【オーストラリア】西オーストラリア州の真珠生産協会、真珠では世界初となるMSC認証取得

Facebook Twitter Google+

 国際漁業NGOの海洋管理協議会(MSC)は9月6日、オーストラリア真珠生産者協会(PPA)が真珠貝漁業としては世界初となるMSC認証を取得したと発表した。SCSグローバル・サービスが認証審査を行った。  オーストラリア真珠生産者協会は、西オーストラリア州・エイティー・マイル・ビーチ沖を主な拠点とし、150年の歴史を誇る。真珠生産を目的とした世界唯一の天然真珠貝漁業。ここで採れた真珠は、日本や香港、欧米にも輸出されている。西オーストラ [...]

» 続きを読む
2017/09/24 最新ニュース

【オーストラリア】Mineral Carbonation International、炭素を建材に吸収させる炭素利用技術で工場建設発表

Facebook Twitter Google+

二酸化炭素固定化・有効利用技術開発のオーストラリアのMineral Carbonation Internationalは、2020年までに炭素を固定し建材に貯蔵する本格的な工場を2020年までに建設する。英紙ガーディアンや豪メディアNBNニュースが報じた。新技術の詳細については、豪ニューカッスル・エネルギー資源研究所での発表会で9月1日お披露目された。発表会では、破砕した蛇紋岩と二酸化炭素を混ぜ合わせ固形化するまでの一連のプロセスが紹 [...]

» 続きを読む
2017/09/15 最新ニュース

【ニュージーランド】公的年金基金、パッシブ株式運用を全て低炭素投資に切替。実質的なダイベストメント

Facebook Twitter Google+

 ニュージーランド公的年金基金のニュージーランド・スーパーアニュエーション・ファンドは8月15日、運用資産総額350億NZドル(約3兆円)のうち約40%の140億NZドルを運用しているパッシブ型株式投資の全てを低炭素ファンドでの運用に切り替えると発表した。低炭素ファンドは、MSCI ESGリサーチが提供する企業の二酸化炭素排出量と低炭素格付に基づいて独自に設計するインデックスに基づき運用する。  パッシブ型株式投資を低炭素ファンドでの [...]

» 続きを読む
2017/08/28 最新ニュース

【オーストラリア】南オーストラリア州、州政府運営電力を100%調達する太陽熱発電所建設を決定

Facebook Twitter Google+

   南オーストラリア州政府は8月14日、州政府の運営に必要な電力全てを調達する大規模太陽熱発電所「ポートオーガスタ太陽熱発電所」からの電力購入契約(PPA)を締結したと発表した。契約期間は20年間。州政府はMWh当たり最大78豪ドル支払う。同発電所を運営するのは、米カリフォルニア州に本社を置く再生可能エネルギー大手Solar Reserve。発電所建設は2018年から開始し、稼働開始は2020年を予定。設備容量は150MWで、州政府 [...]

» 続きを読む
2017/08/26 最新ニュース

【オーストラリア】コモンウェルス銀行個人投資家、同行を気候変動リスク情報開示不足で訴える

Facebook Twitter Google+

 豪銀行大手コモンウェルス銀行は8月8日、気候変動に関する事業リスクを適切に開示しなかったとして株主から訴訟を起こされた。訴えたのは同社個人株主のGuy AbrahamsとKim Abrahams夫妻で、環境案件を専門とする法律事務所のEnvironmental Justice Australiaが替わって、メルボルンのオーストラリア連邦裁判所に訴状を提出した。気候変動事業リスクの適切なリスク管理には昨今大きな注目が集まっているが、つ [...]

» 続きを読む
2017/08/23 最新ニュース

【パプアニューギニア】違法伐採木材が世界に流通。グローバル・ウィットネス調査。双日も調達一時停止か

Facebook Twitter Google+

 国際NGOグローバル・ウィットネスは8月1日、パプアニューギニアで違法伐採された木材を使用したフローリング材を販売しないよう米小売業界や世界の商社に呼びかけるレポート「Stained Trade」を発表した。グローバル・ウィットネスは3年間の現地調査を実施し、パプアニューギニアを原産地とする木材の多くが、土地の強制収奪、熱帯雨林原生林の伐採を伴う違法伐採となっていることを明らかにした。それら木材は、中国の卸売業者を通じて米国の小売店 [...]

» 続きを読む
2017/08/16 最新ニュース

【オーストラリア】ESG投資の財務リターンが伝統的投資を上回る。RIAA報告書

Facebook Twitter Google+

 豪ESG推進機関RIAA(Responsible Investment Association Australia)は7月25日、ESG投資ファンドの財務リターンが伝統的投資ファンドを上回っていいたことを示す報告書「Responsible Investment Benchmark Report 2017」を発表した。コアESG投資を実施している株式ファンドとマルチセクターファンドの双方で、3年、5年、10年の期間のほとんどでESG投 [...]

» 続きを読む
2017/08/07 最新ニュース

【オーストラリア】業界団体FSC、豪版スチュワードシップ・コード制定。来年7月から適用

Facebook Twitter Google+

 豪機関投資家業界団体の金融サービス協議会(FSC)は7月19日、オーストラリア版スチュワードシップ・コードに相当する「FSC Standard 23: Principles of Internal Governance and Asset Stewardship」を制定したと発表した。FSCには、豪運用会社、年金基金、保険会社、信託銀行等100社以上が加盟しており、今回のオーストラリア版スチュワードシップ・コードは加盟している運用会 [...]

» 続きを読む
2017/08/03 最新ニュース

【アジア太平洋】アジア開銀、気候変動の社会影響予測報告書発表。10億人が移住を強制される可能性

Facebook Twitter Google+

 アジア開発銀行(ADB)は7月14日、気候変動がアジア太平洋地域の社会に及ぼす影響を分析した報告書「A Region at Risk: The Human Dimensions of Climate Change in Asia and the Pacific」を発表した。独ポツダム気候影響研究所(PIK)との共同作成。今後の気候変動は、アジア太平洋地域の社会を破壊すると警鐘を鳴らした。発表イベントでは、PIKのHans Joach [...]

» 続きを読む
2017/07/30 最新ニュース

【オーストラリア】米テスラ、南オーストラリア州での世界最大リチウムイオン蓄電施設建設を落札

Facebook Twitter Google+

 電気自動車大手テスラは7月6日、仏再生可能エネルギー発電事業者Neoenと共同で、オーストラリア南部の南オーストラリア州にリチウムイオン蓄電施設を建設すると発表した。蓄電設備容量は100MW/129MWh。ジェームズタウン市近郊にあるNeoenのホーンズデール風力発電所に接続され、南オーストラリア州の電力供給安定化を図る。  今回の蓄電設備建設は、南オーストラリア州政府が進める再生可能エネルギー推進政策の一環。南オーストラリア州では [...]

» 続きを読む
2017/07/24 最新ニュース
ページ上部へ戻る