Sustainable Japan QUICK ESG研究所

CSR(社会的責任) 2015/08/18 辞書

 CSRとは、Corporate Social Responsibilityの略で、企業が事業を継続する上で社会との関わりに責任をもつことを意味します。「企業の社会的責任」と訳されています。

 近年、欧米では株主、従業員、消費者、地域住民などのステークホルダーからのニーズや要望を受け、企業が社会に果たす役割が事業そのものであるとの考えから、CSRとは事業活動そのものであると解釈される傾向があります。事業の成果指標の中に環境や社会に対する貢献度を組み込まれる検討がなされており、CSRを数値計測するための方法やインフラ整備が行われています。

 一方、日本では寄付活動や慈善活動など、企業の利益追求の事業とは異なるボランティア的な取り組みとして解釈されることが多く、CSRの取り組みが事業活動とはことなるものとして認識される傾向にあります。また、財務上も組織上も余裕のある大手企業が専門の担当者を置き、報告書をまとめ発信できる環境にありますが、予算も人材も少ない中小企業では取り組みにくいという課題もあります。

参考サイト

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る