【シンガポール】オーラム・インターナショナル、ポジティブ・インパクト事業方針OLLPを策定

Facebook Twitter Google+

 シンガポール食品大手オーラム・インターナショナルは4月6日、環境やコミュニティにポジティブなインパクトをもたらすための新たな事業方針「Olam Living Landscapes Policy(OLLP)」を発表した。今回新たに企業目標として「Re-imagine Global Agriculture while Growing Responsibly(持続可能な成長を志向しながら世界の農業を再定義する)」を掲げ、農家や地域社会の発 [...]

» 続きを読む

【シンガポール】食品オーラム・インターナショナル、ESG指標連動型融資5億米ドル締結

Facebook Twitter Google+

 シンガポール食品大手オーラム・インターナショナルは3月26日、銀行団との間で、ESG指標の目標達成に応じて金利が下がるコミットメントライン融資(リボルビング・クレジット・ファシリティ)契約を締結したと発表した。融資額は5億米ドル。Olam Treasuryが共同借用者となる。ESG指標に融資条件が連動するリボルビング・クレジット・ファシリティ契約では、蘭INGグループがシンガポールのパーム油大手ウィルマー・インターナショナルに対して [...]

» 続きを読む

【シンガポール】国際環境NGO14団体、シンガポール大手3銀行に公開書簡。石炭火力発電への投融資停止要求

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGO14団体は2月7日、シンガポール銀行大手3社に対し、石炭火力発電への投融資停止を求める共同公開書簡を送った。対象となったのは、DBS、華僑銀行(OCBC)、大華銀行(UOB)。パリ協定のもとで気候変動緩和に向けたアクションを起こすよう求めた。  共同書簡を送ったのは、グリーンピース東南アジア(インドネシア)、Friends of the Earth(FoE)オーストラリア、Friends of the Earth(Fo [...]

» 続きを読む

【シンガポール】再エネ認証基準イニシアチブGreen-e、シンガポール市場向け認証基準発行

Facebook Twitter Google+

 再生可能エネルギー小売市場推進の米NGOのCenter for Resource Solution(CRS)は11月29日、シンガポール市場向けの再生可能エネルギー認証基準「Green-e Renewable Energy Standard for Singapore」を新たに発行した。Green-eとはCRSが提供する再生可能エネルギー認証基準。再生可能エネルギー由来電力の売買や二酸化炭素排出量算出で活用することを目的に作られてい [...]

» 続きを読む

【シンガポール】政府、カーボンプライシング法案のパブコメ募集。大企業にCO2排出課税

Facebook Twitter Google+

 シンガポール環境水資源省は10月31日、同国にカーボンプライシング(炭素価格)制度を導入する法案の2回目のパブリックコメント募集を開始した。募集締切は12月8日。カーボンプライシング制度導入については今年年初に財務相が財政演説の中で言及。同法案は、カーボンプライシング制度に関する測定、報告、認定等のフレームワークを定めている。シンガポール政府は、パリ協定のもとで、2030年までにGDP当たりの二酸化炭素排出量を2005年比36%削減 [...]

» 続きを読む

【シンガポール】テオ副首相、同国の太陽光発電割合を2025年までに25%に引き上げ可能

Facebook Twitter Google+

 シンガポールのテオ・チーヒン副首相は10月23日、同国の電力消費量に占める太陽光発電の割合を2025%までに25%にまで引き上げることは可能と発言した。現在のシンガポールの年間電力需要を賄うために必要な設備容量は約8GW。テオ首相は、同国には補助金等なしで太陽光発電設備容量を2025年前に2GWまで増やすポテンシャルがあると話した。  国土が小さく水力発電や風力発電が困難なシンガポールは、現在電力の95%以上を天然ガス火力発電で賄っ [...]

» 続きを読む

【シンガポール】DBS銀行、デジタル分野の従業員育成のため2000万SGドルを投資

Facebook Twitter Google+

 シンガポール銀行大手DBSは8月21日、今後5年間でシンガポール国内の従業員1万人に対するデジタルスキル向上プログラムに2,000万SGドル(約16億円)を投じると発表した。フィンテック等の普及により銀行業務が高度にIT化する中、従業員のスキル開発を進め、競争力を強化する。シンガポールは、政府主導で、社会全体のデジタル化を進める「Smart Nation」構想が展開されており、今回発表のDBSの取組も、シンガポール財務省が進める「ス [...]

» 続きを読む

【シンガポール】飲料メーカー各社、糖尿病対策のためカロリーオフ商品を相次ぎ上市

Facebook Twitter Google+

 シンガポールの各飲料メーカーは近年、蔓延する糖尿病対策のため、飲料の砂糖含有量を減らす取組を開始している。シンガポール紙StraitTimesが報じた。  シンガポール飲料大手ヨー・ヒャップセン(Yeo’s)の主力商品「菊花茶」は、40%カロリーオフ商品の販売を開始。また、コカ・コーラ・グループのHeaven and Earthは、砂糖入りジャスミン緑茶と並行して、砂糖なしの綾鷹緑茶の販売を開始した。F&Nも、ホームページで全商品の [...]

» 続きを読む

【シンガポール】政府、次世代エネルギーシステム構築「グリッド2.0計画」を発表。R&D強化

Facebook Twitter Google+

 シンガポール政府の内閣直下に設置されているR&D政策諮問機関「研究・イノベーション・企業会議(RIEC)」は7月21日、開催された第10回会合の中で、新たなエネルギーシステムの構築計画「グリッド2.0計画」を発表し、同分野に研究開発予算を多く割当てていくことを発表した。計画の中には、まだ世界で実現していない新たな技術分野が多く盛り込まれており、野心的な分野のR&Dに注目が集まっている。  対象となる研究開発予算は、シンガポール政府が [...]

» 続きを読む

【シンガポール】政府水道局、サウジアラビアやオーストラリア水道事業者と提携

Facebook Twitter Google+

 シンガポール国立水道局(National Water Agency)は7月18日、サウジアラビアと豪西オーストラリア州の水道事業者とそれぞれ覚書(MOU)を締結した。水道システムに関する知見の供給、水供給の能力開発、研究開発や技術開発を協働で行う。両機関間での従業員交流も進める。  覚書を締結したのは、サウジアラビアの国営水道企業Saline Water Conversion Corporation(SWCC)と西オーストラリア州の [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る