private 【EU】欧州委員会、責任ある食品ビジネスとマーケティング慣行に関する行動規範制定。食品企業41社署名

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は7月5日、EUの農業・食料政策の柱となっている「Farm to Fork」戦略で、業界行動規範「EU責任ある食品ビジネスとマーケティング慣行に関する行動規範」を正式に策定したと発表した。同行動規範は、食品生産、食品サービス、小売等の協働で、健康的で持続可能な食品選択を容易することを目的に策定された。  同行動規範は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】NGO、環境・人権デューデリジェンス規則から天然ゴム対象除外案を批判。欧州委に翻意要請

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGO15団体は7月1日、現在EUで制定作業中の環境・人権デューデリジェンス規則から天然ゴムを除外する求めた欧州タイヤ・ゴム製造者協会(ETRMA)の動きを批判し、欧州委員会に対し、天然ゴムを同規則の対象に含めるよう求める声明を発表した。  今回の共同声明に参加したNGOは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】使い捨てプラスチック指令、7月3日から全加盟国で適用開始。飲料容器や生理用品でもラベル義務

Facebook Twitter Google+

 EUで、海洋プラスチック問題の原因となっている10大・使い捨てプラスチックの使用を禁止する「使い捨てプラスチック指令」が、7月3日から適用された。同EU指令は2019年に成立し、同7月2日に施行。各加盟国は2021年7月3日まで国内法を整備し、国内適用することが義務付けられていた。 【参考】【EU】EU理事会、2021年から使い捨てプラ使用禁止のEU法案可決。同EU指令が成立(2019年5月23日) 【参考】【EU】欧州議会、プラス [...]

» 続きを読む

【ヨーロッパ】新車の1キロ当たりCO2排出量、2020年に12%減少。EVシェアが3倍に増加

Facebook Twitter Google+

 EUの欧州環境庁(EEA)は6月29日、EU、英国、アイスランド、ノルウェーで2020年に新車登録された乗用車の平均二酸化炭素排出量の暫定データを発表。1km当たり排出量が2019年122.3gから、107.8gへと12%減少し、2016年以来初めて減少に転じた。背景には電気自動車(EV)の増加がある。  EEAは、EU規則に基づき、欧州で新車登録された乗用車とバンに関するデータを収集し、定期的に利用できるようにしている。データは、 [...]

» 続きを読む

private 【EU】欧州保険・年金監督機構、ストレステストの評価手法でペーパー発表。気候変動ストレステストも

Facebook Twitter Google+

 EUの欧州保険・年金監督機構(EIOPA)は6月22日、欧州企業年金基金(IORP)に対するストレステストで新たな評価フレームワークに関するディスカッション・ペーパーを公表した。9月22日までパブリックコメントを募集する。  EUでは (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、消費者向けIoTセクターの競争法上の懸念を発表。音声アシスタント市場に着目

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は6月9日、欧州連合の消費者向けの「モノのインターネット(IoT)」関連製品及びサービスの市場に関し、競争法上の問題を分析した調査の予備結果を発表。消費者向けIoT市場が急速に成長していることを確認するとともに、潜在的な懸念を特定した。 消費者向けIoTセクターの調査は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州議会、深海底資源開発の停止を欧州委員会に要求。欧州委員会の生物多様性戦略に呼応

Facebook Twitter Google+

 EUの欧州議会は6月9日、欧州委員会とEU加盟国に対し、海洋の生物多様性の喪失や、海洋生態系の劣化がないことを保証できるまで、深海底での資源採掘を停止(モラトリアム)することを求める決議を、賛成515、反対90、棄権86の賛成多数で採択した。欧州では生物多様性の観点から、深海底での資源採掘に「NO」を突きつける動きが広がっている。  深海底とは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州銀行監督局、AT1債でのリンクボンド発行に懸念表明。早期償還インセンティブの性格

Facebook Twitter Google+

 EUの欧州銀行監督局(EBA)は6月24日、金融機関等が発行するAT1債(Additional Tier 1債)について、サステナビリティ・リンク・ボンドでの発行は適切でないとの見解を示した。TLAC(総損失吸収力)の観点から、早期償還につながる可能性がある性質を問題視した。  今回の見解表明は、 (さらに…)

» 続きを読む

【EU】欧州委、復興債発行で投資銀行10社を引受から除外。過去の競争法違反理由

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は6月15日、8,000億ユーロ(約107兆円)のEUの新型コロナウイルス・パンデミック復興予算「Next Generation EU(NGEU)」での債券を発行したが、過去の競争法違反を理由に、大手10社を引受から外した。  除外された投資銀行は、JPモルガン・チェース、シティグループ、バンク・オブ・アメリカ、バークレイズ、ナティクシス、野村ホールディングス、ナットウエスト、ウニクレディト、ドイツ銀行、クレディ・アグリコ [...]

» 続きを読む

private 【EU】SFDRでのサステナブルファンド割合を増やすにはEUタクソノミーの追加検討必要。業界団体調査

Facebook Twitter Google+

 欧州の業界団体は6月1日、投資パフォーマンスの高いESG投資を実現していくためには、現在のEUサステナブルファイナンス開示規則(SFDR)の対象テーマ領域が狭すぎるため、サステナビリティに関連する他の領域もEUタクソノミーの対象に加えていく必要がるとの分析レポートを発表した。  今回のレポートを発表したのは、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る