トップに表示

【日本】経産省と国交省、洋上風力「促進区域」を3つ追加指定。有望区域は5ヶ所

【日本】経産省と国交省、洋上風力「促進区域」を3つ追加指定。有望区域は5ヶ所

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【日本】東京地裁、TBM対オルタナ訴訟で、オルタナ記事の真実性を否定。損害賠償等は棄却

【日本】東京地裁、TBM対オルタナ訴訟で、オルタナ記事の真実性を否定。損害賠償等は棄却

 東京地方裁判所は9月28日、TBMがオルタナを相手取り名誉毀損で起こした損害賠償訴訟について訴えを棄却した。一方、オルタナが同社運営のウェブサイトの中で、TBMの素材「LIMEX」はプラスチックが最大成分で、石灰石成分(炭酸カルシウム)を上回ると報じたことについては、真実性の証明がないとの判決を下した。これによりTBMは当初の訴訟目的は達成されたと判断し、控訴はしない考え。  今回の訴訟では、オルタナが2020年4月に「石灰石ペーパーの一種『LIMEX』(ライメックス)を使った一部のレジ袋について、プラスチックが最大成分で、石灰石成分(炭酸カルシウム)を上回ることが分かった」との記事を発表したことが発端。記事の中で、アパレルブランド「SPINNS」が全国で配布するLIMEX製の買物袋の成分分析を第三者検査機関である⼀般財団法⼈化学物質評価研究機構(CERI)に依頼したところ、プラスチック...

【日本】経産省、デジタルプラットフォーマー法でデジタル広告関連3社を規制対象に指定。ヤフー等

【日本】経産省、デジタルプラットフォーマー法でデジタル広告関連3社を規制対象に指定。ヤフー等

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【日本】GPIF、気候変動レポート2022年版発表。日本の政府と企業の評価伸び悩み

【日本】GPIF、気候変動レポート2022年版発表。日本の政府と企業の評価伸び悩み

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

【国際】ノボノルディスクとマイクロソフト、AI活用による創薬加速で協働

【国際】ノボノルディスクとマイクロソフト、AI活用による創薬加速で協働

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

News

【日本】経産省と国交省、洋上風力「促進区域」を3つ追加指定。有望区域は5ヶ所

2022/10/03 最新ニュース

 経済産業省と国土交通省は9月30日、洋上風力発電の有望区域に選定していた3区域を、新たに再エネ海域利用法に基づく「促進区域」に指定した。今後、公募に基づく事業者選定のプロセスに入り、事業者が決まれば、建設開始となる。  今回促進区域に指定されたのは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】東京地裁、TBM対オルタナ訴訟で、オルタナ記事の真実性を否定。損害賠償等は棄却

2022/10/03 最新ニュース

 東京地方裁判所は9月28日、TBMがオルタナを相手取り名誉毀損で起こした損害賠償訴訟について訴えを棄却した。一方、オルタナが同社運営のウェブサイトの中で、TBMの素材「LIMEX」はプラスチックが最大成分で、石灰石成分(炭酸カルシウム)を上回ると報じたことについては、真実性の証明がないとの判決を下した。これによりTBMは当初の訴訟目的は達成されたと判断し、控訴はしない考え。  今回の訴訟では、オルタナが2020年4月に「石灰石ペーパ [...]

» 続きを読む

【日本】経産省、デジタルプラットフォーマー法でデジタル広告関連3社を規制対象に指定。ヤフー等

2022/10/03 最新ニュース

 経済産業省は10月3日、日本政府が7月に「特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律第四条第一項の事業の区分及び規模を定める政令の一部を改正する政令」を閣議決定したことに伴い、デジタル広告事業分野で同法の規定対象となる企業を3社指定した。 【参考】【日本】政府、デジタルプラットフォーマー法の規制対象をデジタル広告分野に拡大。秋頃に対象企業発表(2022年7月6日)  今回指定されたのは、 (さらに&hellip [...]

» 続きを読む

【日本】環境省グリーンライフ・ポイント付与が順次スタート。企業の行動変容能力問われる

2022/10/02 最新ニュース

 環境省は、二酸化炭素排出量削減での個人の行動変容を促すため創設した「グリーンライフ・ポイント」制度で、6月に1次公募採択結果、8月に2次公募採択結果を発表。現在3次公募を実施している。採択企業での関連ポイントの付与が順次スタートしている。  同制度は、企業や団体が消費者に付与するポイント費用の一部を環境省が補助する制度。消費者行動変容を促す企業行動を環境省が予算面でバックアップすることで、消費者にインセンティブをつけていく考え。   [...]

» 続きを読む

【日本】日本ハム、「北海道日本ハムファイターズボンド」を個人投資家向けにも発行。ESG債

2022/10/02 最新ニュース

 日本ハムは9月22日、北海道で建設している「HOKKAIDO BALL PARK F VILLAGE(北海道ボールパーク F ビレッジ)」の新球場「エスコンフィールド北海道」関する費用を充当する目的で、昨年に続きサステナビリティボンドを発行すると発表した。今回は、「北海道日本ハムファイターズボンド」の愛称で、個人投資家も対象とする。発行額は200億円。年限5年。  同社の「サステナビリティフレームワーク」では、 (さらに&helli [...]

» 続きを読む

【日本】JTBグループ、観光地へのEV充電スタンド設置でTerra Motorsと提携。2025年5000基

2022/10/02 最新ニュース

 JTB傘下のJTBコミュニケーションデザインは9月29日、観光地の電気自動車(EV)対応を進めるため、EV充電スタンドを提供するTerra Motorsとの業務提携を発表した。宿泊施設、レジャー施設、アウトレット等にEV充電スタンドを2025年までに5,000基設置する。  Terra Motorsは、2022年4月からEV充電事業に新規参入。2022年3月には、既設マンションを主要ターゲットに、EV充電サービス「Terra Cha [...]

» 続きを読む

【日本】ソフトバンクと日立、製造業DXで協業。「製造現場可視化サービス」開始

2022/10/02 最新ニュース

 ソフトバンクと日立製作所は9月30日、製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)分野で協業開始を発表した。両社の得意分野を組み合わせ、製造現場での作業員や生産設備の稼働状況を可視化するサービス「製造現場可視化サービス」を始める。試験導入企業を募集し、2023年度内を目処にソフトバンクのサービスとして提供する。  同サービスでは、人(Human)、機会(Machine)、材料(Material)、方法(Method)の「4Mデー [...]

» 続きを読む

【EU】欧州証券市場監督局、リテール投資家への投資商品販売でインフレリスク説明義務ありと声明

2022/10/02 最新ニュース

 欧州証券市場監督局(ESMA)は9月27日、インフレ状況下でのリテール投資家向けの投資商品販売に関し、金融機関に声明を発表した。第2次金融商品市場指令(MiFID II)に基づき、インフレに関する適切な情報提供義務があることを周知した。  今回ESMAは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】消費者庁、食品ロス動向で最新資料発表。食品価格高騰で重要性増す

2022/10/02 最新ニュース

 消費者庁は9月29日、日本の消費者側での食品ロスの現状を整理した資料「食品ロス削減関係資料」の更新版を発表した。日本の食品ロス(可食部の食品廃棄物)は2020年度で522万t。そのうち47%が家庭からの排出。これには、家庭での廃棄、飲食店での食べ残し、家庭での調理時の過剰除去が含まれる。  家庭系食品ロスの算出は、 (さらに…)

» 続きを読む

Case

【金融】JICAが発行した世界初の「ピースビルディングボンド」〜今なぜ平和構築なのか〜

2022/09/29 事例を見る

 2022年2月にロシア軍がウクライナに侵攻してから約7ヶ月。それ以降、日本でも現代社会における平和や戦争の問題について報道が増える中、日本政府の中で国際協力や開発支援を所管する国際協力機構(JICA)が「ピースビルディングボンド」の名称で国内財投機関債を発行した。ピースビルディングを日本語にすると「平和構築」だ。もちろん、ピースビルディングボンドという名称の発行は、日本で初なだけでなく、国際的にも初となった。  ピースビルディングボンドは、国際的な枠組みとしてはソーシャルボンドのスキームを活用。セ [...]

» 続きを読む

Study

【食糧】気候変動で日本が食糧不足に陥る可能性は世界有数。2本の研究論文が映す最悪シナリオ

2022/09/19 体系的に学ぶ

 2022年8月。アカデミックの世界から、2つの気候変動に関する将来予測の研究結果が発表された。いずれも世の中に複数あるシミュレーションの一つにすぎないものの、双方のシミュレーションでは人間社会が想像以上に悪い結末を迎えるという分析結果が出たことが、世の中に大きな衝撃を与えた。今回は最新のアカデミックの研究の内容をみていこう。  まず一つ目は、 (さらに…)

» 続きを読む

【レポーティング】サイバーセキュリティのモニタリングとKPI設定 〜14の指標紹介〜

2022/04/17 体系的に学ぶ

 サイバーセキュリティは、ESGの要素の一つとして、近年、株主からの関心が高まっている分野。政府による規制や、取締役会での監督も重要になってきている。また、最高情報セキュリティ責任者(CISO)や最高情報責任者(CIO)は、サイバーセキュリティのリスクを管理し、個人を特定できる情報(PII)を保護する責務を負うようになってきている。  サイバセキュリティーに関しては、各国では法規制も整備されてきており、米グラム・リーチ・ブライリー法、 [...]

» 続きを読む

【ランキング】2022年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」

2022/01/19 体系的に学ぶ

 毎年1月が恒例の世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)は、新型コロナウイルス・パンデミックの影響により、2022年も2年連続で延期が決定。夏の開催が検討されている。  毎年のダボス会議の目玉のひとつは、サステナビリティの観点で世界各国の企業を評価する「Global 100 Most Sustainable Corporations in the World (Global 100 Index)」のセッション。ここで発表 [...]

» 続きを読む

【環境】2021年の世界CDP Aリスト企業一覧 〜気候変動・ウォーター・フォレストの3分野〜

2021/12/09 体系的に学ぶ

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPは12月7日、「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」の3分野での2021年度Aリスト入り企業を公表した。CDP気候変動では、今回272社がAスコアを取得。昨年の270社から2社増えた。3分野全てでAリスト入りした企業も世界で14社と過去最多となった。  3分野の国別A取得社数は、日本が55社で首位。米国29社、フランス22社、英国14社、ドイツ12社と続く。日本企業でAリスト入 [...]

» 続きを読む

【戦略】波紋広がる中国・習近平総書記の「共同富裕」政策 〜思想の背景とその影響〜

2021/09/23 体系的に学ぶ

 習近平中国共産党中央委員会総書記が8月17日に中国共産党中央財経委員会での演説の中で提唱した「共同富裕」政策。その後、中国の大手企業も相次いで呼応する声明を出したことが大きな波紋を呼んでいる。「共同富裕」とは何かをあらためてみていこう。 「共同富裕」とは?  「共同富裕」とは、もともとは、1950年代に毛沢東氏が社会平和を目指して揚げたスローガン。しかし、その後、第2世代最高指導者の鄧小平氏は、一部の人が先に金持ちになれるような経済 [...]

» 続きを読む

【金融】世界と日本のESG投資「GSIR 2020」の統計。世界のESG投資割合は35.9%に伸長

2021/07/15 体系的に学ぶ

 世界のESG投資額の統計を集計している国際団体のGSIA(Global Sustainable Investment Alliance)は7月14日、ESG投資の統計報告書「Global Sustainable Investment Review(GSIR)」の2020年版統計を発表した。GSIAは、同報告書を2年に一度発行しているが、2020年統計の発表は2021年に遅延した。  GSIAには現在、世界各地域のESG投資協会7団体 [...]

» 続きを読む

Action

【10/6:無料ウェビナー】厚生労働省主催、金融機関が知るべき栄養とESGファイナンスの世界的潮流

2022/10/02 行動する

 厚生労働省が主宰する「健康的で持続可能な食環境戦略イニシアチブ」が、ESG投資を実践している機関投資家の立場から、ESGファイナンスにおける栄養・食環境の位置づけを説明する場を設けました。傍聴する金融機関を幅広く募集しています。 ウェビナー 厚生労働省事業 健康的で持続可能な食環境戦略イニシアチブ 特別セミナー ~国内事業者・金融機関が知るべき栄養とESGファイナンスに関する世界的潮流~ 日時 10月6日(木)13:00~14:30 [...]

» 続きを読む

【11/10:無料ウェビナー】三井住友海上火災保険、気候変動シンポジウム2022開催

2022/09/30 行動する

 三井住友海上火災保険株式会社主催の気候変動シンポジウム2022をオンラインで開催します。シンポジウムでは、環境省、様々な業界を代表する企業が、カーボンニュートラル取組や、サービス等について講演します。  申込先着順で定員(1,000名)になり次第締め切らせていただきますので、視聴をご希望される場合はお早めに申し込み下さい。 <開催概要> 開催日時 2022年11月10日(木)10時~16時半(入退出自由) タイムスケジュール 10: [...]

» 続きを読む

【無料ウェビナー】Morningstar/Ibbotson主催、EUアクションプラン・ウェビナー日本語字幕オンデマンド配信のご案内

2022/07/27 行動する

 SFDRやEUタクソノミーなどの規制については、2021年より欧州の機関投資家は対応を始めております。しかし、欧州以外を拠点にしている機関投資家はどのように対応するべきか、ということにご関心のある方は多いのではないかと思います。  今回のウェビナーでは、SFDRなどの規制に対しての実際の欧州投資家の対応事例、Article8/9をどう分類しているかなどにも焦点をあて、これらの規制がアジア・ベースの運用機関にもたらす機会と影響について [...]

» 続きを読む

【7/21:無料ウェビナー】USSEC主催、日経BP総合研究所共催シンポジウム「大豆が拓く持続可能な未来・Soy Food and Sustainable Future」

2022/07/01 行動する

 食のサステナビリティに対する社会的な関心が高まる中、プラントベース(植物由来)の食素材としての大豆に世界的な注目が集まるようになりました。同時に、大豆は、地球上の持続可能な食糧システムのバランスや人々の健康にも貢献する「プラネタリーヘルス・ダイエット」の観点からもあらためて大きな関心が高まっています。  日本の大豆食品の原料大豆の7割を占めるアメリカ大豆は、「サステナブル調達」がビジネスの前提となっている欧州と連携して、サステナビリ [...]

» 続きを読む

【8/22:ウェビナー】BSI、カーボンニュートラル(PAS 2060)概要解説・規格解説研修開催

2022/06/15 行動する

 PAS 2060「Specification for the demonstration of carbon neutrality」は、カーボンニュートラルを実現し、実証するために制定された規格です。PAS 2060検証により、温室効果ガスの排出量を管理および削減するための取組みにおいて、信頼を維持するのに役立ち、また、組織の種類を問わず適用することができます。  PASの策定や、ISO認証・審査・トレーニングを行っているBSI ( [...]

» 続きを読む

【オンデマンド動画】ESGウェビナー: 初めての第三者保証にどう取り組むか(参加無料・要事前登録)

2022/06/08 行動する

 国際的な認証機関であるLRQAリミテッドは、初めての第三者保証にどう取り組むかを紹介するESG無料ウェビナーを開催します。  ESG投資の流れを受けて、国際的にビジネスを行う企業にとって、気候変動や人権問題などサステナビリティへの取り組みとその情報開示が求められています。ESG情報に対しては法的な監査義務はありませんが、投資家や取引先は開示された情報の信頼性や比較可能性を重要視しています。そのため、自主的に第三者機関からの保証を取得 [...]

» 続きを読む

Links