private 【国際】イケア、植物由来食品を拡充する2025年目標設定。消費者の健康促進と環境負荷低減

Facebook Twitter Google+

 家具世界大手スウェーデンのイケアは11月23日、同社レストランでのメニューを植物由来中心に切り替えると発表した。2025年までに主菜の50%を植物由来にし、肉料理の80%を牛肉や豚肉等以外の肉にする。他にも、包装済み食品の80%を植物由来に転換。提供する料理全体の80%を同社食品バランス規範を満たすものにする。  食品バランス規範とは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ヘンケル、ヘアカラー容器で100%再生アルミチューブ活用。コティは植物由来マスカラ投入

Facebook Twitter Google+

 ドイツ消費財大手ヘンケルは11月19日、ヘアカラー商品のチューブ容器で、再生アルミニウム素材で100%製造したチューブに切り替えると発表した。今回採用する再生アルミ素材は100%リサイクル可能。バージン・アルミニウムと比べ二酸化炭素排出量を最大95%削減できる。  アルミニウムは、世界的に高いリサイクル率を誇る一方、飲料缶の製造等、複数業界で需要が高いため、リサイクル素材の活用は限定的。同社は、産業廃棄物由来の再生アルミニウムを使用 [...]

» 続きを読む

private 【国際】ヒューマン・ライツ・ウォッチ、宝飾品15社の人権評価。欧米高評価も日本企業は最低ランク

Facebook Twitter Google+

 国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は11月24日、宝飾品世界大手15社の金とダイヤモンドの調達方針及び商慣習に関する人権評価結果を発表した。日本企業も1社対象となったが、評価は最も低い格付となった。  今回の調査の対象となった15社は、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】LGBT企業表彰「PRIDE指標」2020年の受賞企業発表。3社ベストプラクティス認定

Facebook Twitter Google+

 日本のLGBT働き方支援任意団体work with Prideは11月12日、LGBTインクルージョンに優れた企業を表彰する「PRIDE指標」の2020年結果を発表した。同表彰は今年が5年目。今年は、ゴールド183社、シルバー32社、ブロンズ15社が選ばれ、その中から特に顕著な活動を行った3社がベストプラクティスとして選出された。  work with Prideは、2012年に日本IBMが、国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッ [...]

» 続きを読む

private 【国際】GRESB不動産、2020年結果発表。ESGスコア取得が22%増。対象不動産は約96000

Facebook Twitter Google+

 国際ESG不動産評価機関GRESB(グローバル・リアルエステイト・サステナビリティ・ベンチマーク)は11月24日、2020年の「GRESB不動産」評価結果を公表した。2020年は、不動産企業、不動産投資信託(REIT)、不動産投資ファンド、不動産開発会社から合計1,229社・ファンドが申請し、評価を受けた。前年比では22%増。運用資産総額は4.8兆米ドル(約500兆円)。対象不動産は64ヶ国で合計約96,000。 【参考】【国際】G [...]

» 続きを読む

private 【国際】IMO、海運のCO2排出削減強化でMARPOL条約改正案を承認。2021年の正式採択目指す

Facebook Twitter Google+

 国際海事機関(IMO)の海洋環境保護委員会(MEPC)は11月18日、 船舶の二酸化炭素排出基準を強化するマルポール(MARPOL)条約の改正案を承認した。MARPOL条約では、改正案については半年以上の周知期間を設定することが定められており、2021年に開催する次回のMPECでの正式採択を目指す。改正が採択されると、16ヶ月以上の準備期間をおいて発効する。  IMOは、2030年までに海運での原単位二酸化炭素排出量を2008年比4 [...]

» 続きを読む

private 【日本】新生銀行、サステナブルインパクト資本性ローン新設。サステナビリティでの目標合意を条件

Facebook Twitter Google+

 新生銀行は11月25日、資本性ローンにESG要素を取り入れた「サステナブルインパクト資本性ローン」の提供を開始すると発表した。ESG関連の所定の要件を充たすとともに、サステナビリティに関する目標に合意することを条件とする。同様のローン提供は日本初。  資本制ローンとは、弁済順位が他の債務よりも劣後し、財務上の「負債」ではなく「資本」とみなされる借入金。「資本」を厚くすることができるため、バランスシートの改善に繋がり、他の借入がしやす [...]

» 続きを読む

private 【日本】金融庁、サステナブルファイナンスに関する国際プラットフォームIPSFに加盟。EUと協調

Facebook Twitter Google+

 金融庁は11月24日、EUが2019年10月に設立を発表した国際的な各国政府の検討プラットフォーム「サステナブルファイナンスに関する国際プラットフォーム(IPSF)」に加盟したと発表した。IPSF加盟政府は、これで15ヶ国・地域となった。  EUのサステナブルファイナンス・アクションプランでは、サステナブルファイナンス政策をEU域内だけに留めず、国際的にも広げていく戦略を掲げており、IPSFがその中心的な役割を果たしている。10月に [...]

» 続きを読む

private 【フランス】Carbios、アパレル・ポリエステル廃棄物からPETを生成するケミカルリサイクル技術開発に成功

Facebook Twitter Google+

 仏再生プラスチック・ベンチャーCarbiosは11月19日、アパレル廃棄物のポリエステル繊維を、純度の高いテレフタル酸(rPTA)に分解し、再度合成してペットボトル素材のPETを生成することに成功したと発表した。同社が独自に開発した酵素を活用することで、高レベルのケミカルリサイクルが実現した。  これまでアパレルのポリエステル繊維は、マテリアルリサイクル技術を活用し、断熱材、詰め物、絨毯用の低質素材にリサイクルすることしかできなかっ [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】ユニリーバ、未来食品戦略発表。植物由来肉・乳製品売上を2027年までに1250億円規模へ

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手英ユニリーバは11月18日、植物由来の代替肉や代替乳製品(代替プロテイン)のグローバル売上を2025年から2027年までに10億ユーロ(約1,250億円)にまで引き上げる戦略「Future Foods(未来食品)」を発表した。消費者の健康改善とフード・サプライチェーンでの環境インパクト削減を同戦略の狙いと定めた。  ユニリーバは2018年、2010年にオランダで創業した代替肉大手ベジタリアンブッチャーを買収。すでに30 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る