Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】ゴールドマン・サックス、ESG・インパクト投資会社を買収へ 2015/08/08 ESG

shutterstock_258598349

 米ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント社(以下GSAM)は7月13日、サンフランシスコに拠点を置くインパクト投資・ESG投資分野のリーディングカンパニー、インプリント・キャピタル(以下インプリント)を買収することで合意したと発表した。GSAMはゴールドマンサックスグループの投資運用部門で、2015年3月末現在1.18兆米ドルの運用規模を誇る。

 インプリントのメンバーはESG投資およびグローバル市場への投資における多様な経験を有しており、GSAMは今回の買収によりESG・インパクト投資の更なる強化を図り、より顧客向けアドバイスやポートフォリオ分析等のサービスを充実させていく。買収は数か月以内に完了予定で、買収金額などは明らかにされていない。

 GSAM投資部門のESGチームトップを務めるHugh Lawson氏は「我々の顧客である投資家は、徹底したリスク管理に基づくリターンの追及のみならず、より広い価値に対して投資する手法開発に強い関心を持っている。インプリントの合併により社内のESGおよびインパクト投資の組織体制を整えることは、彼らのニーズに応えるために非常に重要なステップだ」と語る。

 また、インプリントの共同創業者であるJohn Goldstein氏とTaylor Jordan氏は「我々はGSAMに参画することを嬉しく思う。彼らのESG投資に対するコミットメント、グローバルへのアクセス、投資およびリスク管理における強さは我々の顧客に価値を提供し、これまでの我々のサービスに自然な形でフィットする」と述べている。

 リーマン・ショックに端を発した世界的な金融危機以降、欧米の投資家は財務的リターンを求めるのみならず、持続可能な社会に向けた環境・社会への投資に大きくシフトしている。今回の合併は、従来の投資とインパクト投資・ESG投資を隔てる壁がより低くなり、今後、両分野の統合がさらに進むことを期待させる象徴的なニュースだ。

【参照リリース】Goldman Sachs Asset Management (GSAM) to Acquire Leading Institutional Impact Investing Firm Imprint Capital
【企業サイト】Goldman Sachs Asset Management
【企業サイト】Imprint Capital

(※写真提供:ATGImages / Shutterstock.com

株式会社QUICK ESG研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る