private 【ASEAN】ノルウェー政府、ベトナムで廃プラリサイクル活動支援。ASEANでは活動募集開始

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー外務省は6月8日、同日の「世界海洋デー」に合わせ、ノルウェー開発協力局(Norad)、国連開発計画(UNDP)、ベトナム海洋諸島局(VASI)、ベトナム天然資源・環境省等と協働し、プラスチック廃棄・汚染対策プロジェクトを展開すると発表した。  今回発表のプロジェクトは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アジア】海洋プラ削減推進NGO、アジアの廃プラ問題でUSAIDとパートナーシップ。企業47社加盟

Facebook Twitter Google+

 海洋プラスチック削減のためのNGO「Alliance to End Plastic Waste(AEPW)」は6月11日、急速な都市化が進むアジアでのプラスチック問題解決のため、米国際開発庁(USAID)とパートナーシップを締結したと発表した。  AEPWは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】英連邦、加盟54ヶ国にグリーンリカバリーと海洋保全を要請。世界の海洋デー

Facebook Twitter Google+

 英連邦事務局長は6月8日、同日の「世界海洋デー」に合わせ、英連邦加盟国54ヶ国の政府に対し、新型コロナウイルスでの経済復興で環境サステナビリティへの考慮と海洋保全を確保する概念を盛り込むよう要請した。英連邦として、グリーンリカバリー及び海洋保全を促した形。  英国は2018年、2030年までに30%以上の海域を海洋保護区(MSA)に指定することを目指す「30×30」を国際的に提唱。英連邦でも、海洋保全のイニシアチブ「Commonwe [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】コカ・コーラの財団、湿地再生で環境NGOに寄付。廃プラ回収・リサイクルも

Facebook Twitter Google+

 コカ・コーラ・オーストラリア財団(CCAF)は6月5日、豪環境NGOのEarthwatch Australiaとパートナーシップを締結し、オーストラリアのカーペンタリア湾での海洋汚染と湿地管理プログラムに60万豪ドル(約4,600万円)を寄付すると発表した。同財団は、2002年から寄付を開始し、過去の寄付総額は1,500万豪ドル(約11億円)超。  カーペンタリア湾下流は、二酸化炭素の吸収に重要な役割を果たすマングローブや塩湿地があ [...]

» 続きを読む

private 【インドネシア】コカ・コーラ・アマティルとDynapack Asia、ペットボトルリサイクル工場建設発表

Facebook Twitter Google+

 米コカ・コーラ・カンパニーのアジア大洋地域ボトラーのコカ・コーラ・アマティル(CCA)は5月20日、インドネシア容器製造Dynapack Asiaと合弁会社を設立し、インドネシアにペットボトルのリサイクル工場を建設すると発表した。同施設の経済的実現可能性、規模、立地、要件等の概念実証を行い、バリューチェーンへの統合を進める。  CCAは、 (さらに…)

» 続きを読む

【ASEAN】国連ESCAP、4都市で海洋プラスチック把握の新プロジェクト。日本政府も支援

Facebook Twitter Google+

 国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)は5月5日、日本政府と共同で、東南アジアの海洋プラスチック問題に対処するための新たなプロジェクト「Closing the Loop」を発足。ASEAN4都市がプロジェクトに参加する。  今回のプロジェクトは、テクノロジーを活用し、海洋プラスチックの観察、分析、報告をするプロジェクト。リモートセンシング技術。人工衛星、クラウドソース型データ・アプリケーション等を活用する。サーキュラーエコノミ [...]

» 続きを読む

private 【中国】大学研究所、PET分解可能なクロストリジウム・サーモセラム菌株生成。プラ・木質双方分解

Facebook Twitter Google+

 中国科学院の青島生物エネルギー・バイオプロセス技術研究所(QIBEBT)は4月28日、遺伝子操作により、ポリエチレンテレフタレート(PET)を分解する嫌気性好熱性細菌クロストリジウム・サーモセラム菌株の人工生成に成功したと発表した。学術誌Microbial Biotechnologyに論文を掲載した。  クロストリジウム・サーモセラムは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】プリマス海洋研究所、人工衛星からの海洋プラスチック自動検出実証に成功。精度86%

Facebook Twitter Google+

 英プリマス海洋研究所は4月23日、欧州宇宙機関(ESA)の人工衛星センチネル2からの画像データを分析し、海洋に浮遊するプラスチックごみを検知する手法の実証に初めて成功したと発表した。実証実験はカナダ、英スコットランド、ガーナ、ベトナムで実施。同アプローチでは、5mm以上のマクロプラスチック凝集体と、海藻、流木、海泡等の自然発生した浮遊物体を区別でき、精度は平均86%。  今回の実証実験は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】BASFとSecurity Matters、プラスチックのサーキュラーエコノミー化で共同開発。ブロックチェーン活用

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFは4月20日、プラスチックのサーキュラー・エコノミー化とトレーサービリティ向上のため、ブロックチェーン技術活用の物質トレーサビリティ開発ベンチャーSecurity Mattersと共同開発することで合意したと発表した。  Security Mattersは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】HP、海洋プラスチック再生素材でULから認証取得。高い環境・社会インパクト認められる

Facebook Twitter Google+

 電気電子世界大手米HPは4月16日、海洋プラスチックごみをリサイクルして生産したプラスチック素材5種類で、評価・認証機関世界大手ULより「UL2809」認証を獲得したと発表した。同認証を取得した企業はHPが世界初という。  UL2809認証は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る