Sustainable Japan QUICK ESG研究所

スチュワードシップ・コード(日本版スチュワードシップ・コード) 2015/08/31 辞書

スチュワードシップとは所有物、財産、組織などを注意深く管理監督して守るという意味で、コードとは行動規範や規約を意味します。スチュワードシップ・コードとは、資産運用者・保有者の義務を明確化し、責任ある行動を促す原則のことで、2010年に英国でガイドラインとして定められました。

2008年のリーマン・ショック以降の世界金融不安において、投資先企業のガバナンスの監視といった株主としての役割や責任を投資家が十分果たしえなかったことを反省し、資産運用者と投資先企業の間で質の高い取り決めとそれに伴う行動が取られるよう、中長期の建設的な関係構築を目指して策定されました。法的拘束力はありませんが、機関投資家が受託者責任の行動原則を定め実行することを促し、Financial Reporting Council(FRC:財務報告評議会)がモニタリングの報告書を公開しています。

日本においても2014年に日本版スチュワードシップ・コードが導入され、企業ガバナンスの評価方法が議論されています。日本版スチュワードシップ・コードにおいては、コンプライ・オア・エクスプレイン(Comply or Explain)として、各原則を順守するか、順守しないのであればその理由を説明するよう求めている点が特徴となっています。

参考サイト

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る