【イギリス】テスコ、生産・流通過程での食品廃棄物削減で、オンライン上の直接相談窓口を開設

Facebook Twitter Google+

 英小売大手テスコは3月13日、サプライチェーン上の食品廃棄物削減に向けた新たな取組を発表した。同社のサプライチェーンを構成している納入者や生産者が、食品廃棄が発生しそうなタイミングで、テスコの製品部にオンライン上で相談できるようにする。テスコは、サプライヤーに対して商品納品用システムを提供しており、そのシステム上に食品廃棄物相談のための機能「food waste hotline」を搭載する。現在、同システムを活用しているサプライヤー [...]

» 続きを読む

【日本】「食品産業もったいない大賞」発表。日本マクドナルドやコカ・コーラ・イーストが受賞

Facebook Twitter Google+

 一般社団法人日本有機資源協会は2月28日、食品産業の持続可能な発展に向け、「エネルギー・二酸化炭素削減」「廃棄量削減・再生利用」「教育・普及」等の観点から高い実績を挙げている食品関連事業者と支援団体・企業を表彰する「食品産業もったいない大賞」の受賞企業を発表した。同賞の発表は今年が4回目。農林水産省が協賛、環境省と消費者庁が後援している。  最優秀賞である「農林水産大臣賞」は、松本大学と長野県中信地区6次産業推進協議会のプロジェクト [...]

» 続きを読む

【日本】環境省・農水省、食品リサイクルガイドラインを公表。転売防止措置努力義務を新設

Facebook Twitter Google+

 農林水産省食料産業局と環境省大臣官房は1月26日、食品リサイクル法に基づく企業行動の中で、廃棄物転売という実態があることが発覚したことに伴い、食品リサイクル法の運用基準を改正と、食品関連事業者向けガイドラインを公表。小売業、外食業、食品メーカーなど全ての食品関連事業者に対し、食品廃棄物の不適正な転売を防止するよう要請する努力義務を課した。改正省令は同日施行された。  現行の食品リサイクル法では、小売業、外食業、食品メーカーから生じる [...]

» 続きを読む

【アメリカ】廃棄物リサイクル事業者と有機食品メーカーが提携。食品廃棄物ゼロを目指す

Facebook Twitter Google+

 ニューヨークに本社を置く廃棄物・リサイクルサービス提供のリサイクル・トラック・システムズ(RTS)は1月4日、米国東海岸で急成長している有機食品・有機飲料製造ジュースプレスとの提携を発表した。RTSは、リサイクルの専門家を多数雇用し、企業等から廃棄物を回収し、それをリサイクルして販売するサービスを展開している。通常のリサイクル事業者と異なる点は、社内データエンジニアによって徹底的にリサイクル効率を向上していること。また、建築廃棄物か [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦政府の食品ロス50%削減プログラム、ウォルマート、ユニリーバ、ペプシコ等15社参画

Facebook Twitter Google+

 米国農務省(USDA)と環境保護庁(EPA)は11月17日、食品廃棄物および食品ロスを2030年までに50%削減させるプログラム「U.S. Food Loss and Waste 2030 Champions」の第1号参画企業・機関を発表した。第1号に加わったのは、ウォルマート、ユニリーバ、キャンベル・スープ・カンパニー、ペプシコ、ケロッグ、ゼネラル・ミルズ、Ahold USA、Blue Apron、Bon Appétit Mana [...]

» 続きを読む

【アメリカ】食品廃棄物処理機BioHiTech、売上が急増。背景には企業の廃棄物ゼロへの取組

Facebook Twitter Google+

 業務用食品廃棄物処理機を製造販売するBioHiTech Globalは8月19日、今期第2四半期決算を発表し、処理機の販売が大幅に伸びていることを明らかにした。主力の食品廃棄物処理機事業の今年上期の売上高は約45万ドルで、昨年同期比で57%増加した。同社はNASDAQに上場している。 同社は、小売企業やホテル、飲食店など大量に食品廃棄物が発生する企業に対して、事業所内で食品廃棄物を無害な排水に分解し、公共の下水設備を用いて処理できる [...]

» 続きを読む

【イギリス】ウェイトローズ、パッケージに食品廃棄物を用いたパスタを新発売

Facebook Twitter Google+

 英国小売大手ウェイトローズは7月28日、グルテンフリーのフジッリパスタの販売を開始すると発表した。この新商品では、パッケージの一部に食品廃棄物が利用される。新商品は二種類で、グリーンえんどう豆のパスタと、レッドレンティル前のパスタ。パッケージに食品廃棄物を採用するのは英国のスーパーでは初。ウェイトローズは英国内でハイエンドスーパーマーケットとして知られている。  パッケージに利用される食品廃棄物は、商品そのものの製造過程で生まれる廃 [...]

» 続きを読む

【イギリス】高級レストランで食品廃棄削減のためにメニューからアラカルトを外す動きが活発化

Facebook Twitter Google+

 英国では、かつては豪華な料理の象徴だった「アラカルト」メニューがミシュランレストランから姿を消しつつある。より持続可能な食品の利用と廃棄物の削減を目指して、一流シェフらが用意するメニュー数を制限しているのだ。  英紙The Telegraphの1月19日付の報道によると、ウェールズ地方のモンゴメリーにあるミシュランレストラン、The Checkersでは最高級レストランの間で広まっている新たなトレンドに同調し、アラカルトを廃止したと [...]

» 続きを読む

【スイス】ネスレ、テスコCEOら、食品廃棄物・ロス削減に向けた”Champions 12.3″連合を設立

Facebook Twitter Google+

 食料廃棄物・ロスの削減に向けた動きが世界中で活発になっている。1月21日、スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムの中で、ネスレやテスコのCEOら30名のリーダーからなる"Champions 12.3"の発足が発表された。  同イニシアチブは「2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食品廃棄物を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品の損失を減少させる。」という国連の持続可能な開発目標( [...]

» 続きを読む

【国際】大手食品企業ら400社、2025年までに食品廃棄物を半減へ

Facebook Twitter Google+

 ネスレ、ユニリーバ、マークス&スペンサーなど世界を代表する小売・食品企業らで構成される消費財業界ネットワークのコンシューマー・グッズ・フォーラム(以下、CGF)は6月24日、同団体の会員企業400社らの事業から生まれる食品廃棄物を2025年までに半減するという目標を発表した。  今、世界では大量の食品廃棄物が環境、社会、経済の全ての側面にとって大きな課題となっている。CGFによると、世界の人口と食料需要は急激に増え続けているにも関わ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る