private 【国際】食NGOのEAT、G20「フードプリント」測定。G20平均は地球7.5個分の食事パターン

Facebook Twitter Google+

 食分野の国際シンクタンクNGOのEATは7月15日、G20における健康的で持続可能な食品システムの再考を求めるレポートを発表した。同機関は、経済的に重要な20カ国を対象に実施した国家の食事および食品消費に関するガイドラインを分析。二酸化炭素排出量削減や環境破壊、健康リスクの低減のためには、各国政府の勧告をより野心的なものへと引き上げることが重要だとした。  EATは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ブラジル】機関投資家490兆円、政府に対しアマゾン火入れ行為禁止を要求。政府、受諾

Facebook Twitter Google+

 ブラジル政府とブラジル中央銀行は7月9日、アマゾンでの火入れ行為を120日間禁止する措置を計画していることを明らかにした。同国のジャイール・ボルソナーロ大統領は、農業振興のためアマゾンの焼畑行為を容認する姿勢を示しきたが、今回海外機関投資からのエンゲージメントを受け、ブラジル政府が翻意を迫られる形となった。 【参考】【ブラジル】アマゾンの大規模火災、現政権の環境軽視政策が原因か。欧州主要国も支援停止(2019年8月24日) 【参考】 [...]

» 続きを読む

private 【ノルウェー】養殖大手グレイグ、グリーンボンド資金使途でカーギル子会社産大豆の使用禁止を規定

Facebook Twitter Google+

 ノルウェーのサケ養殖大手グレイグ・シーフードは6月16日、年限5年のグリーンボンドを10億ノルウェークローネ(約110億円)を発行したと発表。その中で、資金使途で、カーギルの養殖飼料子会社カーギル・アクア・ニュートリション産の飼料を除外することを盛り込んだことが注目を集めている。  同グリーンボンドは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【南米】カーギル、大豆サプライチェーンの森林破壊ゼロで進捗報告。ブラジルで100%地理情報把握

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米カーギルは6月30日、南米での大豆サプライチェーンにおける森林破壊ゼロに向けたアクションの進捗状況を発表した。特に大豆の主要生産地であり、森林破壊リスクの高い熱帯アマゾン、カンポ・セラード、グランチャコの3つの地域についての開示した。  現状では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】舞鶴のパーム油火力発電所事業主体が解散へ。舞鶴市や日立造船はAmpに替わるオーナー探せず

Facebook Twitter Google+

 カナダ再生可能エネルギー開発Ampの日本法人は7月1日、京都府舞鶴市で建設を進めていた国内最大のパーム油を原料としたバイオマス火力発電所の運営主体「舞鶴グリーン・イニシアティブス合同会社(MGI)」を解散する手続きに入る。同発電所建設では、日立造船、舞鶴市、京都府も推進していたが、最終的にファイナンスがつかず、計画が頓挫した。  舞鶴グリーン・イニシアティブス合同会社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】NGO70団体以上、コンシューマー・グッズ・フォーラム加盟企業に早急な森林破壊ゼロ実現要求

Facebook Twitter Google+

 国際NGO70団体以上は6月22日、食品・消費財大手や小売大手が加盟する国際的な業界団体コンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)に対し、サプライチェーン上の森林破壊ゼロに早急にコミットするよう求める共同声明を発表した。CGFの「2020年までに森林破壊ゼロ」宣言は全く実現していないと強く批判した。6月22日は「世界熱帯雨林デー」。 【参考】【国際】食品・消費財業界団体CGF、新型コロナの「ニュー・ノーマル」提示。480以上の事例 [...]

» 続きを読む

private 【日本】環境NGOのRAN、日清食品の株主総会に出席しパーム油調達方針強化を要求。回答曖昧と批判

Facebook Twitter Google+

 米環境NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)は6月25日、日清食品ホールディングスの株主総会に株主として出席し、パーム油調達の方針強化を同社に求めると発言した。しかし曖昧な回答しか得られなかったと、株主総会後に批判の声明を出した。  日清食品ホールディングスは6月9日、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【マレーシア】NGO、サムリンがパーム油生産で森林破壊と批判。ユニリーバ等すでに取引中止

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOは5月、ユニリーバ、ペプシコ、不二製油等が、マレーシア財閥サムリン・グループからのパーム油調達を停止していることを明らかにした。パーム油生産での森林破壊が原因。  今回のレポートをまとめたのは、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る