【アイルランド】政府、2021年までに使い捨て飲料容器に課税すると表明。使い捨てプラ削減で行動変化促す

Facebook Twitter Google+

 アイルランドのリチャード・ブルトン通信・気候アクション・環境相は11月6日、使い捨て飲料容器に課税する通称「ラテ税」を2021年までに導入する考えを表明した。使い捨てプラスチックを削減するため、消費者の行動変化を促す狙い。  課税は、コーヒー容器毎に0.25ユーロ(約30円)を課す方向で調整している。課税そのものに意味があるというより、消費者に対し再利用可能なカップを持ち運ぶことが目的。すでにアイルランドのカフェでは、再利用可能なカ [...]

» 続きを読む

【日本】P&Gジャパン、海洋プラ再生素材25%含有の容器を用いた商品発表。世界最大規模55万本生産

Facebook Twitter Google+

 消費財大手P&Gジャパンは11月6日、海洋プラスチックごみを原料とした再生プラスチックを25%含む容器を活用した製品「JOY Ocean Plastic」を発表した。11月上旬より数量限定で販売するため55万個生産した。再生プラ活用容器の大規模活用は同社が消費財業界で日本初。海洋プラスチックを原料とした再生プラスチック生産でも世界最大規模の模様。  P&Gは、「製品ブランド」「サプライチェーン」「社会」「社員」の4つを軸とした203 [...]

» 続きを読む

private 【国際】エレン・マッカーサー財団とUNEP、海洋プラ対応イニシアチブ「Global Commitment」初年次報告書発行

Facebook Twitter Google+

 サーキュラーエコノミー推進の英エレン・マッカーサー財団と国連環境計画(UNEP)は10月23日、2018年10月に発足した企業・政府の海洋プラスチック対応イニシアチブ「New Plastics Economy Global Commitment」の初の年次報告書を発行した。 【参考】【国際】プラスチック対応の国際イニシアチブ「Global Commitment」初の報告書発表。日本企業の署名1社のみ(2019年3月17日)  現在同 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】コカ・コーラ、海洋プラ再生素材25%のペットボトル発表。2020年から投入の考え

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米コカ・コーラ・カンパニーは10月3日、海洋プラスチックごみを原料とした再生プラスチックを25%活用したペットボトルの試作品を発表した。生産したのは300個。海洋プラスチックごみを原料とする食品・飲料容器として世界初だという。コカ・コーラ・カンパニーは、2020年から市場に投入する考え。  今回の試作品は、Ioniqa Technologies、Indorama Ventures、Mares Circularesの3社と [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委、海洋ガバナンスに関する2019年版コミットメント発表。5.4億ユーロ拠出

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は10月24日、ノルウェーで開催されたOur Oceanカンファレンスで、海洋ガバナンスに関する2019年版コミットメントを発表した。同コミットメントの総予算は、約5億4,000万ユーロに相当。国連持続可能な開発目標(SDGs)の目標14「海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する」に基づくもの。EUは同カンファレンスが開始した2014年以来、77のコミットメントを実施し、すでに全体の約80%を達 [...]

» 続きを読む

【フランス】ロレアル、紙製の化粧品チューブを2020年から使用開始。認証紙活用。洗顔・ボディソープで

Facebook Twitter Google+

 化粧品世界大手仏ロレアルは10月17日、仏容器製造Albéaと協働で、同社初となる紙製化粧品チューブを開発したと発表した。プラスチック汚染問題に対応するため、2020年に活用を開始する予定。使用する紙繊維は、サステナビリティ認証紙を用いる。同社は2025年までに全製品のプラスチック容器を、詰替可能、リサイクル可能、堆肥化可能なものに切り替える。加えて、全容器・包装を2025年までに植物由来に切り替える。  同社は、プラスチック製から [...]

» 続きを読む

【国際】SCジョンソン、新興国5ヶ国での海洋プラ回収施設建設でPlastic Bankと提携。3万tリサイクル

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手米SCジョンソンは10月18日、カナダの海洋プラスチック・リサイクルPlastic Bankと3年間のパートナーシップを締結した。インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム、ブラジルの5カ国でリサイクル施設を建設する。同社は、すでにPlastic Bankからの再生プラスチック購入を始めていたが、リサイクル施設の建設にも乗り出す。 【参考】【アメリカ】SCジョンソン、100%海洋プラスチック再生容器を主力製品に投入。Pl [...]

» 続きを読む

【日本】パタゴニア、2020年4月1日から持ち帰り袋全廃。マイバッグ・リサイクル運動も開始

Facebook Twitter Google+

 パタゴニア日本支社は10月16日、直営店全22店舗での持ち帰り袋の提供を2020年4月1日から全廃すると発表した。海洋プラスチック問題への対策。紙袋の提供やマイバッグの販売もやめる。同社の購入カスタマーのうち、すでに83%がマイバッグを持参していることから、マイバッグ持参の徹底に振り切ることにした。  パタゴニアは、1989年の日本での第1号店目白ストアのオープン以来、「再生紙100%」の持ち帰り袋を使用。その後、オーガニックコット [...]

» 続きを読む

【アメリカ】モルガン・スタンレー、個人投資家のESG投資関心高まる。商品ラインナップには課題

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米モルガン・スタンレーは10月4日、米国個人投資家のESG投資への意識調査結果を発表した。同社は、ESG投資は投資パフォーマンスが高いというデータをこれまでも発表してきている。 【参考】【国際】ESG投資は投資パフォーマンスが高い。モルガン・スタンレーのファンド1万本分析結果(2019/8/10)  今回の調査でも依然、ESG投資はリターンを損なうと考えている層が64%もいるとしつつも、一方で「企業のESGアクションが企 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】HP、海洋プラスチックの再生素材を活用した世界初のPC発売。2020年には全モデルに

Facebook Twitter Google+

 製造業世界大手米HPは9月18日、海洋プラスチックごみを回収し、リサイクルした再生プラスチックを活用した世界初のノートPC「HP Elite Dragonfly」を発表した。同社は、カリブ海の島国ハイチでプラスチックごみの回収を実施しており、すでに450t以上の海上プラスチックごみをリサイクルしてきた。  今回発表した「HP Elite Dragonfly」は、内蔵スピーカーの50%が再生プラスチック(内5%は海上プラスチックごみだ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る