【日本】経産省と米エネルギー庁、二酸化炭素回収・利用・貯留(CCUS)分野で案件組成を促進

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は10月17日、米エネルギー省との間で「二酸化炭素回収・利用・貯留(CCUS)分野に係る協力文書(MOC)」に署名した。両者は同分野での共同研究、案件組成を推進していく。また、アジアの新興国を含む第三国におけるCCUS案件形成に向けて協力を進める。  二酸化炭素回収し貯留する技術は、大気中の二酸化炭素を固定化し地下に埋蔵してしまうというもの。大気中の二酸化炭素濃度の上昇は世界的な気候変動の原因と言われており、大気中の二酸化 [...]

» 続きを読む

【日本】積水ハウス、再生可能エネルギー100%「RE100」加盟。日本企業では2社目

Facebook Twitter Google+

 積水ハウスは10月20日、事業活動において使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目指す国際イニシアチブ「RE100」に加盟したと発表した。日本企業としては今年4月21日に加盟したリコーに続き2社目。積水ハウスの事業電力は、2016年度実績で120,533MWh。これを、2030年までに再生可能エネルギー割合50%、2040年までに100%を目指す。 【参考】【エネルギー】RE100と現在の加盟企業 〜再生可能エネルギー [...]

» 続きを読む

【スイス】ゴールド・スタンダード、オンライン上でカーボンクレジットの販売開始

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOゴールド・スタンダード財団は10月11日、公的機関や中小企業でもカーボンクレジットをオンラインで購入できるサービスを開始した。カーボン・オフセットへのアクセスを高めることで、気候変動緩和を推進していく。  オンライン・プラットフォーム上で販売されるカーボンクレジットは、カンボジア、中国、スーダン、エチオピア、ラオス、パナマ、ルワンダな等世界中から集まる。今後数ヶ月以内にさらに多くのクレジットが購入可能となる予定。プロジ [...]

» 続きを読む

【フランス】BNPパリバ、シェールオイル、シェールガス、オイルサンドへの融資を禁止

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手仏BNPパリバは10月11日、低炭素社会への移行を推進するため、シェールオイル、シェールガス、オイルサンドの採掘、輸送、生成、流通、小売、貿易を主業務とする企業に関連するビジネスへの融資を禁止すると発表した。同資源のパイプライン、LNGターミナルに関するプロジェクトへの融資も同様に禁止する。さらに、北極圏での石油ガス開発に関するプロジェクトへの融資も禁止する。  今回の決定の背景について同社は、パリ協定で国際合意に至った [...]

» 続きを読む

【フランス】ルノー、オランダの充電アプリベンチャーJedlixに25%出資。電気自動車戦略を強化

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手仏ルノーは10月10日、オランダの再生可能エネルギー大手Eneco Groupの立ち上げた電気自動車(EV)充電システム開発Jedlixの株式25%を取得すると発表した。Jedlixは、スマートフォン用EV充電管理アプリ「Jedlix #ichargesmart」を開発、提供しており、現在同APPはオランダの公共EV充電ステーション約1,000台や米テスラの家庭での充電で使用ができる。ルノーは、Jedlix出資の成果と [...]

» 続きを読む

【タイ】政府、トゥクトゥク全てを2025年までにEV化。EV生産の産業拠点化も計画

Facebook Twitter Google+

 タイ・エネルギー省は10月5日、タイの伝統的な輸送自動車「トゥクトゥク」について、国内で登録されている22,000台全てを2025年までに電気自動(EV)化すると発表した。トゥクトゥクは元々、ガソリンを燃料としていたが、2000年代後半から環境負荷の少ない液化天然ガス(LNG)や圧縮天然ガス(CNG)を燃料とするタイプが登場している。しかし今回、ガス型トゥクトゥクでも不十分として、全てEV化していく。  政府は同政策を進めるため、E [...]

» 続きを読む

【アメリカ】GM、2023年までに電気自動車20車種投入。将来全車種EV・FCVへの転換意向も表明

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手GMは10月2日、2023年までに電気自動車20車種を市場に投入する計画を明らかにした。その第一弾として、今後18か月以内にシボレー・ボルトEVの経験を活かした電気自動車2モデル発表する。GMは、「zero crashes, zero emissions and zero congestion(事故ゼロ、排出ゼロ、渋滞ゼロ」のビジョンを掲げており、将来全車種を電気化していきたいと表明した。  また、電気自動車(EV)に [...]

» 続きを読む

【イギリス】ブルームバーグ、新欧州本社社屋が英グリーンビルディング評価機関から過去最高の評価

Facebook Twitter Google+

 金融情報世界大手米ブルームバーグは10月2日、ロンドン市内に完成間近の新欧州本社社屋が、英国グリーンビルディング評価機関のBREEAMから設計面で過去最高の98.5%スコアを獲得し、最高位「Outsranding」を取得した。同社屋は今年10月24日に完成予定。広さ約12,950m2で、ロンドン中心部のイングランド銀行とセント・ポール寺院と間に位置する。  同社の世界中のオフィス33ヶ所はすでにBREEAMや米国グリーンビルディング [...]

» 続きを読む

【アメリカ】モルガン・スタンレー、2022年までに世界規模でカーボンニュートラル実現

Facebook Twitter Google+

 銀行世界大手米モルガン・スタンレーは9月20日、世界全体での事業運営を2022年までにカーボンニュートラルにする目標を掲げた。そのため2022年までに、二酸化炭素排出量を2002年比で20%削減するとともに、事業運営の再生可能エネルギー割合を100%にする。同社は同時に、再生可能エネルギー100%での事業運営を掲げる「RE100」にも加盟したと発表した。同社は世界42ヶ所にオフィスを有している。  同社は2006年から二酸化炭素排出 [...]

» 続きを読む

【フランス】エビアン、カーボンニュートラルを実現する新工場完成。リサイクル率も改善

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手仏ダノンのミネラルウォーター・ブランド「エビアン」は9月12日、生産工場の二酸化炭素純排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を実現するため、仏エヴィアン=レ=バン近郊のピュブリエに建設していた新工場が完成したと発表した。同工場は国際環境NGOカーボントラストから、カーボンニュートラルの認定を受けた。さらにエビアンは2020年までに同工場に追加投資を行い、世界で販売されている全てのエビアン商品を製造するため、品質、生産性、サス [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る