private 【EU】12ヶ国大臣・37大企業CEO「グリーンリカバリー」発足。新型コロナ経済対策で気候変動重視

Facebook Twitter Google+

 EU加盟国12ヶ国の大臣とグローバル企業39社CEOは4月14日、新型コロナウイルス・パンデミックでの経済対策で気候変動を重視することを要求する協働イニシアチブ「グリーンリカバリー(Greenrecovery)」を発足したと発表した。欧州議会議員79人、業界団体の代表28人、NGOの代表7人、シンクタンクの代表6人も発足に参加。政官財のリーダーたちが結集し、経済支援策を通じてさらに気候変動ファイナンスを加速させる意思を示した。  今 [...]

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、新型コロナでサステナブルファイナンス・アクションプラン加速化。機関投資家も賛同

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は4月8日、2018年3月に策定した「サステナブルファイナンス・アクションプラン」をさらに強化するを発表した。欧州委員会は、新型コロナウイルス・パンデミックにより、サステナビリティや社会のレジリエンス(強靭性)の必要性はますます高まったと判断。2019年12月に打ち出した「欧州グリーンディール政策」と合わせ、気候変動の緩和と適応に向けたファイナンスをさらに加速させに行く。  今回EUが発表したのは、 (さらに&hellip [...]

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、新型コロナで英国の企業助成政策を承認。4月3日に助成規制緩和

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は4月6日、新型コロナウイルス・パンデミック政策対策で、英国政府が申請した企業支援の国家補助(助成)政策を承認したと発表した。これにより、英国は総額500億ポンド(約6兆7,400億万円)の企業支援が実施可能となった。欧州委員会が新型コロナウイルス関連で英国の国家補助政策を承認したのは3度目。3月19日にEUの国家補助規制が緩和されて以降、加盟国による国家補助の申請が相次いでいる。  EUでは、加盟国間の企業競争を平等にす [...]

» 続きを読む

private 【EU】財相会議、新型コロナで64兆円の緊急経済支援策で合意。加盟国政府への融資拡大

Facebook Twitter Google+

 EU加盟国財相は4月9日、緊急のオンライン会談を実施。新型コロナウイルス・パンデミックに対応するため、総額5,400億ユーロ(約64兆円)の緊急経済支援策で合意した。  内訳は、まず、中小企業向けローンが2,000億ユーロ。欧州投資銀行(EIB)が今後、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ヨーロッパ】ECBと英銀、新型コロナで市中銀行への優遇融資と資産買入プログラム増額を発表

Facebook Twitter Google+

 欧州中央銀行(ECB)理事会は4月7日、新型コロナウイルス・パンデミック不況に対処するための金融政策として、金融機関に対する中央銀行からの借入れ基準や規制基準を緩和した。発表された金融政策は3つの柱で構成する。  まず、ECBの長期資金供給オペ(LTRO)において、市中銀行が国債等を担保とし、 (さらに…)

» 続きを読む

【EU】欧州司法裁、2015年の難民受入を拒んだ東欧3カ国をEU法違反と認定。欧州委が提訴

Facebook Twitter Google+

 欧州司法裁判所(EJC)は4月2日、ポーランド、ハンガリー、チェコの3カ国に対し、2015年の中東難民危機で難民の受け入れを拒否したことはEU法に違反するという判決を下した。欧州委員会が2017年に提訴していた。今回の判決を受け、3カ国は迅速に義務を履行することが求められ、実施しない場合は制裁金を課されることもある。  今回の裁判は、2015年に中東難民がギリシャやイタリアに押し寄せた際、EU閣僚理事会で「難民申請者12万人をギリシ [...]

» 続きを読む

private 【EU】ESMA、新型コロナで市場リスクアセスメント最新結果発表。マクロ・プルーデンス重要性高まる

Facebook Twitter Google+

 EUの欧州証券市場監督局(ESMA)は4月2日、新型コロナウイルス・パンデミックの影響を受け、マクロプローデンス政策の一環として実施している市場Eリスクアセスメントの最新状況を発表した。  現時点でリスクが最も高い「赤」に位置づけられているのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、サーキュラーエコノミー・アクションプラン発表。2021年までに各分野の法制化検討

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は3月11日、欧州議会、EU理事会、EU経済社会評議会、EU地域委員会の4者に対し、新たな「サーキュラーエコノミー・アクションプラン」を発表した。気候変動、生物多様性喪失、水ストレスを抑えるために省資源を徹底することが目的。今後、発表した各分野についての法整備を進めるため、立法府である欧州議会及びEU理事会との協議を開始する。  今回の発表したサーキュラーエコノミー・アクションプランは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】TEG、EUタクソノミー最終報告書発表。企業と機関投資家に開示義務。原発除外、CCS厳格基準も

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会のサステナブルファイナンスに関するテクニカル専門家グループ(TEG)は3月9日、EUタクソノミーの最終報告書と、EUグリーンボンド基準ユーザビリティ・ガイドを発表した。EUタクソノミーとEUグリーンボンド基準は、EUサステナブルファイナンス・アクションプランの4つの柱のうちの2つ。  EUタクソノミーは、EUの公式目標である2050年二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)のために必要な投資分野にフラグを立てる試 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る