private 【アメリカ】連邦最高裁、トランプ政権のDACA制度廃止を違法判断。難民の強制送還容易化制度は合憲

Facebook Twitter Google+

 米連邦最高最高裁場所は6月18日、トランプ政権が廃止を掲げていた「若年移民に対する国外強制退去の延期措置(DACA)制度」について、廃止は違法との判断を下した。判決は、判事9人のうち、違法5人、合法4人との判断で、連邦政府が敗訴した。  DACA制度は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】連邦最高裁、LGBT雇用差別は公民権法に違反と初判断。全米で雇用差別禁止

Facebook Twitter Google+

 米連邦最高裁判所は6月15日、雇用主が性的指向に基づいてLGBTの従業員を差別することは、人種や性別等による差別を禁じた1964年制定の公民権法に違反するとの判断を初めて下した。米国では多くの州政府は、雇用でのLGBT差別禁止を法定化されていたが、これにより全米において差別禁止が決定した。  今回の裁判は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】司法省、米企業の強制児童労働関与上告の棄却を連邦最高裁に棄却勧告

Facebook Twitter Google+

 米国司法省(DOJ)は5月26日、米連邦最高裁判所に対し、米国企業を相手取った強制児童労働に関する訴訟を棄却するよう勧告した。海外での人権侵害に関する訴訟から米国企業を保護する姿勢を見せた。  焦点となっている訴訟は、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】連邦最高裁、IFCの裁判権免除認めず。インド石炭火力発電所での環境基準非遵守事件で

Facebook Twitter Google+

 米連邦最高裁判所は2月27日、世界銀行グループの国際金融公社(IFC)に対し、インドでの石炭火力発電建設プロジェクトへの融資に関し環境基準を満たしていないと現地住民が訴えた裁判で、判事7対1でIFC側の主張を退け、下級審に差し戻した。世界銀行グループは本部を米ワシントンDCに置くが、1945年制定の米国際組織免責法の対象機関であり、IFC側は米国の裁判所ではIFCを裁く権利がないという裁判権免除を主張していた。しかし、連邦最高裁は、 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦最高裁、エクソンモービルに対する気候変動書類開示請求でマサチューセッツ州側勝訴

Facebook Twitter Google+

 米連邦最高裁判所は1月7日、マサチューセッツ州政府がエクソンモービルに対し気候変動関連の書類開示を要求していた訴訟で、エクソンモービル側の上告を棄却した。同州は、エクソンモービルが、化石燃料が気候変動に悪影響をもたらすことを知りながら数十年間それを隠し続けてきた証拠を集めるために同社に書類開示を要求し、連邦控訴裁判所は同州側勝訴の判決を下し、エクソンモービルが上告していた。  今回の訴訟は、ロサンゼルス・タイムズ紙とInsideCl [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦最高裁、連邦政府が被告の気候変動裁判で、連邦政府の下級審差止請求を却下

Facebook Twitter Google+

 米連邦最高裁判所は11月2日、米NGOのOur Children’s TrustのJulia Olson理事兼法務責任者が米連邦政府を相手取り提訴した気候変動に関する憲法訴訟「Juliana対米連邦政府」で、米連邦政府が求めていた下級審差止請求を却下した。裁判官9人中7人が「正当な理由がない」と判断した。これにより連邦地方裁判所で裁判が開始されることになる。  連邦政府の差止請求に賛成票を投じたのは、共和党ジョージ・W・ブッシュ大統 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦最高裁、トランプ大統領の移民入国禁止令を承認

Facebook Twitter Google+

 米連邦最高裁判所は6月26日、トランプ大統領が2017年9月に署名した入国禁止大統領令「布告9645」を支持する判断を下した。同大統領令は、ベネズエラ、北朝鮮、イラン、リビア、ソマリア、シリア、イエメン、チャドの8ヶ国の国民に対し米国への入国を禁止する内容。  同大統領令については、同法に反発する州が、ベネズエラ、北朝鮮を除くイラン、リビア、ソマリア、シリア、イエメン、チャドの6カ国に対する入国禁止がイスラム教を狙い撃ちしているとし [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦最高裁、携帯電話からの位置情報履歴取得には令状必要と判断

Facebook Twitter Google+

 米連邦最高裁判所は6月24日、警察等の法執行機関が個人の携帯電話から位置情報履歴を長期間取得する際、裁判所の令状が必要と判断した。連邦最高裁判官の賛成5、反対4で裁定した。本件では、ティモシー・カーペンター容疑者が、検察官が同氏の携帯電話から127日間の位置情報を通信会社から取得し裁判所に事件に関与した証拠として提出したことについて、プライバシーに関する憲法違反だと主張していた。  米国では、警察や検察が被疑者や容疑者の犯罪立証のた [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦最高裁、従業員に集団訴訟参加権放棄を求める雇用主との合意を合法と判断

Facebook Twitter Google+

 米連邦最高裁判所は5月21日、雇用者が従業員に対し集団訴訟への参加権を放棄するよう求める合意手続を合法と判断した。この判決は労働組合に加入している労働者には影響しないが、労働組合のない職場の従業員には大きな打撃となる。米国ではすでに約2,500万人の従業員がこの内容の合意書にサインしており、今後はその動きが拡大すると見られる。  今回の審理は、連邦最高裁判所判事の5対4で確定し、雇用主に有利な判決となった。裁判官は保守派が多数を占め [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦最高裁、トランプ大統領の入国禁止令を支持。判決最終確定までの執行を容認

Facebook Twitter Google+

 米連邦最高裁判所は12月4日、トランプ大統領が今年9月に署名した入国禁止令について、訴訟審理中の期間の全面的執行を認めると判断した。連邦最高裁判事9人のうち7人が賛成、2人が反対した。同法を巡っては、カリフォルニア州やバージニア州の連邦控訴裁判所で審理が始まったばかり。連邦控訴裁での結審後も最終的に連邦最高裁に上告される可能性が高い。  係争中の入国禁止令は、ベネズエラ、北朝鮮、イラン、リビア、ソマリア、シリア、イエメン、チャドの8 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る