【アメリカ】テスラ、家庭用太陽光発電事業を大きく縮小。投資家からの利益創出プレッシャーか

Facebook Twitter Google+

 米電気自動車大手テスラは6月中頃、同社の家庭用太陽光発電子会社SolarCityで従業員の9%を解雇した。英紙ロイターが6月22日報じた。同時に、太陽光発電設置事業所も約12ヶ所閉鎖する予定。SolarCityは、テスラ創業者のイーロン・マスクの従兄弟が2006年に創業した企業で、経営難に陥った後2016年にテスラが26億米ドルかけて子会社化した。  今回、事業所が閉鎖される予定なのは、カリフォルニア州、メリーランド州、ニュージャー [...]

» 続きを読む

private 【国際】2050年までに太陽光・風力で世界電力の50%を発電。BNEF2018年レポート

Facebook Twitter Google+

 英エネルギーデータ大手ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)は6月19日、2050年までの各国の電力供給を予測したレポート「New Energy Outlook 2018」を発表した。2050年までに太陽光発電と風力発電で世界の電力の50%を供給していると分析した。  今回のレポートは、太陽光発電や陸上・洋上風力発電の技術発展、電気自動車(EV)の普及等の変化を織り込み、2050年までの長期予測を行った。また、世 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】カリフォルニア州、新築住宅に太陽光発電パネルの設置義務化を決定。全米初

Facebook Twitter Google+

 カリフォルニア州エネルギー委員会は5月9日、気候変動対策の一環として、2020年1月1日以降に同州で建築される単世帯住宅および3階建までの複数世帯住宅に太陽光発電システムの設置を義務付けることを決定した。同措置は全米初。カリフォルニア州エネルギー委員会は、同州政府自然資源庁(CNRA)に設置された委員会で、エネルギー政策を所管。今回の措置は同委員会の全会一致で可決された。  同州は、1970年代に住宅に新たな省エネ基準を設定し、以後 [...]

» 続きを読む

【インド】ソフトバンクと中国GCLグループ、合弁設立。太陽光発電建設に約990億円投資

Facebook Twitter Google+

 ソフトバンクグループの「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」と中国エネルギー大手GOLDEN CONCORD Group(GCL)子会社のGCL System Integration Technology(協鑫集成科技)は3月29日、インドでの太陽光発電所建設のための合弁企業をインドのアンドラ・プラデシュ州に設立する覚書を交わしたと発表した。合弁企業の出資比率は、ソフトバンク・ビジョン・ファンドを運営するSoftbank Invest [...]

» 続きを読む

【サウジアラビア】ソフトバンクと同国政府、200GWの太陽光発電発表。約21兆円投資

Facebook Twitter Google+

 ソフトバンクグループは3月27日、サウジアラビアに合計200GWの太陽光発電所を建設するため、同国政府との間で2,000億米ドル(約21兆円)を投資する覚書を交わしたと発表した。ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長とサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が、滞在先の米ニューヨークで記者会見し明らかにした。太陽光発電建設への投資計画としては世界最大となる。  資金は、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長とサウジアラビア [...]

» 続きを読む

【アフリカ】アフリカ開発銀行、2020年までに2930万人に電力届ける計画発表。太陽光発電主体

Facebook Twitter Google+

 アフリカ開発銀行(AfDB)は1月29日、モーリタニアからエリトリアまでのサヘル地域(サハラ南縁諸国)で2020年までに新たに2,930万人が電力アクセスできるようにすると発表した。アキンウミ・アデシナ総裁が、エチオピアで開催された国連アフリカ経済委員会会合で話した。アフリカ開発銀行は、「電力アクセス」「飢餓」「工業化」「経済圏統合」「生活の質改善」の5つを「High 5」と呼び、重点領域に定めている。  電力アクセスで政策の要とな [...]

» 続きを読む

【中国】内陸湖沼での浮体式メガソーラー導入進む。2018年5月には150MW発電所完成

Facebook Twitter Google+

 中国で浮体式メガソーラー(大型太陽光発電所)の建設が進んでいる。陽光電源(Sungrow Power Supply)は2017年4月15日、石炭鉱山の跡地に世界最大級40MWの浮体式メガソーラーを安徽省に完成。2017年12月にはそれを大幅に上回る150MWの浮体式メガソーラーの安徽省での建設を中国長江三峡グループ(China Three Gorges)が発表した。  陽光電源の浮体式メガソーラーは、石炭鉱山跡地が爆発解体された後に [...]

» 続きを読む

【アメリカ】政府、洗濯機と太陽光発電モジュールに通商法201条に基づくセーフガード発動

Facebook Twitter Google+

 米トランプ大統領は1月22日、洗濯機と太陽光発電モジュールに対し、米通商法201条に基づくセーフガード(緊急関税制度)発動を決定した。国内製造業を保護するため、米国に輸入される洗濯機には最大50%、太陽光発電モジュールには最大30%の追加関税をかける。この動きは、トランプ大統領の、環太平洋パートナーシップ(TPP)離脱、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉に続き、トランプ政権として貿易上の重要な転換点となる。トランプ氏は、就任以来、 [...]

» 続きを読む

【イギリス】BP、太陽光発電欧州最大手Lightsourceに43%出資。再エネ事業を増強

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手英BPは12月15日、太陽光発電開発欧州最大手Lightsourceの株式43%を2億米ドル(約230億円)で買収すると発表した。BPは2018年初頭に予定の契約締結後に5,000万米ドルに支払、残りは3年以内に支払う。LightsourceにはBPから2名の取締役が送られる。社名もLightsourceから、「Lightsource BP」に変更する。  ライトソースは、主に大規模太陽光発電やスマートエネルギー・ [...]

» 続きを読む

【国際】BNEF、発展途上国71ヶ国の気候変動対応分析報告書「Climatescope 2017」発行

Facebook Twitter Google+

 英エネルギーデータ大手ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)は11月28日、主要発展途上国の気候変動対応を分析した年次報告書「Climatescope 2017」を発行した。同報告書が分析対象としている発展途上国71ヵ国の2016年の太陽光発電設備容量増加量は34GW。2011年の3GW、2015年の22GWと比べると急速に伸びていることがわかる。  BNEFの前身は、2004年設立の英ニュー・エナジー・ファイナ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る