Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】モーニングスター、サステナリティクスと提携して世界のファンドのESGスコアを公表へ 2015/09/02 ESG

shutterstock_114471742

 米投資情報大手のモーニングスターは8月13日、今年の後半に業界として初めて世界の投資信託およびETFのESGスコアを公表する計画を発表した。同社はESG格付大手のサステナリティクスが提供するデータに基づき各金融商品のESGスコアを算出・公表する。

 今回モーニングスターがESGスコアの開示を決定した背景には、投資家や金融機関からのESG情報に対する需要の高まりがある。今年の2月にモルガンスタンレー・サステナビリティ研究所が公表した調査結果によれば、個人投資家の71%がサステナビリティ投資に関心があるという。また、実際に昨年だけでも国連責任投資原則(PRI)に署名した金融機関の数は29%も増加しており、合計資産運用額59兆ドル以上に相当する1,300社以上に達しているなど、ESG・サステナビリティ投資は徐々に投資のスタンダードへと移行しつつある。

 モーニングスターは世界20万以上の金融商品に関する情報提供を行っており、サステナリティクスは4,500社以上のESG格付情報を提供している。モーニングスターはサステナリティクスが提供する個別企業のESGデータを基に、アセット構成を踏まえて投資信託全体のESGスコアを作成する予定だ。これにより、投資家ははじめてESGに基づくファンドの比較やベンチマークとの比較ができるようになる。

 また、投資家は環境・社会・ガバナンスそれぞれの個別スコアも確認できるようになる。ファンド別のESGスコアは、今年の第4四半期から提供開始予定で、2016年には同社のデータフィード及び主要なソフトウェアプラットフォームを通じて公開される予定だ。

 世界中の投資家が金融商品の比較や情報収集に利用しているモーニングスターがESGスコアの導入を行うことは、ESGを考慮した投資を行いたい投資家はもちろん、各ファンドやその販売を担う証券会社らに対しても大きな影響力を与えることが予想される。

【参照リリース】Morningstar to Launch First Environmental, Social, and Governance (ESG) Scores for Funds Globally
【企業サイト】Sustainalytics
【企業サイト】Morningstar

株式会社QUICK ESG研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る