【オーストラリア】各州でビニール袋配布禁止令が施行。スーパーでは消費者が激怒する事件も

Facebook Twitter Google+

 オーストラリアの各州で使い捨てビニール袋の配布が禁止された。その結果、小売企業では顧客との対応に苦慮するケースも見られる。  オーストラリアでは、タスマニア、南オーストラリア州、北部準州、オーストラリア首都特別地域(ACT)ですでにビニール袋の配布が禁止されていたが、今回西オーストラリア州とクイーンズランド州も続いた。違反した小売企業には罰金が科せられる。  小売大手ウールワースでは、西オーストラリア州の店舗でビニール袋禁止州法の数 [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】金融大手マッコーリー、APLMAのグリーンローン原則GLPを世界で初めて活用

Facebook Twitter Google+

豪金融大手マッコーリー・グループは6月13日、20億ポンド(約2,900億円)のローンファシリティを設定し、そのうち5億ポンドを使途をグリーンプロジェクトに限定するローンファシリティとした。グリーン限定分については、APLMAとLMAが2018年3月に策定した「グリーンローン原則(GLP)」に準拠し使途を設定する。グリーンローン原則(GLP)に準拠した融資を行うのは、マッコーリー・グループが世界初。 【参考】【国際】LMAとAPLMA [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】「気候変動は国防リスクの一つ」、上院常任委員会報告書。政府に対応求める

Facebook Twitter Google+

 オーストラリア上院外務防衛貿易常任委員会は5月17日、気候変動が国防に与える影響を分析した報告書を発表した。同報告書は、「気候変動は、現在実在する国防リスクの一つ」と言及し、気候変動は国防問題との認識を示した。また、オーストラリアを先進国の中で気候変動に最も脆弱な国の一つと位置づけた。  今回の報告書は、上院が2017年6月14日に同委員会に対して調査と報告を求めたもの。当初は2017年12月4日までが報告期限だったが、3回に渡り期 [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】Airbnb、一定の労働基準を満たす食品配達企業の販促サービス提供。現地連合と合意

Facebook Twitter Google+

 オーストラリア運輸労働組合(TWU)とAirbnbは5月22日、一定の労働基準を満たす食品配達サービス提供企業をAirbnbのウェブサイト上でプロモーションをすることに合意した。運輸業界では、低賃金や過酷労働等の問題が指摘されているが、Airbnbは高い基準を満たす企業のみを契約対象とすることで、健全な業界育成を目指す。  両社はまた、TWU組合員のシェア・エコノミーへの参加を促すことでも合意。TWUの組合員がAirbnbの部屋提供 [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】ベン&ジェリーズと350.org、化石燃料ダイベストメントの共同キャンペーン展開

Facebook Twitter Google+

 米アイスクリーム大手ベン&ジェリーズと国際環境NGOの350.orgのオーストラリア支部は4月26日、化石燃料ダイベストメント・キャンペーン「Freeze Fossil Fuels」を開始した。オーストラリア国民に地方政府に対し化石燃料ダイベストメントを実行するよう呼びかけた。オーストラリア地方政府ではすでに35政府が化石燃料ダイベストメントを宣言。地方政府は全部で約500。今回のキャンペーンは宣言する地方政府の数を増やすことが狙い [...]

» 続きを読む

【ニュージーランド】政府、新規の海洋原油採掘プロジェクトを全面的に禁止

Facebook Twitter Google+

 ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は4月12日、新規の海洋原油採掘プロジェクトを禁止すると発表した。今後、新規プロジェクトを認可しない。一方、現在進行中のプロジェクト22件については継続を認める。  アーダーン首相率いるニュージーランド労働党連立政権は、昨年の発足以来、気候変動対応を重要分野として位置づけている。政府は、2035年までに電力を100%再生可能エネルギー由来に転換、2050年までに国内経済をカーボンニュートラ [...]

» 続きを読む

【イギリス・オーストラリア】BHPビリトン、世界石炭協会WCAから脱退。気候変動方針で見解の違い

Facebook Twitter Google+

 資源世界大手英豪BHPビリトンは4月5日、気候変動対応に関する見解の相違があるとして、石炭業界の主要な業界団体である世界石炭協会(WCA)からの脱退を表明した。  BHPビリトンは、気候変動に懐疑的な姿勢を取り、気候変動緩和アクションを積極化しないWCA、全米商工会議所(USCC)、オーストラリア鉱業協会(MCA)からの脱退を検討すると2017年12月に表明。脱退の背景には、気候変動に関心の高い同社株主からのプレッシャーがあったと言 [...]

» 続きを読む

【パプアニューギニア】 国連高等人権弁務官、政府に人権保護への具体的なアクション勧告

Facebook Twitter Google+

 ザイド・ラード・アル・フセイン国連高等人権弁務官は2月9日、パプアニューギニア首相らに対し、汚職の根絶や法治体制の強化、人権保護への行動を勧告した。フセイン氏は、現地を訪問。同国のピーター・オニール首相、司法長官、国会議長、NGOの代表者らと会談していた。  フセイン氏は、同国では資源採掘企業が、国連先住民族の権利宣言で保障されている「自由でかつ情報に基づく事前の合意(FPIC)」等の人権を尊重していないにもかかわらず、政府から事業 [...]

» 続きを読む

【ニュージーランド】政府、太平洋島嶼国からの世界初の気候変動難民の受入れ検討

Facebook Twitter Google+

 ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン政権が、太平洋島嶼国からの気候変動難民受入れを検討している。導入されると気候変動難民ビザを発給する世界初の国となる。  ニュージーランドでは、2017年9月23日に総選挙が行われ、前与党国民党が56議席で第1党を維持したものの、アーダーン党首率いる労働党が46議席で国会第2党に躍進。年10月19日にニュージーランド・ファースト党(9議席)との連立政権樹立で合意。さらに、少数連立与党が組閣するた [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】カンタス航空、米豪間長距離国際線でバイオジェット燃料混合飛行を成功

Facebook Twitter Google+

 豪航空大手カンタス航空は1月30日、米豪間直行便で初のバイオジェット燃料利用フライトを成功させた。豪メルボルンー米ロスアンゼルス間(15時間)QF96便で、アビシニアガラシ(エチオピアンマスタード)由来のバイオジェット燃料を10%(2.4t)混合した。二酸化炭素排出量を1.8t削減。通常便の7%に相当する。機体はボーイング787-9ドリームライナー。  カンタス航空は、2012年からジェットスターとの提携で、シドニーーアデレード間国 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る