private 【国際】CBI、廃棄物マネジメントのグリーンボンド適格性基準発表。ごみ発電での厳格基準を最終決定

Facebook Twitter Google+

 国際グリーンボンド基準策定NGO気候債券イニシアチブ(CBI)は12月12日、廃棄物マネジメントを資金使途とするグリーンボンドの適格性基準を公表した。6月に原案を公表し、パブリックコメントを募集していた。廃棄物処理は、世界の二酸化炭素排出量の15%を占めており、対策アクションの重要性が高い分野。 【参考】【国際】CBI、廃棄物マネジメントのグリーンボンド適格性基準案公表。ごみ発電には極めて厳しい基準(2019年6月10日)  廃棄物 [...]

» 続きを読む

private 【国際】CBI、グリーンボンド基準(CBS)第3版発表。CBI認証の取得済債券にも影響あり

Facebook Twitter Google+

 グリーンボンド基準策定の国際NGO英気候債券イニシアチブ(CBI)は12月11日、グリーンボンド基準「Climate Bonds Standard(CBS)」第3版を正式に発表した。2017年12月に原案を公表し、パブリックコメントを募集後、今回の最終発表に至った。CBSは、CBIのグリーンボンド認証「CBI認証」を審査するために使われる基準。高い質のグリーンボンドの証で、CBI認証以外でも発行体が自主的に準拠するケースも有る。 【 [...]

» 続きを読む

private 【国際】CBI、気候債券基準認証取得のグリーンボンド・ローンが累計11兆円を突破。国債・機関債・社債

Facebook Twitter Google+

 グリーンボンド基準策定の国際NGO英気候債券イニシアチブ(CBI)は12月5日、同NGOの「気候債券基準(CBS)」認証を取得したグリーンボンド及びグリーンローンの調達額が累計1,000億米ドル(約11兆円)を突破したと発表した。発行体は、30ヵ国100機関超。CBSは2011年に策定された。  2019年のグリーンボンド及びグリーンローンの調達額合計は、2,286億米ドル(約25兆円)。CBSは基準が厳しいと言われているが、全体の [...]

» 続きを読む

private 【国際】2019年グリーンボンド発行額がすでに2000億米ドルを突破。CBIは2300億-2500億と予測

Facebook Twitter Google+

 グリーンボンド・ガイドライン策定の国際NGOの気候債券イニシアチブ(CBI)は10月21日、世界全体のグリーンボンドとグリーンローンの発行・設定額が2019年同時点で2,000億米ドル(約21.7兆円)を突破したと発表。2018年の1,673億米ドル(約18.3兆円)から、2019年は大幅に増加する見込みとなった。  2,000億米ドル発行の資金使途の内訳は、エネルギーが33%、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】CBI、中央銀行に気候変動緩和策を提言。量的緩和でのグリーン資産優先購入やブラウン・タクソノミー等

Facebook Twitter Google+

 グリーンボンドの国際基準策定NGO気候債券イニシアチブ(CBI)は10月16日、世界自然保護基金(WWF)と英ロンドン大学・サステナブルファイナンス・センター(SOAS)の協力を得て、各国の中央銀行と金融当局に対し、気候変動リスク対策での主導的な役割を提言するレポートを発表した。  同提言は、まず、中央銀行と金融当局に対し、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】CBI、気候変動適応のグリーンボンド・ローン原則CRP発行。インパクト定量評価を必須化

Facebook Twitter Google+

 グリーンボンド・ガイドライン策定の国際NGOの気候債券イニシアチブ(CBI)は9月23日、同機関の「適用・レジリエンス専門家グループ(AREG)」は、グリーンボンドやグリーンローン向けの気候変動適応原則「Climate Resilience Principles(CRP:気候レジリエンス原則)」を発行した。CBIは、グリーンボンドやグリーンローンの基準を気候変動適応を資金使途とするグリーンボンドやグリーンローンの適格性を判断する原則 [...]

» 続きを読む

private 【国際】CBI、廃棄物マネジメントのグリーンボンド適格性基準案公表。ごみ発電には極めて厳しい基準

Facebook Twitter Google+

 国際グリーンボンド基準策定NGO気候債券イニシアチブ(CBI)は6月6日、廃棄物マネジメントを資金使途とするグリーンボンドの適格性基準案を公表した。8月2日までパブリックコメントを募集する。廃棄物処理は、世界の二酸化炭素排出量の15%を占めており、対策アクションの重要性が高い分野。  廃棄物マネジメントのグリーンボンド適格基準が射程に入れる範囲は、再利用、リサイクル、ストレージ倉庫、嫌気性消化、エネルギー回収(ごみ発電・ガス化)、熱 [...]

» 続きを読む

【国際】中国農業発展銀行とCBI、グリーン農業促進で覚書。定義や金融機関向けガイド作成

Facebook Twitter Google+

 中国農業発展銀行(ADBC)と気候債券イニシアチブ(CBI)は4月29日、中国でグリーン農業プロジェクトとグリーンボンドの重要性を相互に確認した覚書を締結した。民間資金を同分野に呼び込む。  今回の覚書では、「グリーン農業」の国際定義を共同開発するとともに、中国での農業戦略立案でも協働。グリーン農業分野に対するファンド、銀行、海外投資家を含む幅広い投資家に対しグリーン農業に関する研修等も実施していく。  一方ADBCは、農業や農家向 [...]

» 続きを読む

【国際】CBI、海運セクターのグリーンボンド基準策定作業開始。日本郵船も委員として参加

Facebook Twitter Google+

 国際グリーンボンド基準策定NGO気候債券イニシアチブ(CBI)は4月9日、海運セクターでの気候変動緩和及び気候変動適応のためのグリーンボンド基準(CBS)策定作業を開始したと発表した。海運業では、日本郵船が世界初のグリーンボンドを発行しており、今回のCBS策定作業にも産業ワーキンググループ(IWG)の委員として参加する。 【参考】【インタビュー】日本郵船、海運業界世界初のグリーンボンド発行事例 〜苦労と気づき〜(2018年4月27日 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る