まず3月8日「国際女性デー [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委員会、機関投資家の受託者責任やESG投資の課題や方向性に関する意見を広く募集

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は11月13日、今年7月に「持続可能な金融についてのハイレベル専門家グループ(HLEG)」が公表した中間報告書を基に、アセットオーナーと運用会社のフィデューシャリーデューティー(受託者責任)やサステナビリティ、ESG投資の課題や方向性について、広く意見募集を行うインターネット調査を開始した。2018年1月22日まで国籍問わず誰でも意見表明できる。 【参考】【EU】持続可能な金融についてのハイレベル専門家グループ(HLEG) [...]

» 続きを読む

【アイルランド】運用KBIGI、新たなESGインフラストラクチャー投資戦略発表

Facebook Twitter Google+

 アイルランド資産運用KBI Global Investors(KBIGI)は11月8日、インフラストラクチャー・アセットクラスのESG投資戦略「Global Sustainable Infrastructure Strategy」を発表した。水、エネルギー、食品分野のインフラストラクチャー上場企業に投資する。目標配当利回り3.5%から4.5%。投資先地域、市場、セクターを分散しボラティリティを抑制する。  同戦略は長期投資型。今後、 [...]

» 続きを読む

【国際】MSCI、投資信託のESGスコアを欧米の主要ファンド情報プラットフォーム上で公開

Facebook Twitter Google+

 投資インデックス開発世界大手MSCIは10月24日、MSCI ESGリサーチが実施する投資信託ポートフォリオの環境・社会・ガバナンス(ESG)スコア測定「MSCI ESG Fund Metrics」の結果が、欧米の主要投資信託情報プラットフォーム上で閲覧できるようになったと発表した。同社は、これまで同社顧客のファンドマネージャー向けに投資信託のESGスコアを開示してきたが、情報プラットフォーム上で一般公開される。  投資信託の主要な [...]

» 続きを読む

【スイス】UBSアセット・マネジメント、インパクト投資ファンド設定。環境分野企業に投資

Facebook Twitter Google+

 スイス運用大手UBSアセット・マネジメントは10月26日、ルクセンブルク籍米ドル建てのインパクト投資ファンド「UBS(Lux)Equity SICAV – Global Impact Fund」を設定した。オープンエンド型SICAV。独自の手法で環境・社会へのインパクトを測定し、高いインパクトを生む企業の株式へ長期投資する。投資分野は、気候変動、大気汚染、水資源、疾病対策、食糧安全等の分野。  同ファンドは、UBSアセット・マネジメ [...]

» 続きを読む

【イギリス】英ESG投資運用大手Impax、運用ポートフォリオの環境インパクト報告書発表。同社初

Facebook Twitter Google+

 英ESG投資運用大手Impax Asset Managementは10月12日、資産運用からの環境インパクトを測定した報告書「Impact@Impax 2017」を発行した。同社による環境インパクト報告書の発表は今年が初。海外のESG投資運用会社では、財務リターンとともに、環境や社会へのインパクトを定量測定する取り組みが進んできている。  報告書では、同社の主要運用商品である「Impax Environmental Markets」 [...]

» 続きを読む

【イギリス】Impax Asset Management、Pax World Managementを買収

Facebook Twitter Google+

 英ESG投資運用大手Impax Asset Managementは9月18日、同業の米Pax World Managementの株式100%を買収すると発表した。ESG投資の需要が高まる中、両社は合併することで対応力を向上させる。Impax Asset Managementは1998年創業で、運用資産約72億ポンド。Pax World Managementは1971年創業で、運用資産約35億ポンド。買収後の運用資産総額は103億ポン [...]

» 続きを読む

【インタビュー】アラベスク・アセット・マネジメントの企業サステナビリティ分析ツール「S-Ray」。部門長が語る開発背景と将来展望

Facebook Twitter Google+

 ESGクオンツ運用会社英アラベスク・アセット・マネジメントは今年4月、機械学習やビッグデータを活用した新たな企業サステナビリティ分析ツール「S-Ray」をリリースしたと発表した。  企業のサステナビリティを分析するツールは、これまでにもESG評価会社やNGOなどから多数発表されているが、「S-Ray」にはいくつもの目新しさがある。まず、機械学習やビッグデータいった最新のITを活用しているという点。サステナビリティやESGに関するデー [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】業界団体FSC、豪版スチュワードシップ・コード制定。来年7月から適用

Facebook Twitter Google+

 豪機関投資家業界団体の金融サービス協議会(FSC)は7月19日、オーストラリア版スチュワードシップ・コードに相当する「FSC Standard 23: Principles of Internal Governance and Asset Stewardship」を制定したと発表した。FSCには、豪運用会社、年金基金、保険会社、信託銀行等100社以上が加盟しており、今回のオーストラリア版スチュワードシップ・コードは加盟している運用会 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る