【日本】積水ハウス、集合住宅でもネット・ゼロ・エネルギーを実現。第1号物件分譲開始

Facebook Twitter Google+

 積水ハウスは11月8日、国内で初めて全住戸でエネルギー消費量がゼロとなる「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」基準を満たす高級分譲マンションの分譲を11月11日より開始すると発表した。物件は名古屋市千種区の「グランドメゾン覚王山菊坂町」。完成は2019年2月予定。  ZEHは、徹底した省エネと太陽光発電等でのエネルギー創出の双方により、一次エネルギーの収支をゼロにできる住宅のこと。一次エネルギーとは電力だけでなくガス等の熱エ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ウェルズ・ファーゴ、2017年の事業電力再エネ比率100%を達成の見込み

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米ウェルズ・ファーゴは11月8日、2017年の全世界の事業電力が全て再生可能エネルギーで調達できる見通しと発表した。同社は、2017年末までに全世界での事業電力を全て再生可能エネルギーにし、2020年までに再生可能エネルギー電力拡大に向けた電源開発等を進めすことを掲げていた。まず第一段階の目標は達成されたことになる。  ウェルズ・ファーゴは、本社、支店、データセンター合わせて合計8km2の不動産を所有している。今年の事業 [...]

» 続きを読む

【国際】ホテル業界団体ITP、気候変動対応レポート発表。2030年までに原単位66%削減

Facebook Twitter Google+

 英チャールズ皇太子が総裁を務める国際的慈善団体ビジネス・イン・ザ・コミュニティ(BITC)の推進イニシアチブの一つ、「International Tourism Partnership(ITP)」は11月2日、ホテル業の脱炭素アクションをまとめたレポート「Hotel Global Decarbonisation Report」を発表した。同レポート作成では、ホテル業界サステナビリティ・コンサルティングのシンガポールGreenvie [...]

» 続きを読む

【日本・アメリカ】日米首脳、戦略エネルギーパートナーシップで合意。石炭・原子力を推進

Facebook Twitter Google+

 安倍晋三首相と米ドナルド・トランプ大統領は11月6日、日米首脳会談の場で「日米戦略エネルギーパートナーシップ(JUSEP)」を、日米経済対話の枠組みの中で進めていくことで一致した。同パートナーシップは、「開かれた競争的なエネルギー市場は安定したエネルギー供給を確保するために不可欠であること」「貧困の撲滅・経済成長の促進・グローバルな安全保障の増進のためには、安価で信頼できるエネルギーへの普遍的なアクセスが必要であること」の2つを中核 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ホテル大手マリオット、サステナビリティ2025年目標を発表。SDGsも意識

Facebook Twitter Google+

 ホテル世界大手米マリオット・インターナショナルは11月1日、従業員、顧客、株主、環境、地域社会のニーズのバランスを取りながら事業運営を行う新たなサステナビリティ・ソーシャルインパクト・イニシアチブ「Serve 360」と、2025年目標を発表した。マリオット・インターナショナルは、世界125ヶ国・地域で30のホテル・ブランドを展開。同社ブランドのホテルは世界6,200に及ぶ。  Serve 360は、国連持続可能な開発目標(SDGs [...]

» 続きを読む

【シンガポール】政府、カーボンプライシング法案のパブコメ募集。大企業にCO2排出課税

Facebook Twitter Google+

 シンガポール環境水資源省は10月31日、同国にカーボンプライシング(炭素価格)制度を導入する法案の2回目のパブリックコメント募集を開始した。募集締切は12月8日。カーボンプライシング制度導入については今年年初に財務相が財政演説の中で言及。同法案は、カーボンプライシング制度に関する測定、報告、認定等のフレームワークを定めている。シンガポール政府は、パリ協定のもとで、2030年までにGDP当たりの二酸化炭素排出量を2005年比36%削減 [...]

» 続きを読む

【国際】S&Pダウ・ジョーンズ、主要株式インデックスのCO2等気候関連データを毎月開示

Facebook Twitter Google+

   金融指数世界大手S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは10月30日、同社の主要株式インデックスのカーボンフットプリント、カーボン効率、化石燃料埋蔵量の3つ気候変動関連データを毎月公表すると発表した。インデックス開発企業の中で、財務パフォーマンスとともに定期的に気候変動関連データを発表するのは同社が初。  S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが、気候変動関連データの開示を行う株式インデックスは、「S&P Global 1200」「 [...]

» 続きを読む

【アイスランド】二酸化炭素排出量がマイナスの地熱発電所、実験稼働開始。世界初

Facebook Twitter Google+

 スイス新興企業Climeworksと米国とアイスランドの研究者による共同プロジェクトCarbFixは10月12日、アイスランドのヘトリスヘイジ地熱発電所の二酸化炭素排出量がマイナスとなると発表した。地熱発電所の純二酸化炭素排出量がマイナスになるのは世界初。  アイスランドはホットプルームという特殊な地理的環境に位置し地熱発電が盛んな国。ヘトリスヘイジ地熱発電所も2006年に完成し、発電設備容量303MWと熱水生成設備容量133MWの [...]

» 続きを読む

【中国】北京環境取引所と欧州エネルギー取引所、中国の全国排出権取引制度発展で提携

Facebook Twitter Google+

 欧州エネルギー取引所(EEX)と北京環境取引所(CBEEX)は10月23日、戦略的パートナーシップを締結したと発表した。両社は中国の二酸化炭素排出権取引制度発展で協力する。  EEXはドイツ・ライプチヒに本社を置く電力先物取引所。ライプチヒエネルギー取引所とフランクフルトに本社を置く旧EEXが合併し誕生。2011年にドイツ取引所グループがEEX株式の約4分の3を買収し同社の傘下に入った。EEXは、EUの二酸化炭素排出権取引制度(EU [...]

» 続きを読む

【カナダ】ケベック州貯蓄投資公庫、全ポートフォリオに気候変動戦略を導入。今年からCO2開示も

Facebook Twitter Google+

 カナダ・ケベック州貯蓄投資公庫(CDPQ)は10月18日、気候変動投資戦略を発表した。気候変動対応を全てのポートフォリオに導入し、具体的な数値目標とアクションプランを設定していく。CDPQはカナダ第2位の年金基金。主に公務員年金基金、公務員共済基金、公的保険基金の資産を運用しており、運用資産総額は約2,860億カナダドル(約25兆円)。  同社の気候変動投資戦略はまず、気候変動リスクをその他の投資リスクと同様に扱い、気候変動リスクの [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る