private 【アメリカ】ミズーリ州農協、リジェネラティブ農業転換で初年度4.4億円支給。クレジット創出目指す

Facebook Twitter Google+

 米ミズーリ州の農業協同組合Land O'Lakesは、2021年2月に開始したリジェネラティブ農業への参画で、傘下農家に合計400万米ドル(約4.4億円)以上の現金が支払われたことを明らかにした。米国ではリジェネラティブ農業クレジットによるオフセットも活発化してきている。  Land O'Lakesは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ラルフローレン、綿花のリジェネラティブ農業支援で5.5億円拠出。NGOと連携

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手米ラルフローレンの財団「ラルフローレン企業財団」と、米NGOソイル・ヘルス・インスティテュートは10月26日、米国リジェネラティブ・コットン基金(USRCF)を設立したと発表した。ラルフローレン企業財団が500万米ドル(約5.7億円)を寄付し、ソイル・ヘルス・インスティテュートが運営する。  同基金は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】テスコ、生鮮食品生産者への環境認証取得義務化。英国内2022年、英国外2025年

Facebook Twitter Google+

 英小売大手テスコは9月30日、サプライチェーン上の生鮮食品生産者1.4万人に対し、環境認証の取得を義務化すると発表した。持続可能な農業推進Linking Environment and Farming(LEAF)の環境認証「LEAF Marque」の取得を求める。  同社はまず、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ブルーボトルコーヒー、2024年カーボンニュートラル目標を発表。リジェネラティブ農業も強化

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレ傘下の米コーヒー製造販売ブルーボトルコーヒーは9月21日、2024年までにスコープ3含むバリューチェーン全体でのカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を達成すると発表した。2022年には、2024年までのロードマップを公開予定。  同社はまず、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ネスレ、リジェネラティブ農業促進に1400億投資。低炭素認証のラベル表示も

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは9月16日、農家50万世帯とサプライヤー15万社でのリジェネラティブ農業の促進に向け、今後5年間、12億スイスフラン(約1,420億円)を投じると発表した。加えて同社は、社会・経済変革のためのプログラムを発足した。  農業は同社の二酸化炭素排出量の約3分の2を占め、そのうち酪農と家畜での排出量が約半分。12カ国の酪農30世帯と協働し、リジェネラティブ農業の実証を開始する他、大豆農家とも協働し、代替乳製品に [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】カーギル、リジェネラティブ農業転換支援で農家に追加報酬支払い。炭素固定量に応じて

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米カーギルは9月16日、2030年までにリジェネラティブ農業の面積を約40,500km2に引き上げる目標を達成するため、炭素回収量に応じて調達価格を引き上げるプログラム「Cargill RegenConnect」を発表した。農家に経済的インセンティブを付けることで、リジェネラティブ農業への転換を促す。 【参考】【北米】カーギル、リジェネラティブ農業面積を2030年までに4万km2以上に。生産農家の転換支援(2020年9月 [...]

» 続きを読む

private 【国際】ペプシコ、pep+戦略発表。リジェネラティブ農業、水資源、DE&I、栄養改善等で強いコミット

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米ペプシコは9月15日、同社のサステナビリティ戦略「pep+(pep Positive)」と、それに伴う2030年の目標を発表した。同戦略は「持続可能な農業」「バリューチェーンのサステナビリティ」「栄養」の3つの柱で構成されている。  まず原材料生産の農業では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ブラウン・フォーマン、2045年までの環境ロードマップ発表。リジェネラティブ農業も

Facebook Twitter Google+

 米飲料大手ブラウン・フォーマンは9月14日、環境フットプリント削減とポジティブインパクト創出に向けた2045年までのロードマップを発表した。自社の事業活動だけでなく、サプライチェーンまでを対象とし、サステナビリティ目標を設定。「気候変動」「水スチュワードシップ」「サーキュラーエコノミー」「サプライチェーン」の4分野に注力する。  気候変動では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】鶏肉大手ピルグリム、2030年サステナビリティ目標設定。リジェネラティブ農業R&D投資も

Facebook Twitter Google+

 米鶏肉加工大手ピルグリムは6月30日、2030年までの新たなサステナビリティ目標を発表した。同社は、ブラジル食肉大手JBSの米国法人JBS USAが株式の約8割を保有している。JBSは2040年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を掲げている。  プリグリムが今回発表した目標は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る