private 【インドネシア】政府、屋上太陽光発電導入促進の規則発布。再エネ電源の拡大へ

Facebook Twitter Google+

 インドネシアで8月20日、屋上太陽光発電の導入を促進するエネルギー鉱物資源大臣(MEMR)規則2021年26号が施行された。インドネシアは、2050年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を政策として打ち出しており、屋上太陽光発電の敷設を加速させる。  インドネシアでは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】連邦地裁、テキサス州の6週目以降中絶禁止法を仮差し止め。連邦政府が原告

Facebook Twitter Google+

 米連邦地方裁判所は10月6日、テキサス州が制定した妊娠6週目以降の人工妊娠中絶する州法「テキサス・ハートビート法」を仮差し止めする命令を下した。これにより、9月1日に施行された同州法が一時的に停止となった。原告は米連邦政府、被告はテキサス州政府。  同州法は、3月に同州上院と下院を通過し、5月に州知事が署名して成立した。しかし、バイデン政権の連邦政府は、違憲との考えから、テキサス州西部地区連邦地方裁判所に対し、同州法を無効とする訴訟 [...]

» 続きを読む

private 【国際】国連人権高等弁務官事務所、カストディアンにもビジネスと人権指導原則上の責任ありとの見解

Facebook Twitter Google+

 国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は8月31日、金融機関での国連ビジネスと人権に関する指導原則(UNGP)遵守に関し、有価証券の保管・管理を行うカストディアンも、投資先企業への人権責任を負うとの立場を示した。これにより、名目株主であったとしても、投資先の人権侵害に関しては、責任が及ぶことが明らかとなった。  今回の見解は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】テスコ、生鮮食品生産者への環境認証取得義務化。英国内2022年、英国外2025年

Facebook Twitter Google+

 英小売大手テスコは9月30日、サプライチェーン上の生鮮食品生産者1.4万人に対し、環境認証の取得を義務化すると発表した。持続可能な農業推進Linking Environment and Farming(LEAF)の環境認証「LEAF Marque」の取得を求める。  同社はまず、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界気象機関、将来の水ストレス危機で報告書。2050年には50億人が水不足リスク

Facebook Twitter Google+

 世界気象機関(WMO)は10月5日、気候変動による水資源環境リスクを分析した報告書「The State of Climate Services 2021」を発表した。過去の推移とともに、将来の水ストレス悪化の状況を分析。提言もまとめた。  2002年から2021年までの過去20年間の状況では、地上貯水量(TWS)が、年間1cmの速度で減少。最も大きな減少は、南極大陸とグリーンランド。低緯度地帯では、水の安全保障へのリスクが高まってい [...]

» 続きを読む

private 【国際】国際金属・鉱業評議会加盟28社、スコープ1と2で2050年カーボンニュートラル約束。日本企業も3社

Facebook Twitter Google+

 国際金属・鉱業評議会(ICMM)は10月5日、全加盟企業が、2050年までにスコープ1とスコープ2で二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)にコミットしたと発表した。全加盟企業のCEOが署名した。スコープ3目標の早期設定も約束した。  今回署名した企業は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】バリュー・レポーティング財団、統合報告書の作成ガイド発行。初回発行を指南

Facebook Twitter Google+

 国際サステナビリティ報告スタンダード策定バリュー・レポーティング財団は9月20日、初めて統合報告書を作成する際のガイドを発行した。世界的に統合報告書を発行する機運が高まっており、作成ステップをまとめた。  統合報告書は現在、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】GPIF、気候変動レポート2021年版発表。温暖化ポテンシャル、全アセットクラスで2℃超え

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は10月5日、同機関として2回目となる「GPIFポートフォリオの気候変動リスク・機会分析」レポートを発行した。GPIFは、2019年にも米環境情報データ提供Trucostに委託した気候関連情報の開示支援結果という形で気候変動関連レポート。2020年に正式な気候レポートを出していた。  今回のレポート作成では、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る