【デンマーク】カールスバーグ、世界初紙製ビールボトル「グリーンファイバーボトル」の試作品発表。CO2削減

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手デンマークのカールスバーグは10月11日、C40世界視聴サミットの場で、紙製ビールボトル「グリーンファイバーボトル」の試作品を発表した。100%植物由来の素材で、リサイクル可能だという。同社は、同業他社に対しても、紙製容器の開発に参加するよう呼びかけた。  同社は、2017年6月にサステナビリティ・プログラム「Together Towards ZERO」を立ち上げ、2030年までに同社のビール工場での二酸化炭素排出量をネ [...]

» 続きを読む

【デンマーク】年金基金MP Pension、石油企業ダイベストメント発表。100億超円規模の引揚げ

Facebook Twitter Google+

 デンマークの学者・研究者向け年金基金MP Pensionは9月3日、原油世界大手10社をブラックリスト化し、株式投資引揚げ(ダイベストメント)すると発表した。引揚げ総額は6億6400万デンマーククローネ(約101億円)。同基金は、ポートフォリオのカーボンフットプリントを低減するため、債券のダイベストメントについても検討中とした。  今回ダイベストメント対象となったのは、エクソンモービル、BP、シェブロン、中国石油天然気(ペトロチャイ [...]

» 続きを読む

【デンマーク】年金基金大手Industriens Pension、責任ある税務で共通原則と推奨事項策定

Facebook Twitter Google+

 デンマーク企業年金基金大手Industriens Pensionは8月19日、同国最大の企業年金基金PFA、企業年金基金PensionDanmark、公的年金基金ATPとともに、「責任ある税務」に関する共通原則と推奨事項に合意したとを発表した。同合意は、委託先運用会社を通じたプライベートエクイティ投資を対象とし、納税の透明性向上を目的としている。  今回の原則は、「責任ある税務」を「責任ある投資」の一部とみなし、Industrien [...]

» 続きを読む

【デンマーク】アーステッド、2025年までに社用車を全てEVまたはPHVに転換。CO2削減

Facebook Twitter Google+

 デンマーク国営電力アーステッドは8月8日、2025年までに、ディーゼル・ガソリン車等の化石燃料を動力源とする自動車を段階的に廃止し、全て電気自動車(EV)もしくはプラグインハイブリッド車(PHV)に転換すると発表した。中間目標として、2021年には、新規での化石燃料自動車の購入及びリースをやめる。現時点でのEV・PHV割合は22%。  アーステッドは、本業の発電分野で、化石燃料火力発電から再生可能エネルギー発電への転換をすでに実現。 [...]

» 続きを読む

【ベトナム】デンマークとベトナム両政府、発電方向性で共通レポート。再エネは石炭・ガス火力よりコスト安い

Facebook Twitter Google+

 ベトナムの電力・再生可能エネルギー庁(EREA)とデンマーク・エネルギー庁(DEA)は5月16日、ベトナムの今後の発電の方向性を示す初のレポートを共同で発表した。作成は、再生可能エネルギーの普及・推進を狙うデンマーク・エネルギー庁が担当。ベトナム商工省(MOIT)所管の電力・再生可能エネルギー局(EREA)も作成に協力した。  今回のレポートの要点は、今後の太陽光発電や風力発電のコストが劇的に下がっていくという見方を示し、今後のベト [...]

» 続きを読む

private 【デンマーク】公的年金ATP、気候変動シナリオ分析で独自ツール開発宣言。PACTAでは不十分

Facebook Twitter Google+

 デンマーク公的年金基金ATP(デンマーク労働市場付加年金基金)は3月13日、「2018年レスポンシビリティ報告書」の中で、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインに沿った情報開示を行うに際に、独自の気候変動シナリオ分析ツールを開発すると発表した。国連責任投資原則(PRI)と金融業界の気候変動対応を促す国際イニシアチブ2° Investing Initiative(2°ii)が開発した「PACTA tool」は不十分 [...]

» 続きを読む

【デンマーク】職域年金PenSam、PRIに再署名。2013年からの一斉脱退11機関のうち5機関復帰

Facebook Twitter Google+

 デンマーク署名機関は2013年12月、PRIのガバナンスに不満を持ち、一斉に脱退。さらにその後、新たに3つのデンマーク署名機関も脱退していた。脱退した11のデンマーク署名機関のうち、すでに再署名したのは、ATP、Sampension、PFA、PKA、PenSamの5機関となった。  2013年からの一斉脱退は、2010年から2011年に実施されたPRIの執行部選出について、署名機関の意見を軽視したことによると言われている。当時、デン [...]

» 続きを読む

【デンマーク】アーステッド、2018年EBITDAが5000億円を突破。2025年には再エネ割合99%以上に

Facebook Twitter Google+

 デンマーク電力大手アーステッドは1月31日、2018年のEBITDAが前年比33%増の300億デンマーククローネ(約5,020億円)に達したと発表。同社史上過去最高額となった。ROCE(使用資本利益率)も、前年25%から2018年は32%に向上した。同社は洋上風力で世界的に大きな存在感を示しているが、同社の電源比率でも再生可能エネルギー比率が前年64%から2018年は75%に高まった。  同社は、他の事業投資家と風力発電所を共同運営 [...]

» 続きを読む

【デンマーク】アーステッド、洋上風力発電での生物多様性ポリシー発表。環境アセスメントを自主実施

Facebook Twitter Google+

 デンマーク国営電力アーステッドは12月13日、洋上風力発電に関する生物多様性ポリシーを発表した。洋上風力発電所の建設や運営で自然環境や生態系を破壊することを避けるため、自主的に環境アセスメントを実施する。洋上風力発電が世界的に普及していくためには、環境リスクマネジメントが不可欠と判断した。  今回発表したポリシーは、海域選定、発電所建設、事業運営の3つ観点で遵守すべき内容を定めた。海域選定では、自社内の環境専門家チームが環境アセスメ [...]

» 続きを読む

【デンマーク】政府、ビニール袋使用の全面禁止方針発表。他の素材の買物袋の無料提供も禁止

Facebook Twitter Google+

 デンマーク政府は、スーパーマーケット等で一般的に使われている薄いビニール袋の使用を全面的に禁止する方針を発表した。同時に素材を問わず全ての買物袋を無料で提供することも禁止する方針。プラスチック汚染への対応のため、使い捨て文化との決別を図る。  デンマーク環境・食品省は現在、デンマーク商工会議所やCOOPとの間で、2023年までに買物袋消費を50%削減する目標を協議しており、間もなく合意に至る見通し。すでにCOOPは、使い捨てビニール [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る