private 【国際】GM、自動車部品やEVバッテリーでサーキュラーエコノミー化推進。EV販売も加速

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手米GMは7月16日、新たな2030年サステナビリティ目標を発表した。従来から打ち出していた再生可能エネルギーやサステナビリティ調達に加え、サーキュラーエコノミーの観点も盛り込んだ。  GMは、2020年に入ってから、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】フォードとGM、新型コロナ対応で自動車ローン返済困難者に柔軟な対応

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手米フォードとGMは、新型コロナウイルス・パンデミックへの対応として、個人の自動車ローン返済の特別措置を発表した。自動車ローンの負担を軽くすることで、自動車購入を促すとともに、既存のローン債務者の負担も減らす。  フォードは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】GM、EV新型バッテリーUltium発表。航続距離960km。LG化学との合弁で生産

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手米GMは3月4日、電気自動車(EV)の新型バッテリー「Ultium」を発表した。同バッテリーは、韓国LG化学との合弁会社で生産。コンパクトカーや高級車、業務用トラック等、幅広い車種で採用するとした。  Ultiumは、垂直または水平に積み重ねることが可能なパウチ式のバッテリーセルを採用。車両ごとに最適な蓄電とレイアウトで設計できるとした。また、同バッテリーの蓄電容量は50kWhから200kWh。200kWhのUltiu [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】GM、2030年までに車両原材料の50%以上を持続可能な原材料に切替

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手米GMは2月11日、2030年までに車両原材料の50%以上を持続可能な原材料に切り替えると発表した。基準の詳細については明らかにしていないが、サプライヤーと協働する。  GMは、すでに2040年までに事業電力を100%再生可能エネルギーに切り替えることを宣言。すでに電気自動車(EV)バッテリーも100%リサイクル可能なものとなっている。今回は原材料でのサステナビリティにフォーカスしたもの。GMは、これら目標の達成に向け [...]

» 続きを読む

【アメリカ】GM、EV充電ステーション大手EVgo、ChargePoint、Greenlotsの3社と協働開始

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手米GMは1月9日、電気自動車(EV)充電ステーション分野の米大手3社、EVgo、ChargePoint、Greenlotsとの協働を発表した。3社から充電ステーションの運営データを収集。同社のアプリ「myChevrolet」で、GMの電気自動車「シボレー・ボルトEV」所有者が便利に充電できる機能を提供する。3社との協働契約条件は2019年春頃までに決定する。  GMは、3社と提携することで、全米31,000ヶ所の充電ス [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ソフトバンク・ビジョン・ファンド、GMの自動運転技術子会社に出資

Facebook Twitter Google+

 ソフトバンク・グループが運用管理するソフトバンク・ビジョン・ファンドは5月31日、自動車世界大手米GMの自動運転技術開発子会社GMクルーズ・ホールディングスに22.5億米ドル(約2,500億円)出資すると発表した。ソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資手続き完了後、GMも同社に11億米ドル(約1,200億円)出資する。  ソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資は二段階で行われる。同社はまずGMクルーズ・ホールディングスに9億米ドル出 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】GM、27施設で埋立廃棄物ゼロ認定を取得。合計142ヶ所に

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手米GMは2月28日、同社の27工場が新たに環境基準策定NSF Internationalの埋立廃棄物ゼロ(Landfill-free)認定を受けたと発表した。同社はすでにカナダ、メキシコ、南米の全工場で同認定を受けており、認定施設の数は合計142となった。同認定を受けるには、全ての廃棄物を文書管理し、電子機器廃棄物には特別な処理プログラムを導入するとともに、従業員や委託会社への研修、施設の第三者監査を受けなければならな [...]

» 続きを読む

【国際】「2050年までに水素が全世界エネルギーの2割供給可能」トヨタ、エア・リキード参画の水素協議会

Facebook Twitter Google+

 トヨタ自動車や本田技研工業、独ダイムラー、仏エア・リキード等が2017年1月に設立した「水素協議会(Hydrogen Council)」は11月13日、気候変動枠組み条約ボン会議(COP23)の場で、2050年までに水素エネルギーが世界の全エネルギー需要の約2割を賄えるとするレポートを発表した。同レポート作成では、戦略コンサルティング世界大手マッキンゼーが協力した。  水素協議会は、水素を利用した新エネルギー移行に向けた共同ビジョン [...]

» 続きを読む

【アメリカ】GM、2023年までに電気自動車20車種投入。将来全車種EV・FCVへの転換意向も表明

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手GMは10月2日、2023年までに電気自動車20車種を市場に投入する計画を明らかにした。その第一弾として、今後18か月以内にシボレー・ボルトEVの経験を活かした電気自動車2モデル発表する。GMは、「zero crashes, zero emissions and zero congestion(事故ゼロ、排出ゼロ、渋滞ゼロ」のビジョンを掲げており、将来全車種を電気化していきたいと表明した。  また、電気自動車(EV)に [...]

» 続きを読む

【アメリカ】自動車大手GM、同社最大の風力発電エネルギー調達契約を発表

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手米GMは11月16日、再生可能エネルギー発電世界大手Renewable Energy Systems(RES)との間で、同社過去最大となる再生可能エネルギーの調達契約を結んだことを発表した。テキサス州コンチョ郡Cactus FlatsにRESが建設中の風力発電所から50MWを購入する。この発電所からの電力調達は2018年前半には始まる見込みで、GMの世界全電力使用量の6%が再生可能エネルギーで賄われることになる。  同 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る