Sustainable Japan QUICK ESG研究所

ROE 2015/08/31 辞書

ROEとはReturn on Equityの略で、株主資本利益率と訳されます。ROE=当期純利益(最終的に株主に帰属する利益)÷株主資本(資本金+利益剰余金)で求められ、株主から調達した資金を経営者がいかに効率的に利用し、利益を上げられたかを示す指標です。一般的には欧米企業と比較し日本企業のROEは低く、経営上重視されてこなかったと言われますが、近年はその重要性が見直されてきており、2014年より新たに公表されているJPX日経インデックス400は特にROEに注目した株価指標として注目されています(銘柄選定の基準の一つとして3年平均ROEが定められています)。

投資家の立場からするとROEが高い企業に投資するほど自身の投下資金を有効活用していることになり、高い方が好まれるように思われます。しかし、例えば銀行借入金を増やす、保有資産を売却するといった、必ずしも価値を生むとは限らない施策で数値を上げることも可能であり、長期的な観点で、他の指標とも組み合わせて評価すべき指標とも言えます。

参考サイト

一般閲覧者 ユーザー登録
料金 無料 無料
閲覧可能記事 一般記事のみ 一般記事
会員限定記事
お気に入り記事保存
イベント・セミナー情報
メールマガジン受信

各種SNSより更新情報をお知らせします!

Facebookをいいね! Twitterをフォロー Google+をフォロー

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る