トップに表示

【国際】ホンダ、燃料電池の開発強化。2020年代後半から外販も開始。10年で年間数十万基へ

【国際】ホンダ、燃料電池の開発強化。2020年代後半から外販も開始。10年で年間数十万基へ

 本田技研工業は2月2日、次世代燃料電池システムの開発と外販事業の拡大を発表した。2020年代半ばに年間2,000基規模の販売から始め、2030年に年間6万基、2030年代後半に年間数十万基の販売を目指す。  次世代燃料電池システムの開発では、GMとの共同開発をさらに進め、燃料電池車(FCV)「CLARITY FUEL CELL」の2019年モデルに搭載していた燃料電池システムのコストを3分の1にまで低減しつつ、耐久性を2倍にすることを目指す。新システムは2024年に北米と日本で販売するFCVに搭載される計画。さらに要素研究も進め、その先の耐久性2倍、コスト半減までを見据え、同社がFCVが本格普及すると見込む2030年頃に備える。  燃料電池の用途では、自動車、商用車、定置電源、建機の4分野を特定。商用車領域では、いすゞ自動車や東風汽車集団とのFCVトラックの共同研究が進んでいることにも言...

【国際】ResponsibleSteel、金融大手6社創設のサステナブルSTEEL原則と覚書。製鉄サステナビリティ

【国際】ResponsibleSteel、金融大手6社創設のサステナブルSTEEL原則と覚書。製鉄サステナビリティ

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【アメリカ】カルパース、ベンチャーキャピタルに1300億円委託決定。PE比率13%計画の一環

【アメリカ】カルパース、ベンチャーキャピタルに1300億円委託決定。PE比率13%計画の一環

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【中国】レノボ、業界初のSBTiネットゼロ・スタンダード承認。2050年カーボンニュートラル

【中国】レノボ、業界初のSBTiネットゼロ・スタンダード承認。2050年カーボンニュートラル

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【アメリカ】IBMとNASA、気候関連の科学知見獲得で協働。ビッグデータからの基盤モデル構築

【アメリカ】IBMとNASA、気候関連の科学知見獲得で協働。ビッグデータからの基盤モデル構築

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

News

【国際】ホンダ、燃料電池の開発強化。2020年代後半から外販も開始。10年で年間数十万基へ

2023/02/04 最新ニュース

 本田技研工業は2月2日、次世代燃料電池システムの開発と外販事業の拡大を発表した。2020年代半ばに年間2,000基規模の販売から始め、2030年に年間6万基、2030年代後半に年間数十万基の販売を目指す。  次世代燃料電池システムの開発では、GMとの共同開発をさらに進め、燃料電池車(FCV)「CLARITY FUEL CELL」の2019年モデルに搭載していた燃料電池システムのコストを3分の1にまで低減しつつ、耐久性を2倍にすること [...]

» 続きを読む

【中国】レノボ、業界初のSBTiネットゼロ・スタンダード承認。2050年カーボンニュートラル

2023/02/04 最新ニュース

 電子機器世界大手中国レノボは1月19日、2050年カーボンニュートラル目標を発表。科学的根拠に基づく削減目標イニシアチブ(SBTi)からネットゼロ・スタンダードに基づく承認を受けた。PC・スマホ企業でのネットゼロ・スタンダード承認は世界初。  今回策定したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】IBMとNASA、気候関連の科学知見獲得で協働。ビッグデータからの基盤モデル構築

2023/02/04 最新ニュース

 IT世界大手米IBMと米航空宇宙局(NASA)マーシャル宇宙飛行センターは2月1日、IBMの人工知能(AI)技術を使ってNASAの膨大な地球・地理空間科学データの中から新たな気候変動に関する知見を発見する共同研究を発表した。AI「基盤モデル」技術をNASAの地球観測衛星データに初めて適用する。  基盤モデルとは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】NZAOA、目標設定プロトコル第3版発行。国債とPE追加。CDRへの安易な依存は拒否

2023/02/03 最新ニュース

 2050年までの運用ポートフォリオのカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)にコミットするアセットオーナーのイニシアチブ「Net-Zero Asset Owner Alliance(NZAOA)」は1月31日、加盟機関に向け、投資先企業での具体的な短期削減目標を設定するためのガイドライン「Target Setting Protocol(TSP)」の第3版を発行した。 【参考】【国際】投資家団体NZAOA、ポートフォリオ短期 [...]

» 続きを読む

【日本】日本郵船、AIスタートアップのギリアに出資参画。デジタルツイン含むR&D等強化

2023/02/03 最新ニュース

 日本郵船は1月30日、AIスタートアップのギリアに出資参画すると発表した。自律運航船や避航操船の技術開発等のR&D領域で協業するとともに、日本郵船における営業部門、バックオフィス部門などの業務プロセスにギリアのAI技術を導入する。  同社は今回、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】リンデ、加州でグリーン水素増産。炭素回収ではSLBと協働。nexAir買収も

2023/02/03 最新ニュース

 化学世界大手英リンデは1月31日、米カリフォルニア州オンタリオでグリーン水素の生産能力を増強する計画を発表した。モビリティ需要に応える。今回の発表では、5MWのPEM(プロトン交換膜)電解槽を新設、所有、運用する。稼働開始は2024年後半を予定。これにより既存の設備と合わせ、二酸化炭素の削減貢献量は年間最大75,000t。  同社は1月6日には、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】GEAとCattleEye、乳牛の跛行早期検知ソリューション提供で協働。AI活用

2023/02/03 最新ニュース

 独食品関連設備大手GEAグループは1月25日、英畜産分析AIスタートアップCattleEyeと協働し、乳牛の跛行を迅速に検知・治療する新たなデジタルソリューションを開発したと発表した。GEAグループの顧客向けに販売する。  跛行とは、牛が歩様に異常をきたしている状態。牛の繁殖が難しくなる他、二次的な疾病のリスクが高まり、獣医費用の高騰、動物福祉の低下等に繋がる。蹄の病気とそれに伴う跛行は、乳牛の死因のワースト3位であり、農場全体の大 [...]

» 続きを読む

【UAE】マースクとDPワールド、ドバイ港でのターンアラウンドタイム短縮等で協働。燃料消費削減

2023/02/03 最新ニュース

 海運世界大手デンマークのAPモラー・マースクとアラブ首長国連邦国営ドバイ・ワールドの港湾管理子会社DPワールドは1月13日、カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)化と顧客サービス向上に向け、長期パートナーシップを締結したと発表した。  マースクは、 (さらに…)

» 続きを読む

【EU】欧州委、「グリーンディール産業計画」発表。投資拡大で新たな政策確立へ

2023/02/02 最新ニュース

 欧州委員会は2月1日、「グリーンディール産業計画」を発表した。欧州のカーボンニュートラル関連産業の国際的な競争力を強化しにいく。「グリーンディール産業計画」は、ウルスラ・フォン・デア・ライエン欧州委員長が1月の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で構想を披露し、今回ついに公式発表となった。  グリーンディール産業計画は、 (さらに…)

» 続きを読む

Case

【金融】JICAが発行した世界初の「ピースビルディングボンド」〜今なぜ平和構築なのか〜

2022/09/29 事例を見る

 2022年2月にロシア軍がウクライナに侵攻してから約7ヶ月。それ以降、日本でも現代社会における平和や戦争の問題について報道が増える中、日本政府の中で国際協力や開発支援を所管する国際協力機構(JICA)が「ピースビルディングボンド」の名称で国内財投機関債を発行した。ピースビルディングを日本語にすると「平和構築」だ。もちろん、ピースビルディングボンドという名称の発行は、日本で初なだけでなく、国際的にも初となった。  ピースビルディングボンドは、国際的な枠組みとしてはソーシャルボンドのスキームを活用。セ [...]

» 続きを読む

Study

【ランキング】2023年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」

2023/01/19 体系的に学ぶ

 毎年のダボス会議の目玉のひとつは、カナダの出版社Corporate Knightsが発表するサステナビリティの観点で世界各国の企業ランキング「Global 100 Most Sustainable Corporations in the World (Global 100 Index)」同ランキングは2023年版は1月18日に発表された。早速、2023年の顔ぶれを見ていこう。 Global 100 トップ10 順位 企業 国・地域 [...]

» 続きを読む

【環境】2022年の世界CDP Aリスト企業一覧 〜気候変動・ウォーター・フォレストの3分野〜

2022/12/14 体系的に学ぶ

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPは12月13日、「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」の3分野での2022年度Aリスト入り企業を公表した。CDP気候変動では、今回283社がAスコアを取得。昨年の272社から11社増えた。3分野全てでAリスト入りした企業は12社で、昨年より2社減った。  CDPは、企業の対話を促すために機関投資家が発足させたNGO。約600の機関投資家は「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレ [...]

» 続きを読む

【食糧】気候変動で日本が食糧不足に陥る可能性は世界有数。2本の研究論文が映す最悪シナリオ

2022/09/19 体系的に学ぶ

 2022年8月。アカデミックの世界から、2つの気候変動に関する将来予測の研究結果が発表された。いずれも世の中に複数あるシミュレーションの一つにすぎないものの、双方のシミュレーションでは人間社会が想像以上に悪い結末を迎えるという分析結果が出たことが、世の中に大きな衝撃を与えた。今回は最新のアカデミックの研究の内容をみていこう。  まず一つ目は、 (さらに…)

» 続きを読む

【レポーティング】サイバーセキュリティのモニタリングとKPI設定 〜14の指標紹介〜

2022/04/17 体系的に学ぶ

 サイバーセキュリティは、ESGの要素の一つとして、近年、株主からの関心が高まっている分野。政府による規制や、取締役会での監督も重要になってきている。また、最高情報セキュリティ責任者(CISO)や最高情報責任者(CIO)は、サイバーセキュリティのリスクを管理し、個人を特定できる情報(PII)を保護する責務を負うようになってきている。  サイバセキュリティーに関しては、各国では法規制も整備されてきており、米グラム・リーチ・ブライリー法、 [...]

» 続きを読む

【ランキング】2022年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」

2022/01/19 体系的に学ぶ

 毎年1月が恒例の世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)は、新型コロナウイルス・パンデミックの影響により、2022年も2年連続で延期が決定。夏の開催が検討されている。  毎年のダボス会議の目玉のひとつは、サステナビリティの観点で世界各国の企業を評価する「Global 100 Most Sustainable Corporations in the World (Global 100 Index)」のセッション。ここで発表 [...]

» 続きを読む

【環境】2021年の世界CDP Aリスト企業一覧 〜気候変動・ウォーター・フォレストの3分野〜

2021/12/09 体系的に学ぶ

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPは12月7日、「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」の3分野での2021年度Aリスト入り企業を公表した。CDP気候変動では、今回272社がAスコアを取得。昨年の270社から2社増えた。3分野全てでAリスト入りした企業も世界で14社と過去最多となった。  3分野の国別A取得社数は、日本が55社で首位。米国29社、フランス22社、英国14社、ドイツ12社と続く。日本企業でAリスト入 [...]

» 続きを読む

Action

【ウェビナー】SJダイジェスト開催のお知らせ 2/21(火)

2023/01/25 行動する

 株式会社ニューラル主催ウェビナー「SJダイジェスト」のお知らせです。  SJダイジェストでは弊社のコンサルタントが最近のニュースをピックアップし解説します。  2月は2/21の開催となりますので、ページ最下部にある申込みフォームから、有料会員登録済みのメールアドレスでご登録ください。  また、過去開催分のアーカイブ動画を公開中です。   無料会員にも11/22開催の「COP27」の解説動画を特別公開中です。  この機会にSJダイジェ [...]

» 続きを読む

【ウェビナー】SJダイジェスト開催のお知らせ 1/24(火)

2022/12/21 行動する

 株式会社ニューラル主催ウェビナー「SJダイジェスト」のお知らせです。  SJダイジェストでは弊社のコンサルタントが最近のニュースをピックアップし解説します。  1月は1/24の開催となり、チーフコンサルタント菊池尚人が最近のニュースをピックアップし解説します。  ページ最下部にある申込みフォームから、有料会員登録済みのメールアドレスでご登録ください。  また、「12/20CEO夫馬賢治 2022年の総括」を含む過去開催分のアーカイブ [...]

» 続きを読む

【ウェビナー】SJダイジェスト開催のお知らせ 12/20(火)

2022/11/28 行動する

 株式会社ニューラル主催ウェビナー「SJダイジェスト」のお知らせです。  SJダイジェストでは弊社のコンサルタントが最近のニュースをピックアップし解説します。  12月は12/20の開催となり、CEO夫馬賢治が2022年を総括します。  ページ最下部にある申込みフォームから、有料会員登録済みのメールアドレスでご登録ください。  また、過去開催分のアーカイブ動画を公開中です。   無料会員にも11/22開催の「COP27」の解説動画を特 [...]

» 続きを読む

【ウェビナー】11/22火「SJダイジェスト」開催のお知らせ

2022/11/17 行動する

 株式会社ニューラル主催のウェビナーのお知らせです。  ウェビナーでは弊社のコンサルタントが最近のニュースをピックアップし解説します。  事前質問も募集しておりますので、詳しく解説を聞いてみたい記事・テーマがあればぜひご質問ください。  事前登録制となりますので、申し込みURLからご登録ください。 ウェビナー SJダイジェスト(有料会員のみ参加可能) 日時 11月22日(火) 13:00〜13:30頃まで  オンライン@Zoomウェビ [...]

» 続きを読む

【アーカイブ動画】SJダイジェスト 11月①

2022/11/07 行動する

 Sustainable Japan有料会員限定コンテンツ「SJダイジェスト」のアーカイブ動画です。  動画を閲覧後、ぜひアンケートの回答をお願いいたします。 SJダイジェストについて  SJダイジェストでは、Sustainable Japanを運営する株式会社ニューラルのコンサルタントが「最近のニュースに関する解説」「質問への回答」を行います。  日々のニュースの中で、個別の情報だけではなく全体観や抑えておくと良い観点を補足し、有料 [...]

» 続きを読む

【10/6:無料ウェビナー】厚生労働省主催、金融機関が知るべき栄養とESGファイナンスの世界的潮流

2022/10/02 行動する

 厚生労働省が主宰する「健康的で持続可能な食環境戦略イニシアチブ」が、ESG投資を実践している機関投資家の立場から、ESGファイナンスにおける栄養・食環境の位置づけを説明する場を設けました。傍聴する金融機関を幅広く募集しています。 ウェビナー 厚生労働省事業 健康的で持続可能な食環境戦略イニシアチブ 特別セミナー ~国内事業者・金融機関が知るべき栄養とESGファイナンスに関する世界的潮流~ 日時 10月6日(木)13:00~14:30 [...]

» 続きを読む

Links