【韓国】LG電子、IBM量子ネットワークに加盟。韓国からも加盟増える

Facebook Twitter Google+

 韓国電機大手LG電子は1月10日、IBMが運営する「IBM量子ネットワーク」に加盟したと発表した。IBMの量子コンピューティングシステムや、IBMの量子に関する専門知識やIBMのオープンソースの量子情報ソフトウェア開発キット「Qiskit」へアクセスできるようになった。  LG電子は、量子コンピューターを応用し、ビッグデータ、人工知能、コネクテッドカー、デジタルトランスフォーメーション(DX)、IoT、ロボティクスのアプリケーション [...]

» 続きを読む

private 【韓国】環境部、排出量取引制度を改正。中小企業支援や廃棄での排出削減でも割当で考慮

Facebook Twitter Google+

 韓国環境部は12月29日、2015年から導入されている韓国二酸化炭素排出量取引制度を改正し、新たなインセンティブを設けると発表した。それに対応し、12月30日に「温室効果ガス排出許可の割当・取消ガイドライン」「排出量認証に関するガイドライン(2022年1月1日施行)」が改正された。  韓国の排出量取引制度は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【韓国】政府、小売・外食で日本より厳しいプラ規制強化へ。使い捨てレジ袋も全面禁止へ

Facebook Twitter Google+

 韓国環境部は12月23日、プラスチック削減政策を発表。プラスチックのリサイクル率を引き上げるとともに、使い捨てレジ袋の配布禁止も掲げた。韓国政府が宣言した2050年カーボンニュートラル政策の一環。  今回の発表では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【韓国】SKC、大象、LXI、生分解性PBATの量産で合弁設立。世界第2位の規模へ

Facebook Twitter Google+

 韓国化学大手SKC、食品大手Daesang(大象)、及びLGグループから5月に分離した商社大手LXインターナショナル(LXI)の3社は11月23日、木材パルプを活用したナノセルロースで強度を高めたポリブチレンアジペートテレフタレート(PBAT)の生産で合弁企業を設立すると発表した。2023年までに年間7万t生産体制を目指す。PBATは生分解性プラスチックとして知られている。  新設する合弁企業は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【韓国】起亜自動車、2040年までにEVのみ販売へ。2045年カーボンニュートラルも表明

Facebook Twitter Google+

 韓国自動車大手現代自動車グループの起亜自動車は11月11日、欧州では2035年までに、その他でも2040年までに全販売車種を電気自動車(EV)のみに転換すると発表した。また2045年までにバリューチェーン全体でのカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を達成すると表明した。  今回、起亜自動車は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本・韓国】環境NGO5団体、バイオマス発電の禁止を政府に要求。森林破壊と気候変動悪化

Facebook Twitter Google+

 環境NGO5団体は10月21日、両国政府に対し、森林破壊を引き起こすバイオマス発電を禁止するよう求める共同声明を発表した。両国では、木質チップ等を燃料とするバイオマス発電プロジェクトが活発化しており、森林破壊を引き起こすと批判した形。  今回の声明を発表したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【韓国】政府、韓国版タクソノミー最終草案発表。原発除外、ガスは2030年まで一時的容認

Facebook Twitter Google+

 韓国環境部は10月26日、韓国版タクソノミー「韓国式グリーン分類法(K-taxonomy)」の最終草案を発表した。最後のパブリックコメントを募り、年内に決定する予定。これまでにも2回草案を発表してきた。  タクソノミーは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【韓国】BHPとポスコ、製鉄の低炭素技術共同開発でMOU締結。コークス最適化とCCUS導入プラント実証

Facebook Twitter Google+

 資源世界大手豪BHPと製鉄大手韓国ポスコは10月14日、製鉄での二酸化炭素排出量削減技術の共同開発に関する覚書(MOU)を締結した。コークスの品質最適化や高炉への炭素回収・利用・貯留(CCUS)導入を行った低炭素製鉄プラント実証を進める。  BHPは今後5年間、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【韓国】大統領直属委員会、2030年のCO2削減を40%に引き上げ。石炭から再エネシフト鮮明

Facebook Twitter Google+

 韓国大統領直属の2050カーボンニュートラル委員会は10月18日、第2回全体会合を開催。2050年カーボンニュートラルのロードマップと、2030年の国別削減目標(NDC)を決定した。2030年の削減目標は、2018年度比で現在の26.3%減から、40%減へと大幅に引き上げた。最終的に閣議決定する。 【参考】【韓国】大統領、2050年カーボンニュートラル宣言。脱石炭・脱原発で再エネへ転換。サムスン物産も脱石炭火力決定(2020年10月 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る