Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【国際】IIGCC、石油ガス企業に対し気候変動対応を求める実践ガイド第2版を発表

Facebook Twitter Google+

気候変動対応のため欧州の金融機関や投資家で構成するInstitutional Investors Group on Climate Change(IIGCC)は11月22日、石油・ガス産業に対し気候変動への対応を求める実践ガイド「Investor Expectations for Oil and Gas Companies: transition to a Lower Carbon Future」を発表した。今回のガイドは、地域ごとの [...]

» 続きを読む
2016/12/09 ESG 最新ニュース

【国際】欧州の機関投資家ら、北極圏での資源採掘停止を呼びかける共同声明を発表

Facebook Twitter Google+

 フランスのERAFP(フランス公務員退職年金基金)、嘱託職員向けの補足年金基金Ircantec、公務員向け個人年金保険Prefonは11月3日、フランスの運用会社ナティクシス・アセット・マネジメント及び同会社の責任投資運用子会社Mirovaと共同で、北極圏公海域内のあらゆる石油・天然ガス開発の無条件停止を求める声明を発表した。この声明には、オランダActiam、仏アクサグループ、スイスBank J. Safra-Sarasin、仏B [...]

» 続きを読む
2016/11/21 ESG 最新ニュース

【フランス】エネルギー大手トタル、電池大手の仏サフトを約40%のプレミアムを乗せ買収

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手の仏トタルと工業用電池メーカー大手の仏サフトは5月9日、トタルがサフトの発行済み全株式を友好的公開買付け(TOB)することに同意し、フランス金融市場局に申請したと発表した。買付金額は1株36.50ユーロ、合計9億5,000万ユーロ。前回の1株当たりの配当は0.85ユーロだった。  今回の買収に伴うトタルの提示金額は、5月6日のサフト株の終値26.4ユーロに38.3%のプレミアムをのせたもので、過去6カ月間の加重平均 [...]

» 続きを読む
2016/06/11 ESG 最新ニュース

【ノルウェー】スタトイル、2億米ドルのクリーンエネルギー投資ファンドを設立

Facebook Twitter Google+

 ノルウェーの国営石油会社スタトイルは2月16日、新たに再生可能エネルギー関連の成長企業への投資を目的とするVCファンド、スタトイル・エネルギー・ベンチャーズの設立を発表した。  今回の新設ファンドは同社の新エネルギーソリューションへの投資拡大の一環で、太陽光発電やスマートグリッド、風力発電、エネルギー貯蔵・輸送などに関わる企業を対象に今後4~7年で2億米ドルを投資するという。CVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)としても世界 [...]

» 続きを読む
2016/03/05 ESG 最新ニュース

【国際】2℃未満の達成には、今後25年間で12.1兆米ドルの再エネ投資が必要

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティに関するアドボカシーNGOのセリーズおよびBloomberg New Energy Finance(以下、BNEF)は1月27日、米国ニューヨークで開催されたUN Investor Summit on Climate Risk(国連気候変動に関する投資家サミット)の中で、気候変動の抑制に必要な再生可能エネルギー投資額についてまとめた報告書、"Mapping the Gap: The Road From Paris"を [...]

» 続きを読む
2016/02/16 ESG 最新ニュース

【国際】セリーズ、化石燃料企業らのカーボンアセットリスク開示資料の一覧ツールを公表

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ分野の国際アドボカシーNGOのセリーズとESG調査のCookESGリサーチは1月12日、化石燃料関連企業らがSEC(米国証券取引委員会)に提出している炭素リスクに関する情報開示資料を一覧で確認することができる新たなオンラインツールを公表した。  ユーザーは、再生可能エネルギーと比較した化石燃料の競争優位性、炭素集約の長期にわたる採掘プロジェクト、炭素排出に関する政府の規制、化石燃料に対する国際的な需要低下など、石油・ [...]

» 続きを読む
2016/02/10 ESG 最新ニュース

【アメリカ】CalSTRS、エネルギー生産性に関するグローバルベンチマークを開発へ

Facebook Twitter Google+

 資産運用額1840億米ドルを誇る全米第2位の公的年金基金、CalSTRS(米カリフォルニア州教職員退職年金基金)は9月21日、新たに工業関連の上場企業のエネルギー生産性に関する世界初のグローバルベンチマーク、EPIC(Energy Productivity Index for Companies)の開発プロジェクトを開始すると公表した。  同プロジェクトはCalSTRS、ClimateWorks Australia、ClimateW [...]

» 続きを読む
2015/10/11 ESG 最新ニュース

【イギリス】CDPら、化石燃料企業の気候変動リスク情報開示強化をFRCに要求

Facebook Twitter Google+

 気候変動関連の情報開示義務化などに取り組むCDP、CDSB(Climate Disclosure Standards Board)、Carbon Tracker Initiative、ClientEarthの4団体は6月25日、英国の化石燃料関連企業の中に法的義務である気候変動リスクに関する情報開示を怠っている企業があるとして、英国財務報告評議会(FRC)に対してそれらの企業が法令を確実に遵守するよう求める要望書を提出した。  英国 [...]

» 続きを読む
2015/07/29 ESG 最新ニュース

【国際】脱炭素化を推進する機関投資家ネットワークのPDCに新たに3機関が加盟

Facebook Twitter Google+

 企業に対して気候変動対策の情報開示を求める機関投資家らによる国際イニシアチブのCDPは5月22日、資産ポートフォリオの脱炭素化により温室効果ガス排出削減を目指す機関投資家ネットワークのPortfolio Decarbonization Coalition(以下、PDC)に、新たに英国のEnvironment Agency Pension FundおよびオーストラリアのLocal Government Super(LGS)、フランスの [...]

» 続きを読む
2015/06/22 ESG 最新ニュース

【国際】機関投資家ら、SECに対して化石燃料関連企業の気候変動リスク情報開示の強化を要求

Facebook Twitter Google+

 世界の機関投資家らの動きが活発化している。彼らがBPの次に働きかけたのは、米国証券取引委員会(以下、SEC)だ。サステナビリティ分野のアドボカシーNGOのセリーズは4月17日、運用資産2兆米ドルに相当する62の機関投資家らは連合でSECに対し、大手石油・ガス会社らに対して気候変動リスクに関する情報開示を強化するよう求める要望書を提出したと発表した。  セリーズによってまとめられた7ページに渡る要望書の中で、機関投資家らは石油・ガス企 [...]

» 続きを読む
2015/05/15 ESG 最新ニュース
ページ上部へ戻る