【国際】英ケンブリッジ大の機関が推進するグループ、生態系へのインパクトの具体的測定手法を開発

Facebook Twitter Google+

 英国ケンブリッジ大学のサステナビリティ・リーターシップ・インスティチュート(CISL)が推進するNatural Capital Impact Group(NCIG)は5月22日、企業が生態系へのインパクトを意識した経営を行うための新たな測定フレームワークを草案を発表した。今回発表の取組は、NCIGと気候変動に関心の高い欧米機関投資家10社で構成するInvestment Leaders Group(ILG)との協働の一環。草案策定に当 [...]

» 続きを読む

【国際】NCC、2020年までの4カ年活動計画を発表。4年後の包括的なツール提供目指す

Facebook Twitter Google+

 自然資本分野における国際基準策定の自然資本連合(NCC)は3月28日、2017年から2020年まで4年間の中期活動計画をまとめた「Natural Capital Coalition Strategy 2017-2020」を発表した。  この4カ年計画では、2020年までの各年の活動目標を定めている。 2017年:「適用」自然資本プロトコル(NCP)の活用拡大のためのガイドや補足資料の発行 2018年:「拡大」NCPハブにNCP活用事 [...]

» 続きを読む

【スイス】NCC、製薬大手ロシュが実施した自然資本アセスメントの結果と意義を紹介

Facebook Twitter Google+

 自然資本分野における国際基準策定の自然資本連合(NCC)は3月22日、2016年7月13日に発行した初版「自然資本プロトコル(NCP)」の策定にあたり2015年10月から2016年2月まで実施された「パイロットプログラム」で、「Deep Dive Pilots」に参加した製薬世界大手ロシュのプログラム実施内容を公表した。このロシュのパイロットプログラムは、自然・社会資本インパクトコンサルティングSustain Valueが支援した。 [...]

» 続きを読む

【国際】自然資本連合(NCC)、「自然資本プロトコル」日本語版を発行

Facebook Twitter Google+

 自然資本分野における国際基準作りを進める自然資本連合(NCC)は2月21日、「自然資本プロトコル」の日本語版を発行した。自然資本プロトコルは英語版が2016年7月13日に発行され、英語以外での言語で発行されたのは日本語が初。 【参考】自然資本連合(NCC)、ついに「自然資本プロトコル」初版を発行(2016年8月1日) 【参考】「自然資本プロトコルは有用」パイロットプログラム参加企業が報告(2016年8月9日)  自然資本とは、企業活 [...]

» 続きを読む

【国際】自然資本連合(NCC)、ついに「自然資本プロトコル(NCP)」初版を発行

Facebook Twitter Google+

 自然資本分野における国際基準作りを進める自然資本連合(NCC)は7月13日、「自然資本プロトコル(NCP)」の初版を発行した。自然資本とは、企業活動や社会生活に不可欠な水、土壌、鉱物、大気、動植物や、それら全体としての生態系や生物多様性などを指す。近年、環境破壊や人口増加などを背景として、自然資本の有限性が認識されてきており、経済活動における自然資本の適切なマネジメントを求める声が上がってきていた。自然資本プロトコルの草案は昨年11 [...]

» 続きを読む

【インタビュー】レスポンスアビリティ足立氏「自然資本会計の最前線~World Forum on Natural Capital 2015~」

Facebook Twitter Google+

自然資本をめぐる世界の流れ  近年、世界のサステナビリティ関係者らの間で注目を集めているのが「自然資本(Natural Capital)」という概念だ。「自然資本」とは、水や土壌、森林、生物など、我々の生活や事業活動に必要なあらゆる生態系サービス(フロー)を生み出しているストックのことを指す。  事業を継続・発展させるためには生態系サービスの利用が不可欠だが、自然資源は再生可能だが有限である。ストック(自然資本)である生態系が生み出す [...]

» 続きを読む

【国際】海洋の資産価値は24兆米ドルだが、資産は急激に減少中。WWF調査

Facebook Twitter Google+

 世界自然保護基金(以下、WWF)は4月22日、地球の海洋が持つ資産価値を算定した報告書、"Reviving the Ocean Economy: The Case for Action"を公表した。同報告書によると、地球上の主たる海洋資産の価値は少なく見積もっても24兆米ドル以上にのぼり、海洋がもたらす商品・サービスの価値は年間2.5兆米ドルに相当し、世界の経済大国上位10カ国のGDPと比較すると第7位にランクインするという。一方で [...]

» 続きを読む

【国際】大企業の環境問題への取り組みは未だ不十分、GreenBizが指摘

Facebook Twitter Google+

近年では世界の大企業の多くが環境負荷の削減に取り組んでいるものの、現状それらの努力は大きな変化をもたらしていない。GreenBiz GroupとTrucostは先日公表した報告書”State of Green Business 2015”の中で、企業のサステナビリティ活動に対する厳しい現状を指摘した。 今年で8度目の公表となる同報告書は世界の上場企業による環境問題への取り組みの進展状況を図るもので、GreenBiz Groupによると [...]

» 続きを読む

【中国】新たな世界標準を目指す「自然資本未来新経済上海宣言」を採択

Facebook Twitter Google+

上海で2月8日、9日、サステナビリティに関する研究者と実務関係者が集うサミット「未来新経済ー生態経済の持続可能な発展モデル」が開催され、経済発展と環境保護を両立させる新たな概念「自然資本未来新経済上海宣言」が採択された。会議を呼びかけたのは、世界中でオンライン教育講座配信を手がける徳稲グループのシンクタンク、徳稲グリーン投資研究院(IGI)。会場には、国連関係者、中国政府関係者、中国やアメリカの著名な大学教授、アメリカの投資銀行幹部な [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る