private 【国際】ディアジオ、責任ある飲酒慣行の推進でUNITARと協働。飲酒危険啓発レクチャー共同開発

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手英ディアジオは5月14日、責任ある飲酒慣行の推進のため、国連訓練調査研究所(UNITAR)と協働し、飲酒運転防止のための体験型レクチャー「WRONG SIDE OF THE ROAD」を開始した。英国では5月、北米、ケニア、南アフリカ、インドでは12ヵ月以内に展開する。  ディアジオは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】GSKCH、2025年までに歯磨き粉チューブを100%リサイクルに転換。欧州2社と協働

Facebook Twitter Google+

 製薬大手英グラクソ・スミスクライン(GSK)の消費者向け医薬品子会社グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア(GSKCH)は5月13日、歯磨き粉チューブの密閉用ラミネートのリサイクルで、仏容器製造Albéaおよび印容器製造EPL Global(旧Essel Propack)と協働すると発表した。GSKCHの歯磨き粉ブランド「Sensodyne(日本ではシュミテクト)」「parodontax」「アクアフレッシュ」で、202 [...]

» 続きを読む

【日本】トヨタ、2030年のEV・FCV販売目標を倍増。電動車全体で800万台

Facebook Twitter Google+

 トヨタ自動車の長田准執行役員は5月12日、決算説明会の中で、2030年の電気自動車(EV)と燃料電池自動車(FCV)販売台数目標を発表。これまで100万としていた目標を200万台に倍増した。2020年販売実績200万台の電動車全体でも、2030年目標を従来の550万台から800万台へと引き上げた。但し、同社としては、ハイブリッド車(HV)とプラグインハイブリッド(PHV)を含めた「電動車」全体を追求し、電動車内での販売比率にはこだわ [...]

» 続きを読む

【イギリス】テレビ局Sky、スコープ3含むCO2排出量をオフセットなしで50%削減。SBTi承認

Facebook Twitter Google+

 ケーブルテレビ大手米コムキャストのケーブルテレビ子会社英Skyは5月13日、2030年までにスコーム3を含むバリューチェーン全体で、二酸化炭素排出絶対量を2018年比50%削減する目標を発表。科学的根拠に基づく削減目標イニシアチブ(SBTi)の承認も得た。  同社は2006年、スコープ1とスコープ2での二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)をメディア業界として世界で初めて達成。2月には、2030年までにスコープ3含むカー [...]

» 続きを読む

private 【国際】CDP、金融機関の気候変動リスク対策状況分析。投融資ポートフォリオでの削減不可欠

Facebook Twitter Google+

 国際的な気候変動情報開示推進NGOのCDPは4月28日、CDPの2020年度回答について、金融機関の回答内容を分析したレポートを初めて発行した。分析の結果、金融機関は自社事業での排出量より、投融資カーボンフットプリントの量が700倍も大きく、金融機関にとって投融資カーボンフットプリントの削減が不可欠であるということを強く伝えた。  今回のレポートでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】国際貿易センター、持続可能な海外投資促進でガイダンス発行。中小企業への恩恵を重視

Facebook Twitter Google+

 世界貿易機関(WTO)と国連貿易開発会議(UNCTAD)が運営する政府間貿易機関の国際貿易センター(ITC)は4月19日、主に発展途上国政府向けに、中小企業の振興を後押しする通商政策の在り方を示したガイダンス「開発のための投資促進」を発行した。海外直接投資(FDI)は、新型コロナウイルス・パンデミックの影響を受け、2020年に前年比42%の減少を記録。発展途上国政府が、適切な通商政策を打ち出せるようエッセンスをまとめた。  今回のガ [...]

» 続きを読む

【国際】機関投資家5団体、国債の気候変動評価フレームワーク策定開始。2020年末までに完成

Facebook Twitter Google+

 機関投資家の主要団体は5月14日、各国の国債の気候変動リスク・機会へのパフォーマンスを分析するプロジェクトを合同で開始すると発表した。同プロジェクトへ参加したい機関投資家の募集も同時に開始した。国債を対象とした分析を進めることで、機関投資家が各国政府の評価を行う形となる。  今回のプロジェクトの発起人は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】ちとせグループ、藻類で企業連携プロジェクトMATSURI発足。大手企業や自治体が20機関加盟

Facebook Twitter Google+

 バイオベンチャーのちとせグループは5月13日、藻類を活用した二酸化炭素排出量削減で、企業連携プロジェクト「MATSURI(まつり)」を4月に発足したと発表した。大手企業や地方自治体合計20機関が加盟した。藻類は、「ブルーカーボン」と呼ばれ、二酸化炭素排出量削減の大きな突破口として期待されている分野。ちとせグループの本社は、シンガポールにあるちとせバイオエボリューション。  今回のプロジェクトに加盟したのは、 (さらに… [...]

» 続きを読む

private 【中国】グリーンピース、IT大手の気候変動緩和ランキング2021年度発表。首位テンセント

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOグリーンピースの東アジア支部グリーンピース・イーストアジアは4月21日、中国のIT大手の気候変動緩和ランキングの2021年結果を発表した。同ランキング発表は今年で2年目。今年はクラウドサービス部門でテンセントが首位だった。  同ランキングの評価手法は、 (さらに…)

» 続きを読む

【ヨーロッパ】小売大手、生理用品の無償配布開始。Period Poverty問題への対策

Facebook Twitter Google+

 英小売大手Lidlは5月3日、アイルランド国内で、アイルランドNGOのHomeless Period Irelandと協働し、生理用品の無料配布を開始した。新型コロナウイルス・パンデミックによる経済影響で、生理用品を購入できない女性が増えていることよる措置。全国規模での無料配布は同社が初。経済的な理由で生理用品が購入できない人々が増加している問題は最近、「Period Poverty」と呼ばれている。  Lidlの措置は、低所得者が [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る