Sustainable Japan QUICK ESG研究所

ESG(環境・社会・ガバナンス) 2016/05/14 辞書

 ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったもので、これら3つの観点を考慮した投資手法は「ESG投資」と呼ばれています。ESGと似た概念にSRI(社会的責任投資)という言葉がありますが、最近ではESG投資のほうがより使われる傾向にあります。

 ESG投資という言葉が専ら使われるようになった背景には、2010年頃からESG投資に対する金融機関の理解が大きく変わってきたということがあります。SRI(社会的責任投資)という言葉がよく使われていた時には、SRIとは何か通常の投資とは違う、強く社会や環境を意識した倫理的な投資手法だと受け止められていました。当時SRIには否定的な見方も多く、社会や環境を意識した投資は財務リターンが低く、有効な投資手法ではないと見られることが一般的でした。しかし、昨今、社会や環境を意識した投資は、同時に財務リターンも高く、また市場リスクが小さいという実証研究が大学研究者や金融機関実務者から発表されるようになりました。この新たな考え方は、企業経営においても「サステナビリティ」という概念が普及し、社会や環境を意識した経営戦略は、企業利益や企業価値向上に繋がると言われるようになった動きと対を成しています。

 ESG投資の流れを裏付ける大きな活動のひとつが国連責任投資原則(UNPRI)です。国連責任投資原則は、国連機関である国連環境計画(UNEP)と国連グローバル・コンパクト(UNGC)が推進いるイニシアチブで、ESG投資を推進していくことを誓う内容となっています。すでに世界1,500機関以上のファンドや運用会社などが署名しており、世界最大の年金基金である日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)も2015年9月に署名をしました。ESGはもはや特殊な投資手法という地位から、一般的な投資手法へと変貌を遂げようとしています。

 日本政府もESG投資を後押ししています。2014年2月に金融庁が発表した「日本版スチュワードシップ・コード」、2015年6月に金融庁と東京証券取引所が発表した「コーポレートガバナンス・コード」は、ともにESG投資の概念を推進する内容となっています。
 

参考サイト

【金融】世界と日本のSRI・ESG投資最前線
【金融】SRI/ESG投資インデックス一覧 〜MSCI, DJSI, FTSE4Good, モーニングスターの違い〜
【金融】ESG投資・SRIを推進するグローバル機関
【金融】ヘッジファンドとESG投資は両立可能?〜国連責任投資原則(UNPRI)での議論〜

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る